goo SimsellerがSIMとセットで「iPhone6s」を販売!他社と比べて?

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円台!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

NTTレゾナントは2月8日から「goo Simseller」でメーカー認定整備済みの「iPhone6s」と「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始しました。iPhone 6sは最近になって他社も取り扱いを開始しており、比較するとどうなのかお伝えします。

goo Simsellerの「iPhone 6s」

今回取り扱いが開始されるiPhone 6sは少し特殊です。アップル認定整備品という部分は同じで、アップルによる1年間のハードウェアサポートがあります。特殊なのは海外で販売されている製品であること。日本のiPhoneとは内蔵アプリや設定が異なる場合があるとしています。

そして検品作業のためパッケージは開封された状態で届きます。ただしACアダプタについては、日本用のApple正規品が同梱されます。販売は「NTTコムストア」で「OCNモバイルONE」とセットで販売され、格安SIMのプランは選択することができます。

iPhone 6s価格

価格は16GBモデルが36,800円(分割払い1,800円で計43,200円)、64GBモデルが49,800円(分割払い2100円で計50,400円)。カラーはゴールドのみとなります。カラーについては今後ラインナップを拡大していくとのことです。

スポンサーリンク

他社と比較してどうなのか

UQ mobileが販売しているiPhone 6sは4色が選べますが、容量は32GBのみで、価格は55,300円(税抜)となっています。これと比べると、goo Simsellerの方が安いと言えるでしょう。

楽天モバイルが販売しているiPhone 6sは16GBで56,800円と高額ですが、3年契約にすると20,000円割引の36,800円となります。3年縛りで同額と考えると、goo Sinsellerの方が安いと言えるのではないでしょうか。

安い。しかし、わかりにくい。

NTTコミュニケーションが提供する「OCNモバイルONE」と、NTTレゾナントが販売する「iPhone 6s」がセットになっている。そしてNTTレゾナントが運営する「NTTコムストア by gooSimseller」で販売する。通常のユーザーであれば意味がわからないでしょう。

実際、販売しているサイトを見つけるためにかなり検索が必要でした。NTTという巨大グループの戦略のようなものがあるのかもしれませんが、ユーザーにわかりにくくてはいけません。台数限定で16GBが1万円引きとなりますが、これはもはや混乱を招くためここに記載するにとどめます。

安いiPhone 6sの選択肢が増えるのは歓迎できるでしょう。購入してしまえば、サポートはアップルとOCNに単純化されますので、検討に値すると思われます。

販売ページへのアクセス方法

「端末セットの購入はこちら」をクリック

スライドメニューからバナーをクリック

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー