とうとう「キャッシュバック」に手を出したFREETEL。2万円の代わりに端末を「倍の」価格で買わせる暴挙。

Sim

とうとう「キャッシュバック」に手を出したFREETEL。2万円の代わりに端末を「倍の」価格で買わせる暴挙。

投稿日:

格安SIM「FREETEL」がキャッシュバックキャンペーンを始めていました。これは、大手キャリアの時代に「正当な競争を阻害する」と総務省から是正勧告を受けた販売方法です。これを前面に出して販売する暴走。しかもキャンペーンの中身は実質的に消費者が損をする内容です。

スポンサーリンク

キャンペーンの内容

キャンペーン内容

新規に「スマートコミコミ+」を契約し、キャンペーンに申し込むと2万円のキャッシュバックが受けられます。あまりに酷いキャンペーンのため詳細は割愛します。

キャンペーンの中身

端末代金

キャンペーンの仕組みはこのように出来ています。この2万円キャッシュバック対象の「KIWAMI 2」は端末代金は49,800円です。

分割代金

一方、キャンペーンを満たすように端末を「スマートコミコミ+」で申し込むと端末代金が97,200円となります。ほぼ、倍の金額です。このうち2万円が返ってきている訳ですが、実質、消費者は損をしていることになります。

総務省はこのまま放置しておくのか

この「分割で買うと本体料金が高くなる」販売手法はネットで以前から指摘されていました。そこへきて、もう一段、「キャッシュバック」という好ましくない手段を使って、またも本体料金を割高にしています。

先日、FREETELは消費者庁から宣伝方法について是正措置を促されたばかり、その上で、このような販売方法を展開しています。これは一企業として問題があるのはもちろんですが、監督責任のある総務省、消費者庁にも問題があると考えられます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

b-mobile sバナー

「b-mobile s」ソフトバンクiPhone用プランの詳細発表!!

8月16日から提供開始されると発表されていた日本通信の「b-mobile s」。スマホ電話SIMとして、その料金が発表されました。ソフトバンクのiPhoneのまま唯一使える格安SIMということで注目が …

am

今なら「LINEモバイル」か?実行速度の測定結果から格安SIMを分析。

格安SIMはかなりの事業者が参入しており、何を基準に選べばいいのかわからない状態。大手キャリアの電波を使っているため「最大150Mbps」とは書かれていますが、そんなに出ないことはわかっている話。どれ …

b-mobile-sバナー

ソフトバンク版iPadがb-mobileで再利用できるかも?

大手キャリアの2台目割引などで、iPadを購入したユーザーは多いかもしれません。それが今、格安SIMを使うことで、キャリアのデータ用回線を解約しても安く利用できるようになる。それは、ドコモ版とau版だ …

AQUOS L2

ついにきてしまった格安スマホ「実質0円」時代。結局、こうなってしまうのか……!?

au回線の格安スマホ「UQ モバイル」が実質0円の格安スマホ「AQUOS L2」を発表しました。内容をお伝えするとともに、その問題点も提起したいと思います。 スポンサーリンク 実質0円の格安スマホ「A …

share

「モバイルフォーラム2017」から気になる情報をピックアップ。格安SIMの今。

テレコムサービス協会MVNO委員会が、3月16日に「モバイルフォーラム2017」を開催しました。様々な視点からレポートが行われましたが、気になる情報だけピックアップしてご紹介します。 スポンサーリンク …