激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

ドコモが格安スマホ業界に参入!?「docomo with」こそ望まれていたプランではないか。

投稿日:

NTTドコモは格安スマホに対抗する新プラン「docomo with」を発表しました。これは指定されたスマホを長く使うとお得になるプラン。対象端末を購入することで、月々の利用料金が1,500円の割引となります。

スポンサーリンク

大手キャリアの安いスマホ

対象端末

出典:Engadget

この新プランが利用できるのは指定されたミドルクラスの2機種。「arrows Be」(一括税込28,512円)と「Galaxy Feel」(一括税込36,288円)を購入したユーザーが対象となります。

この機種を使うと、新プラン「docomo with」が利用できるようになり、月額料金から1,500円が割引となります。また、この割引は3年目、4年目以降も割引が続き、従来あったような2年以降が急に高くなるということがありません。

月々サポートとの違い

これまでも月々の割引が受けられる「月々サポート」というプランがありました。これは端末の購入補助という形での提供となり、「端末実質〇〇円」というユーザーにはわかりにくいものになっていました。

それが、一括購入すれば1,500円の割引と、わかりやすい料金プランになっています。購入対象の端末もミドルクラスの端末という格安スマホを意識した設定になっています。

これこそ望まれていることではないか?

格安スマホを選択するのは、スマホは安いものでいいから月額料金を安くしたいという動機が多いと思われます。しかし一方でデータ通信の速度が遅いという欠点も受け入れないといけませんでした。

今回のドコモはその要望を満たしつつ、通信品質はドコモのまま。従来のプランと格安スマホの中間を狙っています。料金プランの構成がシンプルなのも好印象を受けます。格安スマホの料金プランが複雑になっていく現状、このわかりやすさは望ましいでしょう。業界に大きなインパクトを与える可能性があります。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


  1. […] 新料金プラン「docomo with」は対象となるスマホを一括購入すると、月々1,500円の割引となるプランです。対象となるスマホは「arrows Be」と「Galaxy Feel」というミドルクラスのスマホ。どのようなスマホなのかご紹介します。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

端末代金

とうとう「キャッシュバック」に手を出したFREETEL。2万円の代わりに端末を「倍の」価格で買わせる暴挙。

格安SIM「FREETEL」がキャッシュバックキャンペーンを始めていました。これは、大手キャリアの時代に「正当な競争を阻害する」と総務省から是正勧告を受けた販売方法です。これを前面に出して販売する暴走 …

FREETELホームページ

FREETELの端末販売方法は「優良誤認」?問い合わせてみた結果

昨日、FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙という記事を掲載しました。内容としては、ホームページのどこにも10万円という記載がなく、契約を解除するときに残額を一 …

data

格安SIMの契約数は一時期の勢いはないものの順調。携帯純増の半数を維持。

総務省は2016年12月末時点における「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」を公開しました。そのうちのMVNOサービス、いわゆる格安SIMの契約数は1485万でした。その公表データ …

プラン利用イメージ

nuroモバイルが始めた「5時間」プラン。「ギガが減る」時代にどう考えられるか…?

nuroモバイルが新たに打ち出した「5時間」プラン。500MBまで無料の「0SIM」という画期的なプランを提供したものの、その結果としては失敗と言っていいでしょう。そこで新たに打ち出してきた「時間制限 …

開幕

ソフトバンクのiPhoneで格安SIMが使える!?b-mobileから「開幕SIM」が登場。

今までの格安SIMはドコモ回線かau回線しかありませんでした。そのためSoftbankのiPhoneでは格安SIMの恩恵を受けることができません。しかし、今回初めてb-mobileが「開幕SIM」と題 …