FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙!

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙!

投稿日:

FREETELはApple認定整備済みのiPhone6sを限定300台で販売し始めました。月額3,199円で10分電話かけ放題の「スマートコミコミ+」プランとなっています。しかし、ホームページには、いったい「iPhone6s」が何円なのかは記載がありません。サポートに問い合わせたところ…

スポンサーリンク

iPhone6sが「10万円」

今回の「iPhone6s」について、途中で解約しても違約金は発生しないとのことでした。しかし、端末の購入代金の残金を一括請求するとのこと。そこで、いくらか問い合わせると…
代金問い合わせ結果

「10万4,400円」。しかも、ホームページからは月々の端末支払いがいくらかわかりませんので、その残金の計算もよくわかりません。おそらく、「スマートコミコミ+」小さな説明書きに書いてあるのでしょう。FREETELがいつも使う手口です。

ちなみにAppleの正規品を見てみましょう。
iPhone料金
「6万1,800円」です。4万円以上のお金はどこから出てくるのでしょうか。しかも、今回はこの10万4,400円という数字の記載がありません。法律違反の可能性もあるのではないかと思われます。

加えてキャンペーンも

今回は2017年7月31日までに申し込むと10,000円キャッシュバックのキャンペーンが行われています。ということは、ユーザーが無駄に払う金額は3万円ということに?「撒き餌」が大規模に行われている印象です。

この売り方がいつまで許されるのか

この実質上の「縛り」はいつもFREETELが行う手口ではあります。しかし、6万円のiPhone6sを10万円で売るのはどうなのでしょうか。いつまで許されるのでしょうか。救いがあるとすれば、他の格安スマホ会社がこの手口を使っていないことです。しかし、他社が追随するようなことがあれば、格安スマホユーザーが損害を被ることになるでしょう。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンプの外観

Wi-Fi内蔵のIoTギターアンプ?老舗Fenderの「Mustang GT」が野心的!

果たして、ギターアンプがインターネットに繋がる意味はあるのか?それに対する現在のFenderからの答えがこの「Mustang GT」というアンプ。初心者には難しいギターアンプのセッティングをネットで共 …

カウントフリー対象ゲーム表

スマホゲームがカウントフリー!「LinksMate」のコンセプトが斬新。

LogicLinksは格安SIMサービスを始めると発表しました。スマートフォン向けゲームを中心としたカウントフリーを提供することが最大の特徴。「LinksMate」というサービス名で7月1日から提供を …

Blade E01

格安スマホと一緒に格安SIMを契約しよう。よくわからない料金プランはいらない!

格安スマホにしたいけれど、何をどうしたらいいのかよくわからない。そんな悩みはあると思われます。そんな場合は格安スマホと格安SIMを同時に契約してしまいましょう。しかし、よくわからない料金プランにしてい …

格安SIMの2017新生活応援キャンペーンまとめ。ただし、キャンペーンだけでは落とし穴も…!?

4月になり、新生活が始まっている方も多いと思います。そんなユーザーに対して、格安SIM各社が「新生活応援キャンペーン」を実施しています。新入生、新社会人だけでなく、格安SIMに乗り換えを考えているユー …

Spotifyの画面

BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」を使ってみた。ちょっと待って、それ以前の問題!

私事ではありますが、長期に渡り固定回線のない環境になるため格安SIMを買い足すことに。Spotifyを一日中使う人間ですので、国内で唯一、Spotifyがカウントフリーになる「BIGLOBE SIM」 …