次世代端末「Zenfone AR」が格安スマホでも取り扱い開始。Daydream/Tango両対応端末。

Sim

次世代端末「Zenfone AR」が格安スマホでも取り扱い開始。Daydream/Tango両対応端末。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

世界で初めて、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」とARプラットフォーム「Tango」に両方対応するスマホとなる「Zenfone AR」が6月23日から発売されます。それに合わせて格安スマホ「Nifmo」「IIJmio」でも取り扱いを開始します。

スポンサーリンク

Zenfone AR

Zenfone AR

スペックは画面サイズが5.7インチ有機EL液晶、解像度はWQHD(2560×1440)、プロセッサはSnapdragon 821を採用。メモリは6GBと8GBの二つのモデルがあります。格安スマホで取り扱われるのは6GBメモリモデルとなります。

「Daydream」はGoogleのVRプラットフォームで、スマホをVRゴーグルに取り付けて利用します。
Daydreamデモ

「Tango」はGoogleのARプラットフォーム。深度センサ、動体追跡といったセンサー類が必要になってきますが、Zenfone ARはこれを1ヶ所に集約したことでコンパクトに実現しました。
Tangoデモ

格安スマホ「Nifmo」「IIJmio」で取り扱い開始

「Zenfone AR」はそのスペックの高さから「格安スマホ」とは言い難いですが、格安SIM事業者「Nifmo」と「IIJmio」で6月23日から販売されます。各事業者での料金は以下の通りです。

Nifmo:一括払い 80,000円(税別)/24回分割払い 月額3,334円(税別)
IIJmoio:一括払い 79,800円(税別)/24回分割払い 月額3,350円(税別)

両者ともそれほど変わらず、正規料金が82,800円ですので少し安くなっています。7月31日までにIIJmioで契約すると5,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

VR/ARがどこまで受け入れられるか

今のところあまりVRは普及していません。一番多いのは「PS VR」でゲームとの親和性が高く。比較的に安価なことが受け入れられているようです。GoogleのVRがどうなるのか今後の動向は注目に値するでしょう。

一方のARはAppleが本格的に取り組んできたため一気に注目が集まっています。秋のiOS11、そして時期iPhoneの発売で火がつくかもしれません。そこへGoogleのAR「Tango」がどこまで対抗できるのか。様々なメーカーがスマホを開発するAndroid端末でのARプラットフォーム。各メーカーの戦略にも左右されそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Sim
-, , , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

campaign

大容量プランの契約は待った方が良い?エキサイトモバイルがキャンペーンを4月17日から開始。

格安SIMのエキサイトモバイルが新生活応援キャンペーンを4月17日〜5月31日まで予定しています。新規契約手数料が無料、一部端末が割引価格となります。また同時に20GB以上の大容量プランが値下げとなり …

am

今なら「LINEモバイル」か?実行速度の測定結果から格安SIMを分析。

格安SIMはかなりの事業者が参入しており、何を基準に選べばいいのかわからない状態。大手キャリアの電波を使っているため「最大150Mbps」とは書かれていますが、そんなに出ないことはわかっている話。どれ …

スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

MM総研は「2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況」を発表。2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の総出荷台数およびその内訳について明らかにしました。携帯電話端末の総出荷台数は0.3%減 …

data1

スマートフォンに払う月額料金は平均どれくらい?キャリアと格安SIMの違いが浮き彫りに。

昨年から大きな盛り上がりを見せている格安SIM。安くするために乗り換えるという動機が格安SIMユーザーのほとんどでしょう。実際どれくらい安くなっているのでしょうか。MMD研究所が「2017年携帯電話の …

b-imobileバナー

ソフトバンクのiPhoneでも使える格安SIMが来る!!

「b-mobile」ブランドの格安SIMを提供している日本通信は、ソフトバンク網を利用した音声付きSIM(nanoSIM)を8月16日に発売すると発表しました。これによって、ソフトバンクのiPhone …