格安SIMを利用したいユーザーは30%。利用したくないユーザーは35%。利用しくない理由って?

Sim

格安SIMを利用したいユーザーは30%。利用したくないユーザーは35%。利用しくない理由って?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

マイボスコムは2017年3月にインターネットで格安SIMに関するアンケート11,394件をまとめ、その調査結果を発表しました。格安SIMを利用たいと思っているユーザーは約30%と増加傾向にあるのに対し、利用したくないというユーザーも約35%います。調査結果の内容についてお伝えします。

スポンサーリンク

格安SIMの利用意向について

data1
ご覧のような結果になっています。利用したいと言うユーザーが増加傾向にあるのに対して、利用したくないユーザーは減少傾向にあります。男性の20代〜40代では4割程度、女性の20代も4割程度が利用したいと答えています。

このアンケートは現在格安SIMを使っているユーザーも含まれていて、今後も利用したいと答えているユーザーは9割にのぼります。今使っていないユーザーだけをみると2割強が利用したいと答えています。ここから読み取ると、移行したユーザーの満足度は高い印象です。
data2
格安SIMへ移行したユーザーが満足している点は、「月額利用料金」がダントツのトップで7割強。しかしながら、通信速度の速さに満足しているユーザーは1割強とかなり少なくなっています。別の項目で、サービス選定時の重視点では通信速度の速さを重視するユーザーは4割となっていることを考えると、ここには不満を持っているという捉え方もできそうです。

格安SIMを使いたくない理由

格安SIMを使いたくないユーザーは35.4%。その利用したくない理由には以下のものが挙げられていています。

・興味がない
・現在利用しているもので満足している
・メールアドレスを変えたくない
・本当に安くなるかがわからない

これらはほぼ同数の2割ずつとなっています。スマートフォンの利用者のみを見ると「メールアドレスを変えたくない」「通信速度が遅い」「現在利用しているもので満足している」と、メリット・デメリットを把握して使いたくないという回答になっているようです。格安SIMが持つ現在の印象と一致していると考えて良さそうです。

携帯電話、いわゆるガラケーを利用しているユーザーでは「興味がない」「現在利用しているもので満足している」とのことで、そもそもスマートフォン自体への興味がないのではないかと推測されます。

総合的な観測

格安SIMの利用意向は高まっているものの、そのデメリット「メールアドレスが変わる」「通信速度が遅い」が認識されていて、認知度が高くなっているとも言えるでしょう。やはり気になる部分は「通信速度が遅い」。これは満足度からもみてとれて、業界の課題と言えそうです。

通信速度が安定している格安SIMであれば、その通信速度は3Mbps以上出ていて、それほど遅いと感じる速度ではありません。しかし、そのような安定した通信速度の格安SIMに人気が集まった結果、通信が遅くなるというサイクルを繰り返しています。

これは安い月額料金を維持するために、どうしようもないことなのかもしれません。通信速度をあげるためには大手キャリアから多くの回線を借りるための費用がかさみます。今は各社横並びで同じ現象が起きているため、現時点では速度よりもサービス内容から使える格安SIMを探す方が良いのかもしれません。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Sim
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

乗り換え初期費用を抑えたい人必見!DMM moileが春のキャンペーンで事務手数料0円

DMMモバイルは事務契約手数料を0円にする春のキャンペーンを実施中です。年度も変わって携帯を変える方、キャリア変更を考えている方には嬉しいキャンペーンですね。 スポンサーリンク 格安SIM検討ユーザー …

テザリング画面

各社大容量プラン。auとSoftbankのテザリングオプション無料キャンペーン。Docomoと同様に。

大手キャリア3社は50GBプランや100GBプランの提供を開始しているところですが、auとSoftbankがテザリング無料キャンペーン期間を延長すると発表しました。Docomoはプランの発表時から無料 …

Zenfone AR

次世代端末「Zenfone AR」が格安スマホでも取り扱い開始。Daydream/Tango両対応端末。

世界で初めて、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」とARプラットフォーム「Tango」に両方対応するスマホとなる「Zenfone AR」が6月23日から発売されます。それに合わせて格 …

data1

スマートフォンに払う月額料金は平均どれくらい?キャリアと格安SIMの違いが浮き彫りに。

昨年から大きな盛り上がりを見せている格安SIM。安くするために乗り換えるという動機が格安SIMユーザーのほとんどでしょう。実際どれくらい安くなっているのでしょうか。MMD研究所が「2017年携帯電話の …

割引額

楽天モバイルがiPhone販売キャンペーン!あのプラン推し!

楽天モバイルがApple整備済みiPhone SE/6s/6s Plusを販売するキャンペーンを始めました。そして、先日申し込みを開始した最低速度1Mbpsの「スーパーホーダイ」とセットにすると、最大 …