激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

格安SIM業界で始まった「端末縛り」目先の料金だけ見るとおトクに見えるが…?

投稿日:

FREETELが始めたスマートコミコミ+月額料金プラン。「VAIO Phone A」という最新機種が選択できる上に、10分かけ放題が無料、1年後に新しい端末に取り替えが無料と、お得感が満載ですが、大きな落とし穴が。わかりにくく「されている」落とし穴を解説します。

スポンサーリンク

見た目のお得感

まず、「スマートコミコミ+」を契約すると、端末代金が3年間の分割払いになります。そのため、契約単位も3年が基本となってきます。スマートコミコミ+(データ1GB)のプランで契約すると、このようになります。

・1年目:月額2,080円
・2年目:月額3,580円
・3年目:月額3,580円
トータル:110,880円

これは「VAIO Phone A」の端末代金を含んだものになってきます。1年経てば最新機種に変更できるので、お得感は満載です。例えば、同じように「10分かけ放題」で同じプランを契約し、「VAIO Phone A」を別で買うとこのようになります。

・1年目から3年目:月額2,698円(+端末代金24,800円)
トータル:121,928円

このように、別々で買うよりはお得になっていますし、1年後に最新機種に変えようとするとその分、余計にかかります。初月から正規の料金になるので、印象も違うでしょう。

わかりにくい落とし穴

しかし、落とし穴があるのです。
caution

出典:Engadget

この細かな注釈を見なければわかりませんが、「VAIO Phone A」の端末代金が、57,000円に設定されています。直販で買う倍以上の金額設定です。これが「実質上の3年縛り」になります。途中解約しても「違約金」は発生しませんが、倍以上に設定された「端末の残り代金」を支払う必要があります。

不健全な競争を生む可能性

以前、大手キャリアしかなかった頃、「端末実質0円」キャンペーンが展開され、異常なキャッシュバックが設定され、総務省から改善を求められた過去があります。今も実質2年縛りと言える割引サービスが展開されています。

このビジネスモデルを格安SIM業界で再現するFREETELの囲い込み戦略には、疑問を感じざるを得ません。しかも割引サービスの中に「10分間かけ放題」が無料でついてくるため、プランの構造はわかりづらく、その上、端末価格は見えにくいように小さく書いてある。各社がこれを始めれば、格安SIMでの競争は、以前のような消費者に「理解できない」競争になるでしょう。

参考URL:Engadget

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


  1. […] 先日お伝えした、FREETELの実質「縛り」契約について、一部ユーザーからの指摘があり、各メディアがその問題点を指摘し始めました。今回は、今さまざまな格安SIM会社が導入している「カウントフリープラン」に潜む危険性についてお伝えいたします。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「格安SIM」はどこが売れているの?ユーザー満足度は??

株式会社ICT総研は2017年MVNO格安SIMの市場動向をアンケート調査。その結果を発表しました。格安SIM利用者1,024人の回答結果を元に、各事業者の特徴を分析してみます。 スポンサーリンク 格 …

FREETEL「だれでもカケホーダイ」提供開始。他社SIMでも利用可能に。

格安SIM業界の革新的な存在FREETELが3月1日より「だれでもカケホーダイ」を提供開始しました。これは「FREETELでんわ」を拡大したもので、他社SIMでもかけ放題の電話料金を利用できるようにな …

MUSIC+

LINEモバイルが夏の新サービスを予告。カウントフリーの拡大と通話定額の導入。

2016年9月に開始されたLINEモバイルは順調に成長を続けているようです。ユーザーが急増する中、「通信速度調査では常に上位」と嘉戸彩乃社長は語り、新サービスの提供を発表しました。話題になりすぎて見放 …

FREETEL

ユーザーにわからないように制限される可能性。「カウントフリープラン」に潜む危険性とは?

先日お伝えした、FREETELの実質「縛り」契約について、一部ユーザーからの指摘があり、各メディアがその問題点を指摘し始めました。今回は、今さまざまな格安SIM会社が導入している「カウントフリープラン …

スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

MM総研は「2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況」を発表。2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の総出荷台数およびその内訳について明らかにしました。携帯電話端末の総出荷台数は0.3%減 …