激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

「格安SIM」はどこが売れているの?ユーザー満足度は??

投稿日:

株式会社ICT総研は2017年MVNO格安SIMの市場動向をアンケート調査。その結果を発表しました。格安SIM利用者1,024人の回答結果を元に、各事業者の特徴を分析してみます。

スポンサーリンク

格安SIM利用者シェア

格安SIMシェア

格安SIMのシェアは「楽天モバイル」が20.9%で1位、2位はNTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」、3位は関西電力系の「mineo」となりました。大手を選択すると、データ通信速度について、ある程度の安定感があると思われます。それだけの回線量を持っているからです。

各事業者の特徴

FREETEL SIM」はワンストップでの申し込みに力を入れているため、契約手続きや開通時間の長さの点で1位となっています。「IIJ mio」は初期設定のしやすさ、事業者に対する信頼性で1位となっています。これも申し込みから開通までのスムーズな対応からくるものでしょう。

「mineo」は最適な料金プラン、コストパフォーマンスの高さで1位となっています。docomo回線とau回線のプラン両方を持っている強みだと思われます。データ通信の速度ではau系列の「UQ モバイル」が突出して1位になっています。現在、au回線を利用した格安SIMは比較的に空いていますので、その結果が出ているのでしょう。

詳細については、ICT総研のサイトをご確認ください。

UQモバイルmineo

au回線に狙いを定めるか?

「mineo」や「UQモバイル」はau回線を利用しているため、データ通信速度の点で優れています。しかし、ほとんどの格安SIM事業者がdocomo回線を利用していて、乗り換え時に問題が発生しそうです。SIMロックフリー端末のことをよくわかっているのであれば別ですが、スマホと一緒に契約すると、他の事業者に対応できないかもしれません。

このあたりの判断は難しいところです。au回線の事業者で「格安スマホ」として、安いスマホを同時に購入するのであれば、他の事業者に乗り換える時にも、格安スマホを買う選択ができるでしょう。なぜ、乗り換えの話ばかりをしているのか。まだまだ格安SIMは普及段階ですので、これからお得なプランが出てくる可能性が多いにあるからです。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DMMモバイル

DMMモバイルが安すぎる!データ通信もできて音声通話も5分間何度でも通話し放題で月々¥1,140!

出典:DMMモバイル 携帯通信会社の価格競争も激しさを増してきましたが、ついに、DMMモバイルから音声通話が5分間何度でも通話し放題になるサービスが登場しました。 DMMモバイルはこんな人にオススメ …

大手キャリアロゴ

大手キャリア3社に総務省からプラン説明に関する行政指導!

総務省は携帯電話の料金プランについて、販売店での説明が不十分であるとして、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に対して行政指導を行うことになりました。内容は料金プランの説明や解約の仕組みについて …

カウントフリー対象ゲーム表

スマホゲームがカウントフリー!「LinksMate」のコンセプトが斬新。

LogicLinksは格安SIMサービスを始めると発表しました。スマートフォン向けゲームを中心としたカウントフリーを提供することが最大の特徴。「LinksMate」というサービス名で7月1日から提供を …

FREETEL「だれでもカケホーダイ」提供開始。他社SIMでも利用可能に。

格安SIM業界の革新的な存在FREETELが3月1日より「だれでもカケホーダイ」を提供開始しました。これは「FREETELでんわ」を拡大したもので、他社SIMでもかけ放題の電話料金を利用できるようにな …

data

格安SIMの契約数は一時期の勢いはないものの順調。携帯純増の半数を維持。

総務省は2016年12月末時点における「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」を公開しました。そのうちのMVNOサービス、いわゆる格安SIMの契約数は1485万でした。その公表データ …