FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙!

Sim

FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

FREETELはApple認定整備済みのiPhone6sを限定300台で販売し始めました。月額3,199円で10分電話かけ放題の「スマートコミコミ+」プランとなっています。しかし、ホームページには、いったい「iPhone6s」が何円なのかは記載がありません。サポートに問い合わせたところ…

スポンサーリンク

iPhone6sが「10万円」

今回の「iPhone6s」について、途中で解約しても違約金は発生しないとのことでした。しかし、端末の購入代金の残金を一括請求するとのこと。そこで、いくらか問い合わせると…
代金問い合わせ結果

「10万4,400円」。しかも、ホームページからは月々の端末支払いがいくらかわかりませんので、その残金の計算もよくわかりません。おそらく、「スマートコミコミ+」小さな説明書きに書いてあるのでしょう。FREETELがいつも使う手口です。

ちなみにAppleの正規品を見てみましょう。
iPhone料金
「6万1,800円」です。4万円以上のお金はどこから出てくるのでしょうか。しかも、今回はこの10万4,400円という数字の記載がありません。法律違反の可能性もあるのではないかと思われます。

加えてキャンペーンも

今回は2017年7月31日までに申し込むと10,000円キャッシュバックのキャンペーンが行われています。ということは、ユーザーが無駄に払う金額は3万円ということに?「撒き餌」が大規模に行われている印象です。

この売り方がいつまで許されるのか

この実質上の「縛り」はいつもFREETELが行う手口ではあります。しかし、6万円のiPhone6sを10万円で売るのはどうなのでしょうか。いつまで許されるのでしょうか。救いがあるとすれば、他の格安スマホ会社がこの手口を使っていないことです。しかし、他社が追随するようなことがあれば、格安スマホユーザーが損害を被ることになるでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LINEトーク・通話が使い放題。LINEモバイルは「使える」格安SIMなのか。

2016年9月からLINEモバイルの正式サービスが始まっています。積極的に広告を打っていてよく見るようになったLINEモバイル。果たして使える格安SIMなのか、みていきたいと思います。 格安SIM検討 …

スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

MM総研は「2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況」を発表。2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の総出荷台数およびその内訳について明らかにしました。携帯電話端末の総出荷台数は0.3%減 …

カウントフリー対象ゲーム表

スマホゲームがカウントフリー!「LinksMate」のコンセプトが斬新。

LogicLinksは格安SIMサービスを始めると発表しました。スマートフォン向けゲームを中心としたカウントフリーを提供することが最大の特徴。「LinksMate」というサービス名で7月1日から提供を …

デカ焼そば

Y!mobileが他キャリアユーザーも参加できるキャンペーンを開催!

Y!mobileは「ズキュン!夏祭りキャンペーン」を開始しました。他キャリアを使っているユーザーも参加できる珍しいものになっています。全体に向けてはプレゼントキャンペーン。Y!mobileユーザーには …

認知度のグラフ

格安スマホって何か知ってる?使っている人はどのメーカーを選んでる?調査結果が明らかに。

MMD研究所は15歳以上の男女36,692人を対象に「2017年SIMフリースマートフォン購入者調査」を実施、その結果を発表しました。合わせて「SIMフリースマホとは何か知っているか」についても調査を …