激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

nuroモバイル「0SIM」は果たして使える格安SIMなのか?

投稿日:

これは2017年3月時点の記事です。発表当初から話題でもちきりになったnuroモバイルの「0SIM」。0円から使えるという画期的なコンセプトですが、果たして使える格安SIMなのでしょうか。

スポンサーリンク

0SIMの基本スペック

回線はドコモのものを使っています。接続という意味では問題ないでしょう。

0SIM公式サイト

月額利用料金は500MBまでは0円。ここが最大のウリです。通話ができるSIMはプラス700円で利用できます。500MB以降、100MB毎に100円が追加されていき、2GBからは1,600円(音声SIMは2,300円)となります。

事務手数料や最低利用期間などは他社の格安SIMとほぼ同様です。
参考:0SIM公式サイト

現在、一般発売はされていますが、一日あたり7,777枚の販売となっています。
これには裏側がありそうです。

気になる通信速度は?

これは実際に利用して計測された声を聴いてみましょう。

どうやら速度はほとんど期待できないようです。これが販売数制限の裏側でしょう。推測ですが、申し込みが多すぎて設備の増強が追い付いていません。したがって、速度がほとんど出ない状況となっている模様です。一日の販売数を決めているのも、これ以上申し込まれても対応できない状態になっていると思われます。

今後に期待できるか

画期的なコンセプトのため一時的にこのような状況になっているという側面はあるでしょう。容量を使って初めて利益が出る仕組みなので、このままの状態では収益が上がりません。設備の増強はされるでしょう。

どの程度の設備増強が行われるかはわかりません。大きな増強でに使える状態にしてしまうのか、徐々に追いつくように増強していくのか……。今のところは「使える」SIMとは言いづらい状況です。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JCOM

SNSが使い放題、VODが使い放題、Youtube・音楽スリーミングが使い放題の「カウントフリーSIM」を紹介!

格安SIMの競争が激化する中、各社は特色を出そうと色々なサービスを考えています。最近の流行は「カウントフリー」。特定のアプリならパケット通信量にカウントされないプラン。その中でも注目できるSIMをピッ …

Zenfone AR

次世代端末「Zenfone AR」が格安スマホでも取り扱い開始。Daydream/Tango両対応端末。

世界で初めて、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」とARプラットフォーム「Tango」に両方対応するスマホとなる「Zenfone AR」が6月23日から発売されます。それに合わせて格 …

対象端末

ドコモが格安スマホ業界に参入!?「docomo with」こそ望まれていたプランではないか。

NTTドコモは格安スマホに対抗する新プラン「docomo with」を発表しました。これは指定されたスマホを長く使うとお得になるプラン。対象端末を購入することで、月々の利用料金が1,500円の割引とな …

DMMモバイル

DMMモバイルが安すぎる!データ通信もできて音声通話も5分間何度でも通話し放題で月々¥1,140!

出典:DMMモバイル 携帯通信会社の価格競争も激しさを増してきましたが、ついに、DMMモバイルから音声通話が5分間何度でも通話し放題になるサービスが登場しました。 DMMモバイルはこんな人にオススメ …

DIGNO

UQ mobileから格安SIM+ガラホ=1,980円。シニア世代へ格安SIM提案としてどうか。

格安SIMがだんだんと浸透してきていますが、今はまだスマートフォンで利用することがほとんどです。そこにUQ mobile初のガラホとして「DIGNO Phone」が発売されました。シニア世代の格安SI …