格安SIMにしたいけど通信速度が心配…。そんな時におすすめする「DSDS」スマホの使い方。

Sim

格安SIMにしたいけど通信速度が心配…。そんな時におすすめする「DSDS」スマホの使い方。

投稿日:

「DSDS」とは何でしょうか。これは「デュアルSIMデュアルスタンバイ」の略になります。簡単に言うと、二つのSIMを切り替えて使えるスマホになります。この「DSDS」に対応したスマホで通信速度の遅さを回避する提案をいたします。

スポンサーリンク

まず、メインにする格安SIMを決める

格安SIMを検討する際、まずどの格安SIMにするか検討する必要があります。その格安SIMで十分な速度が出るのであれば、「DSDS」は保険として残しておけるからです。2017年4月現在、格安SIMへの乗り換えが増えているため、実行速度が安定していません。ちょっとみてみます。

1日の中でほとんどの時間は、それほど実行速度に不満があるような格安SIMは少ないですが、昼休み(12時〜13時)の間は混雑するため、かなりの差が出ます。「下りの」データ通信速度をちょっと調べてみたところこのようになっています。
speed
FREETELが「今のところ」データ通信の速度が安定しています。3月の時点では早くはなかったですが、突出して遅いと言うこともありませんでした。3月にはLINEモバイルと楽天モバイルが好調でしたが、人気が集まってしまった結果、不安定な速度になっているようです。

通信速度の結果だけみると、FREETELが良さそうです。しかし、問題の本質がここにあります。通信速度の速い格安SIMがあると、そこへ人気が集まり、結果として通信速度が落ちるというのが格安SIMの現状です。

では、「DSDS」でどうやって回避するのか

例えば、メインの格安SIMをFREETELにしたとしましょう。音声付きの容量3Gのプランで「1,600円」です。これで安定して速度が出て使っていけるのであれば、問題ありません。しかし、FREETELのデータ通信速度が遅くなってしまった場合は…。ここで「DSDS」が活きてきます。

そうなった場合、FREETELのプランを音声付きの一番安いプラン「999円」にプラン変更します。そして、他社のデータ専用プランを契約します。こうすると、FREETELの「解約手数料」がかかりません。こういった違約金はどの会社でもありますので、それを回避することができます。
DSDS

出典:VAIO Phone公式サイト

使い方としては、デュアルSIMの差し込み口にFREETELと別会社のSIMカードを入れます。そして、スマホの設定で音声通話はFREETEL、データ通信は別会社のSIMと設定します。これで、デュアルスタンバイの設定は完了です。ただし注意点としては、音声通信をしながら、データ通信はできなくなります。

「DSDS」のメリット

現在、格安SIMデータ通信については「カウントフリー」が流行しています。各種SNSがカウントフリー、音楽サービスがカウントフリーなどですが、この先もお得なサービスが出てくるでしょう。DSDSスマホでデータ部分を切り出してしまえば、このようなプランを乗り換えて使うこともできます。

データプランには違約金がないことがほとんどですので、どんどん切り替えられます。これから色々な特典がついたプランが出てくることでしょう。それらを上手に使いながら運用するためにも、この「DSDS」スマホは強い味方と言って良いでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

data

格安SIMの契約数は一時期の勢いはないものの順調。携帯純増の半数を維持。

総務省は2016年12月末時点における「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」を公開しました。そのうちのMVNOサービス、いわゆる格安SIMの契約数は1485万でした。その公表データ …

DMMモバイル

DMMモバイルが安すぎる!データ通信もできて音声通話も5分間何度でも通話し放題で月々¥1,140!

出典:DMMモバイル 携帯通信会社の価格競争も激しさを増してきましたが、ついに、DMMモバイルから音声通話が5分間何度でも通話し放題になるサービスが登場しました。 DMMモバイルはこんな人にオススメ …

campaign

大容量プランの契約は待った方が良い?エキサイトモバイルがキャンペーンを4月17日から開始。

格安SIMのエキサイトモバイルが新生活応援キャンペーンを4月17日〜5月31日まで予定しています。新規契約手数料が無料、一部端末が割引価格となります。また同時に20GB以上の大容量プランが値下げとなり …

ソフトバンク(Softbank)のSIMロックを解除する方法

ソフトバンクで購入した携帯電話については、ソフトバンク以外の回線では使えないように「SIMロック」がかかっています。そうすると、例えばドコモ回線を利用している格安SIMなどは使えません。その場合はSI …

対象端末

ドコモが格安スマホ業界に参入!?「docomo with」こそ望まれていたプランではないか。

NTTドコモは格安スマホに対抗する新プラン「docomo with」を発表しました。これは指定されたスマホを長く使うとお得になるプラン。対象端末を購入することで、月々の利用料金が1,500円の割引とな …