激変するモバイル業界をキャッチアップ

Sim

FREETEL「だれでもカケホーダイ」提供開始。他社SIMでも利用可能に。

投稿日:

格安SIM業界の革新的な存在FREETELが3月1日より「だれでもカケホーダイ」を提供開始しました。これは「FREETELでんわ」を拡大したもので、他社SIMでもかけ放題の電話料金を利用できるようになります。

スポンサーリンク

だれでもカケホーダイ」の内容

だれでもカケホーダイ

出典:ITmedia

FREETELのホームページで利用者登録をし、無料でアプリをダウンロードすることで、かけ放題プランを利用することができます。利用料金は以下のとおりで、クレジットカード払いのみとなります。

・1分かけ放題:299円 最初の1分間0円
・5分かけ放題:840円 最初の5分間0円
・10分かけ放題:1,499円 最初の10分間0円

各プランの無料時間を超えた場合は、10円/30秒の通話料となります。また、全プラン共通でアジア・北米・欧州の世界36か国への通話も、10円/30秒となっています。他社のかけ放題プランと比較しても遜色なく、その名の通りかけ放題を「だれでも」利用することが可能になります。通話時間の短い人であれば、お得に通話を利用できるでしょう。

「だれでもカケホーダイ」を選択する理由は?

現状、各社格安SIMの競争が激化しており、かけ放題プランも横並びです。その中で、比較的大手のOCNやmineoは動きが遅く、OCNなら10分かけ放題プラン、mineoなら5分かけ放題プランしか用意されていません。

音声通話付きSIMであれば最低利用期間が定められていると思います。その間は自分に合ったかけ放題プランが選択できないといった状況が考えられます。そこでこの「だれでもカケホーダイ」が選択肢に入ってくるでしょう。

FREETELはちょっと他とは違うサービスを展開し、話題になることの多い会社です。かけ放題プランにおいても、他社に先駆けてこのようなサービスを出してきました。これを受けて他社がどのように動くのか、今後の展開が楽しみです。

参考URL:ITmedia

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DIGNO

UQ mobileから格安SIM+ガラホ=1,980円。シニア世代へ格安SIM提案としてどうか。

格安SIMがだんだんと浸透してきていますが、今はまだスマートフォンで利用することがほとんどです。そこにUQ mobile初のガラホとして「DIGNO Phone」が発売されました。シニア世代の格安SI …

LINEトーク・通話が使い放題。LINEモバイルは「使える」格安SIMなのか。

2016年9月からLINEモバイルの正式サービスが始まっています。積極的に広告を打っていてよく見るようになったLINEモバイル。果たして使える格安SIMなのか、みていきたいと思います。 スポンサーリン …

nuroモバイル「0SIM」は果たして使える格安SIMなのか?

これは2017年3月時点の記事です。発表当初から話題でもちきりになったnuroモバイルの「0SIM」。0円から使えるという画期的なコンセプトですが、果たして使える格安SIMなのでしょうか。 スポンサー …

テザリング画面

各社大容量プラン。auとSoftbankのテザリングオプション無料キャンペーン。Docomoと同様に。

大手キャリア3社は50GBプランや100GBプランの提供を開始しているところですが、auとSoftbankがテザリング無料キャンペーン期間を延長すると発表しました。Docomoはプランの発表時から無料 …

格安SIMの2017新生活応援キャンペーンまとめ。ただし、キャンペーンだけでは落とし穴も…!?

4月になり、新生活が始まっている方も多いと思います。そんなユーザーに対して、格安SIM各社が「新生活応援キャンペーン」を実施しています。新入生、新社会人だけでなく、格安SIMに乗り換えを考えているユー …