ピクセラモバイル「高速定額SIM」。速度制限なしで使い放題。他社との違いは?

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

ピクセラモバイル「高速定額SIM」。速度制限なしで使い放題。他社との違いは?

投稿日:

2017年3月22日から提供されるピクセラモバイル「高速定額SIM」。激戦の格安SIM業界に参戦するピクセラモバイル。速度制限なしで使い放題をうたっています。他社との違いはどこにあるのか探っていきます。

スポンサーリンク

速度制限なしで業界最安値

ピクセラモバイル

ピクセラモバイル公式サイト

ポイントは、「Wifiルータと同時申し込みで1,480円」というところ。ここで業界最安値をうたっています。ただし。SIM単体で申し込んでも十分に安い値段設定と言えます。「音声SIMはなし」という思い切った設定です。速度無制限でデータ通信定額というところに狙いを絞っているSIMになります。

回線はドコモの通信網を使っているので、接続性に問題はないでしょう。下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbpsで、この速度制限がありません。だだし、3日間で通信量3GBを超えると、通信速度が200kbpsに制限されます。

「強み」はどこなのか

速度制限なしでデータ通信定額、ということはもっと話題になってもいいスペックなのですが、ユーザーも学習してきたのでしょう。3Mbps制限がかかっていても実効速度は1Mbps程度というデータ通信定額の現状ですので、高速通信無制限と言われてもいまひとつ話題にならないのだと思われます。

データ通信SIMにも関わらず6ヵ月の最低利用期間が定められていることも影響しているでしょう。しかし、今の現状をわかっていて、データ通信定額をうたい参戦する。充分な準備をしているでしょうし、話題になり過ぎてないことから順調なスタートを切る可能性が高い。動向次第ではありますが「使える」SIMになるかもしれません。

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

data

格安SIMの契約数は一時期の勢いはないものの順調。携帯純増の半数を維持。

総務省は2016年12月末時点における「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」を公開しました。そのうちのMVNOサービス、いわゆる格安SIMの契約数は1485万でした。その公表データ …

data1

スマートフォンに払う月額料金は平均どれくらい?キャリアと格安SIMの違いが浮き彫りに。

昨年から大きな盛り上がりを見せている格安SIM。安くするために乗り換えるという動機が格安SIMユーザーのほとんどでしょう。実際どれくらい安くなっているのでしょうか。MMD研究所が「2017年携帯電話の …

share

「モバイルフォーラム2017」から気になる情報をピックアップ。格安SIMの今。

テレコムサービス協会MVNO委員会が、3月16日に「モバイルフォーラム2017」を開催しました。様々な視点からレポートが行われましたが、気になる情報だけピックアップしてご紹介します。 スポンサーリンク …

乗り換え初期費用を抑えたい人必見!DMM moileが春のキャンペーンで事務手数料0円

DMMモバイルは事務契約手数料を0円にする春のキャンペーンを実施中です。年度も変わって携帯を変える方、キャリア変更を考えている方には嬉しいキャンペーンですね。 スポンサーリンク スポンサーリンク DM …

孫正義社長写真

日本のスマホが売れないのは総務省のせい?ソフトバンク孫正義の主張に疑問。

ソフトバンクグループの孫正義社長は5月10日、2017年3月期決算説明会にて、実質0円やキャッシュバック廃止など、総務省による一連の携帯値引き規制について、「日本のスマホメーカーは全滅してきている」と …