激変するモバイル業界をキャッチアップ

Sim

格安スマホって何か知ってる?使っている人はどのメーカーを選んでる?調査結果が明らかに。

投稿日:

MMD研究所は15歳以上の男女36,692人を対象に「2017年SIMフリースマートフォン購入者調査」を実施、その結果を発表しました。合わせて「SIMフリースマホとは何か知っているか」についても調査をしていますので、結果を分析してみます。

スポンサーリンク

そもそもSIMフリースマホって何?

SIMフリースマートフォンは大手キャリアによる「SIMロック」がかかっていないものを指しますが、現在は「格安スマホ」という言い方の方が主流です。少し乱暴ですが、それは同じものを意味すると解釈して分析していきます。

元データは「全くわからない」「名前だけは聞いたことがある」から「現在利用している」までデータが取られていますが、それを「認知」「内容理解」「利用検討」「利用経験」「利用中」と認識の深さに変換してデータを並べるとこのようになります。

認知度のグラフ

「認知」知っているというユーザーは79.0%で、男女比は同じくらいですが、「内容理解」となると男女で差が出てきます。これはまだ格安スマホの内容が難しく、いわゆる新しいもの好きの男性が調べているもの思われます。かなり一般的にはなってきたものの、まだまだ浸透はしていないと言えるでしょう。

格安スマホを利用しているのは9.2%

格安スマホを利用しているのは1,036人、9.2%となりました。その中で現在利用しているスマホのメーカーをグラフにするとこのようになります。

利用メーカーのグラフ

Appleがダブルスコアで「25.1%」と圧倒的です。格安スマホでもiPhoneを使いたいというユーザーが多いのでしょう。2位、3位はASUSとHUAWEIで海外の大手メーカーが並んでいます。使っている機種別のグラフはこのようになります。

利用機種のグラフ

「iPhone SE」がトップです。これはiPhoneの中でも価格が安いため選択されているのでしょう。2位が「iPhone 5s/5c」これは以前キャリアで使っていたものをそのまま格安スマホとして使っているのではないでしょうか。中古で買ったものも含まれていると思われます。現行で、一番安く取引されています。

メーカー別2位のASUSでの一番売れているのは「Zenfone Go」価格が約16,000円程度とまさしく「格安スマホ」です。機種別ではかなり下位の方に位置していますが、Zenfoneシリーズは数が多く散らばった結果でしょう。これは大手キャリアからの切り替え時に端末も変えたのではないかと思われます。月額が安くなるのであれば、スマホも安い方がいいでしょう。

メーカー別3位のHUAWEIでは「HUAWEI P9 lite」で価格は22,000円程度。これも「格安スマホ」です。HUAWEIはハイエンド端末に力を入れています。かなり下位の方に「HUAWEI P9」というハイグレードのものが位置しています。しかし、売れているのは安いクラスに集まっています。

格安スマホでも圧倒的に人気のiPhone

日本市場ではiPhoneが圧倒的な人気があり、世界的にみて特殊な市場になっています。格安スマホでもiPhoneが使いたいというユーザーがかなり多く、iPhone 7に至っては格安スマホというよりも、元々の意味「SIMフリースマートフォン」として使っているのでしょう。

安いAndroidスマホは徐々に増えていて、iPhoneは徐々に減っています。この流れは「格安スマホ」の広がりによって続くものと思われますが、大きな潮流になるのは考えにくい現状です。

参考URL:MMD研究所

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

lunch

「スピードテストブースト」していると判断するのは勇み足?いや、むしろ逆であろうというお話。

ある大手メディアの記事でこのようなものがありました。「スピードテストブーストは可能なのか」結論として筆者が読み取ったのは「スピードテストブーストと判断するのは勇み足で、あくまでも参考とするべき」。筆者 …

DSDS

格安SIMにしたいけど通信速度が心配…。そんな時におすすめする「DSDS」スマホの使い方。

「DSDS」とは何でしょうか。これは「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略になります。簡単に言うと、二つのSIMを切り替えて使えるスマホになります。この「DSDS」に対応したスマホで通信速度の遅さを …

端末代金

とうとう「キャッシュバック」に手を出したFREETEL。2万円の代わりに端末を「倍の」価格で買わせる暴挙。

格安SIM「FREETEL」がキャッシュバックキャンペーンを始めていました。これは、大手キャリアの時代に「正当な競争を阻害する」と総務省から是正勧告を受けた販売方法です。これを前面に出して販売する暴走 …

caution

格安SIM業界で始まった「端末縛り」目先の料金だけ見るとおトクに見えるが…?

FREETELが始めたスマートコミコミ+月額料金プラン。「VAIO Phone A」という最新機種が選択できる上に、10分かけ放題が無料、1年後に新しい端末に取り替えが無料と、お得感が満載ですが、大き …

Spotifyの画面

BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」を使ってみた。ちょっと待って、それ以前の問題!

私事ではありますが、長期に渡り固定回線のない環境になるため格安SIMを買い足すことに。Spotifyを一日中使う人間ですので、国内で唯一、Spotifyがカウントフリーになる「BIGLOBE SIM」 …