激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

ユーザーにわからないように制限される可能性。「カウントフリープラン」に潜む危険性とは?

投稿日:

先日お伝えした、FREETELの実質「縛り」契約について、一部ユーザーからの指摘があり、各メディアがその問題点を指摘し始めました。今回は、今さまざまな格安SIM会社が導入している「カウントフリープラン」に潜む危険性についてお伝えいたします。

スポンサーリンク

カウントフリープランの仕組み

データ通信をする際、各データには「宛先」がついています。この宛先はTwitterと判別できないと、そちらへデータを送ることができないので当然です。カウントフリープランはこの宛先を見て、Twitterならカウントしない、Youtubeならカウントする、と各データの宛先で判断しています。

しかしこの仕組みは「悪用」することも可能な技術です。カウントにならないTwitterなら通信速度を落とす、ということが可能になるからです。Twitter程度のデータ通信量であればそれほど問題ではありませんが、Youtubeならどうなるでしょう。

アメリカでの話になりますが、T-mobileがこれをしてしまいました。無制限で視聴できる動画サービスについては帯域の節約のため「画質を落として」いたのです。ユーザーからするとこんなものかと思ってしまうところですが、倫理的にはどうなのでしょう。

正当な競争を阻害する行為

FREETEL
冒頭に言及したように、FREETELはたいへんわかりづらい方法で、実質上の「縛り」をかけていました。契約するユーザーは基本的に格安SIM会社よりは情報を持っていません。このようなことをされても、こんなものなのかと目先の安さだけで納得してしまうのです。

現在、格安SIM業界では厳しい競争が行われています。だからと言って、ユーザーにわからないようなやり方で正当な競争を阻害することがあっては、消費者の利益になりません。格安SIM会社には今、倫理的な問題に直面していると言っていいでしょう。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

認知度のグラフ

格安スマホって何か知ってる?使っている人はどのメーカーを選んでる?調査結果が明らかに。

MMD研究所は15歳以上の男女36,692人を対象に「2017年SIMフリースマートフォン購入者調査」を実施、その結果を発表しました。合わせて「SIMフリースマホとは何か知っているか」についても調査を …

FREETEL「だれでもカケホーダイ」提供開始。他社SIMでも利用可能に。

格安SIM業界の革新的な存在FREETELが3月1日より「だれでもカケホーダイ」を提供開始しました。これは「FREETELでんわ」を拡大したもので、他社SIMでもかけ放題の電話料金を利用できるようにな …

大手キャリアロゴ

大手キャリア3社に総務省からプラン説明に関する行政指導!

総務省は携帯電話の料金プランについて、販売店での説明が不十分であるとして、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に対して行政指導を行うことになりました。内容は料金プランの説明や解約の仕組みについて …

DSDS

格安SIMにしたいけど通信速度が心配…。そんな時におすすめする「DSDS」スマホの使い方。

「DSDS」とは何でしょうか。これは「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略になります。簡単に言うと、二つのSIMを切り替えて使えるスマホになります。この「DSDS」に対応したスマホで通信速度の遅さを …

campaign

大容量プランの契約は待った方が良い?エキサイトモバイルがキャンペーンを4月17日から開始。

格安SIMのエキサイトモバイルが新生活応援キャンペーンを4月17日〜5月31日まで予定しています。新規契約手数料が無料、一部端末が割引価格となります。また同時に20GB以上の大容量プランが値下げとなり …