激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

スマートフォンに払う月額料金は平均どれくらい?キャリアと格安SIMの違いが浮き彫りに。

投稿日:

昨年から大きな盛り上がりを見せている格安SIM。安くするために乗り換えるという動機が格安SIMユーザーのほとんどでしょう。実際どれくらい安くなっているのでしょうか。MMD研究所が「2017年携帯電話の利用料金に関する調査」を実施しました。

スポンサーリンク

月額平均はキャリア7,876円、格安SIM2,957円

data1

出典:ITmedia

支払っているスマートフォンの平均月額料金は、大手3キャリアのユーザーで平均7,876円、格安SIMユーザーで平均2,957円となりました。格安SIMでもっとも多い価格帯は1,000円以上2,000円未満で、大手キャリアとの大きな差がよく出ています。

data2

出典:ITmedia

月額料金への印象をアンケートしたところ、大手キャリアユーザーは「とても高いと思う」と「どちらかといえば高いと思う」を合わせて86.5%が高いと感じているようです。格安SIMに付いては「妥当だと思う」が31.7%ともっとも多く、安いと感じている層も加えると半数以上が価格に満足しているようです。

その他に気になるデータをピックアップ

data3

出典:ITmedia

現在利用している端末代金の金額について、大手キャリアは「70,000円以上90,000円」未満がもっとも多くなっており、日本の特徴的な市場から推測するとiPhoneを使うユーザーがとても多いのだと思われます。格安SIMユーザーは「30,000円以上50,000円」未満が一番多く、Androidスマホのややハイエンドクラスを使っているものと思われます。

data4

出典:ITmedia

格安SIMへの乗り換え意向を調査したデータです。乗り換えをしたいというユーザーは少数派であることがみて取れます。これは乗り換え方がよくわからないことに起因しているのではないでしょうか。月額料金が高いと感じている割には、乗り換えを考えていない層が多そうです。

現状、格安SIMはいわゆる「アーリーアダプター層」、新しいものを積極的に利用していくユーザーが乗り換えをしています。スマートフォンに対する知識も豊富です。これからは一般的なユーザーも乗り換えていくと予想されています。格安SIM業者のフォローが鍵になってくると思われます。

参考URL:ITmedia

-Sim
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乗り換え初期費用を抑えたい人必見!DMM moileが春のキャンペーンで事務手数料0円

DMMモバイルは事務契約手数料を0円にする春のキャンペーンを実施中です。年度も変わって携帯を変える方、キャリア変更を考えている方には嬉しいキャンペーンですね。 スポンサーリンク スポンサーリンク DM …

nuroモバイル「0SIM」は果たして使える格安SIMなのか?

これは2017年3月時点の記事です。発表当初から話題でもちきりになったnuroモバイルの「0SIM」。0円から使えるという画期的なコンセプトですが、果たして使える格安SIMなのでしょうか。 スポンサー …

FREETELホームページ

FREETELの端末販売方法は「優良誤認」?問い合わせてみた結果

昨日、FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙という記事を掲載しました。内容としては、ホームページのどこにも10万円という記載がなく、契約を解除するときに残額を一 …

Spotifyの画面

BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」を使ってみた。ちょっと待って、それ以前の問題!

私事ではありますが、長期に渡り固定回線のない環境になるため格安SIMを買い足すことに。Spotifyを一日中使う人間ですので、国内で唯一、Spotifyがカウントフリーになる「BIGLOBE SIM」 …

DIGNO

UQ mobileから格安SIM+ガラホ=1,980円。シニア世代へ格安SIM提案としてどうか。

格安SIMがだんだんと浸透してきていますが、今はまだスマートフォンで利用することがほとんどです。そこにUQ mobile初のガラホとして「DIGNO Phone」が発売されました。シニア世代の格安SI …