「b-mobile s」ソフトバンクiPhone用プランの詳細発表!!

Sim

「b-mobile s」ソフトバンクiPhone用プランの詳細発表!!

投稿日: コメント (0)


b-mobile sバナー

8月16日から提供開始されると発表されていた日本通信の「b-mobile s」。スマホ電話SIMとして、その料金が発表されました。ソフトバンクのiPhoneのまま唯一使える格安SIMということで注目が集まりそうです。

スポンサーリンク

「b-mobile s」スマホ電話SIM

ソフトバンクで購入したスマホはSIMロックがかかっていて、格安SIMを使うためにはSIMロックを解除する必要がありました。今回、日本通信は唯一のソフトバンク回線を使った音声通話対応の格安SIMとして「b-mobile s」を8月16日から提供開始します。

料金は月額2,450円から。月間通信量が1GBからで、5分間電話かけ放題がセットになっています。MNPにも対応。通信容量は5GBまでとなり、1GB刻みで料金が上がっていきます。

月額料金

申し込みは「b-mobile」のサイトからパッケージ(3,000円税別)を購入するか、全国の家電量販店などでパッケージが販売されます。

ソフトバンクの狙い

これまで選択肢のなかったソフトバンクのiPhoneユーザーには歓迎できるプランでしょう。5分かけ放題がセットになっており、料金が他に比べると割高ですが、格安SIMが使えるだけでもメリットがあります。ただし、人気が集中した場合の速度がどの程度なのか。割高な分、速度をしっかり出して欲しいところです。

最近、ドコモとauが格安スマホに対抗するようなプランを出しましたが、ソフトバンクは出さないと明言していました。これは今回このiPhone用プランを用意するという、強気の姿勢でしょう。また自社にY!mobileを持っているため、iPhone以外のユーザーにはY!mobileを使って欲しいという狙いがあると思われます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

深夜割バナー

nuroモバイル「深夜使い放題」プランと「データ前借り」機能を開始。

先日「毎日5時間プラン」を開始し、他の格安SIM事業者とは違うユニークな戦略をとるnuro mobileが「深夜割プラン」を開始しました。それに加え、通常のプランに「データ前借り」機能を追加、柔軟な使 …

data

格安SIMの契約数は一時期の勢いはないものの順調。携帯純増の半数を維持。

総務省は2016年12月末時点における「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」を公開しました。そのうちのMVNOサービス、いわゆる格安SIMの契約数は1485万でした。その公表データ …

am

今なら「LINEモバイル」か?実行速度の測定結果から格安SIMを分析。

格安SIMはかなりの事業者が参入しており、何を基準に選べばいいのかわからない状態。大手キャリアの電波を使っているため「最大150Mbps」とは書かれていますが、そんなに出ないことはわかっている話。どれ …

DSDS

格安SIMにしたいけど通信速度が心配…。そんな時におすすめする「DSDS」スマホの使い方。

「DSDS」とは何でしょうか。これは「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略になります。簡単に言うと、二つのSIMを切り替えて使えるスマホになります。この「DSDS」に対応したスマホで通信速度の遅さを …

ソフマップ商品説明

中古スマホで白ロムを見分けるには

中古スマホで格安SIMを使いたいというニーズは多いと思います。せっかく格安SIMを使うのだからスマホも中古でいい。その場合には「白ロム」と呼ばれる、通信制限などの問題がないスマホを購入する必要がありま …