LINEモバイルが夏の新サービスを予告。カウントフリーの拡大と通話定額の導入。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

LINEモバイルが夏の新サービスを予告。カウントフリーの拡大と通話定額の導入。

投稿日:

2016年9月に開始されたLINEモバイルは順調に成長を続けているようです。ユーザーが急増する中、「通信速度調査では常に上位」と嘉戸彩乃社長は語り、新サービスの提供を発表しました。話題になりすぎて見放される格安SIMもある状況で、この発言からはかなりの自信がうかがえます。

スポンサーリンク

カウントフリー拡大の予定

MUSIC+

出典:Engadget

LINEモバイルの最初のポイントは「LINE通話とトークの通信料がカウントされない」ということでした。これが好評となり、TwitterとFacebookもカウントフリーになり、2016年11月にはInstagramも対象になっています。

2017年1月にはLINEミュージックの通信データがカウントフリーになる「MUSIC+プラン」を導入、2月にはLINEアプリの新機能であるニュースもカウントフリー。次々とサービスを拡充しています。

今回は、他社の音楽配信もカウントフリーにすると発表されました。詳細についてはまだ不明ですが、Apple MusicやGoogle Play Musicなど競合他社をカウントフリーにするのかどうか。2017年初夏に開始するとのことで、その動向が注目されます。

通話定額オプションの導入

また、ユーザーから要望の多かった「通話定額オプション」も同時期にサービス開始されます。詳細は提供開始時に発表するとのことです。既に「LINE OUT」という仕組みを持っているLINEモバイルですから、他社にはできないプランが出てくるかもしれません。

通信速度にみる自信

発表の中で嘉戸社長はこのように話していました。

「ユーザーが急増する中、LINEモバイルは常に安定した速度を提供している。各媒体では多数の速度調査が行われているが、常に上位にランクインしている。今後も安定した速度を提供するように尽力していく」

いくら安く提供されても通信が遅くては使い物になりません。正直なところ、格安SIMユーザーは「データ通信ができればラッキー」くらいのイメージを持っていると思われます。どの格安SIMでもまず出てくるのが通信速度の不満です。そこを順調にクリアしているLINEモバイル。その動向に注目が集まっています。

参考URL:Engadget

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Zenfone AR

次世代端末「Zenfone AR」が格安スマホでも取り扱い開始。Daydream/Tango両対応端末。

世界で初めて、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」とARプラットフォーム「Tango」に両方対応するスマホとなる「Zenfone AR」が6月23日から発売されます。それに合わせて格 …

Blade E01

格安スマホと一緒に格安SIMを契約しよう。よくわからない料金プランはいらない!

格安スマホにしたいけれど、何をどうしたらいいのかよくわからない。そんな悩みはあると思われます。そんな場合は格安スマホと格安SIMを同時に契約してしまいましょう。しかし、よくわからない料金プランにしてい …

LINEトーク・通話が使い放題。LINEモバイルは「使える」格安SIMなのか。

2016年9月からLINEモバイルの正式サービスが始まっています。積極的に広告を打っていてよく見るようになったLINEモバイル。果たして使える格安SIMなのか、みていきたいと思います。 スポンサーリン …

AQUOS L2

ついにきてしまった格安スマホ「実質0円」時代。結局、こうなってしまうのか……!?

au回線の格安スマホ「UQ モバイル」が実質0円の格安スマホ「AQUOS L2」を発表しました。内容をお伝えするとともに、その問題点も提起したいと思います。 スポンサーリンク 実質0円の格安スマホ「A …

プラン利用イメージ

nuroモバイルが始めた「5時間」プラン。「ギガが減る」時代にどう考えられるか…?

nuroモバイルが新たに打ち出した「5時間」プラン。500MBまで無料の「0SIM」という画期的なプランを提供したものの、その結果としては失敗と言っていいでしょう。そこで新たに打ち出してきた「時間制限 …