激変するモバイル業界をキャッチアップ

Sim

とうとう「キャッシュバック」に手を出したFREETEL。2万円の代わりに端末を「倍の」価格で買わせる暴挙。

投稿日:

格安SIM「FREETEL」がキャッシュバックキャンペーンを始めていました。これは、大手キャリアの時代に「正当な競争を阻害する」と総務省から是正勧告を受けた販売方法です。これを前面に出して販売する暴走。しかもキャンペーンの中身は実質的に消費者が損をする内容です。

スポンサーリンク

キャンペーンの内容

キャンペーン内容

新規に「スマートコミコミ+」を契約し、キャンペーンに申し込むと2万円のキャッシュバックが受けられます。あまりに酷いキャンペーンのため詳細は割愛します。

キャンペーンの中身

端末代金

キャンペーンの仕組みはこのように出来ています。この2万円キャッシュバック対象の「KIWAMI 2」は端末代金は49,800円です。

分割代金

一方、キャンペーンを満たすように端末を「スマートコミコミ+」で申し込むと端末代金が97,200円となります。ほぼ、倍の金額です。このうち2万円が返ってきている訳ですが、実質、消費者は損をしていることになります。

総務省はこのまま放置しておくのか

この「分割で買うと本体料金が高くなる」販売手法はネットで以前から指摘されていました。そこへきて、もう一段、「キャッシュバック」という好ましくない手段を使って、またも本体料金を割高にしています。

先日、FREETELは消費者庁から宣伝方法について是正措置を促されたばかり、その上で、このような販売方法を展開しています。これは一企業として問題があるのはもちろんですが、監督責任のある総務省、消費者庁にも問題があると考えられます。

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FREETEL

ユーザーにわからないように制限される可能性。「カウントフリープラン」に潜む危険性とは?

先日お伝えした、FREETELの実質「縛り」契約について、一部ユーザーからの指摘があり、各メディアがその問題点を指摘し始めました。今回は、今さまざまな格安SIM会社が導入している「カウントフリープラン …

data

格安SIMの契約数は一時期の勢いはないものの順調。携帯純増の半数を維持。

総務省は2016年12月末時点における「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」を公開しました。そのうちのMVNOサービス、いわゆる格安SIMの契約数は1485万でした。その公表データ …

MUSIC+

LINEモバイルが夏の新サービスを予告。カウントフリーの拡大と通話定額の導入。

2016年9月に開始されたLINEモバイルは順調に成長を続けているようです。ユーザーが急増する中、「通信速度調査では常に上位」と嘉戸彩乃社長は語り、新サービスの提供を発表しました。話題になりすぎて見放 …

data1

格安SIMを利用したいユーザーは30%。利用したくないユーザーは35%。利用しくない理由って?

マイボスコムは2017年3月にインターネットで格安SIMに関するアンケート11,394件をまとめ、その調査結果を発表しました。格安SIMを利用たいと思っているユーザーは約30%と増加傾向にあるのに対し …

LINEトーク・通話が使い放題。LINEモバイルは「使える」格安SIMなのか。

2016年9月からLINEモバイルの正式サービスが始まっています。積極的に広告を打っていてよく見るようになったLINEモバイル。果たして使える格安SIMなのか、みていきたいと思います。 スポンサーリン …