Zenfone AR

次世代端末「Zenfone AR」が格安スマホでも取り扱い開始。Daydream/Tango両対応端末。

世界で初めて、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」とARプラットフォーム「Tango」に両方対応するスマホとなる「Zenfone AR」が6月23日から発売されます。それに合わせて格安スマホ「Nifmo」「IIJmio」でも取り扱いを開始します。

スポンサーリンク

Zenfone AR

Zenfone AR

スペックは画面サイズが5.7インチ有機EL液晶、解像度はWQHD(2560×1440)、プロセッサはSnapdragon 821を採用。メモリは6GBと8GBの二つのモデルがあります。格安スマホで取り扱われるのは6GBメモリモデルとなります。

「Daydream」はGoogleのVRプラットフォームで、スマホをVRゴーグルに取り付けて利用します。
Daydreamデモ

「Tango」はGoogleのARプラットフォーム。深度センサ、動体追跡といったセンサー類が必要になってきますが、Zenfone ARはこれを1ヶ所に集約したことでコンパクトに実現しました。
Tangoデモ

格安スマホ「Nifmo」「IIJmio」で取り扱い開始

「Zenfone AR」はそのスペックの高さから「格安スマホ」とは言い難いですが、格安SIM事業者「Nifmo」と「IIJmio」で6月23日から販売されます。各事業者での料金は以下の通りです。

Nifmo:一括払い 80,000円(税別)/24回分割払い 月額3,334円(税別)
IIJmoio:一括払い 79,800円(税別)/24回分割払い 月額3,350円(税別)

両者ともそれほど変わらず、正規料金が82,800円ですので少し安くなっています。7月31日までにIIJmioで契約すると5,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

VR/ARがどこまで受け入れられるか

今のところあまりVRは普及していません。一番多いのは「PS VR」でゲームとの親和性が高く。比較的に安価なことが受け入れられているようです。GoogleのVRがどうなるのか今後の動向は注目に値するでしょう。

一方のARはAppleが本格的に取り組んできたため一気に注目が集まっています。秋のiOS11、そして時期iPhoneの発売で火がつくかもしれません。そこへGoogleのAR「Tango」がどこまで対抗できるのか。様々なメーカーがスマホを開発するAndroid端末でのARプラットフォーム。各メーカーの戦略にも左右されそうです。

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー