auとソフトバンクがSIMロック解除受付条件を変更!各社ほぼ横並びに

Sim

auとソフトバンクがSIMロック解除受付条件を変更!各社ほぼ横並びに

投稿日: コメント (0)


画像出典:ケータイWatch

総務省が示したガイドラインに沿う形で、au(KDDI)とソフトバンクでは12月1日よりSIMロック解除の受付条件が一部改正されました。

スポンサーリンク

SIMロック解除可能となるまでの期間が短縮に

画像出典:ITmedia

総務省が1月10日付で策定した「モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドライン」においては、端末購入からSIMロック解除が可能となるまでの期間の短縮を謳っており、従来の6ヶ月(購入日より181日以降)から、割賦払いの場合は100日程度以下、そして一括払いの場合は12月1日より「当該支払を確認できるまでの期間」への変更が適用となる旨が記載されています。今回のauとソフトバンクの受付条件改正は、この一括払いにおける期間短縮に合わせたものです。

auでも、契約者本人以外のSIMロック解除申込みが不可に

画像出典:au

SIMロック解除可能までの期間短縮と併せて、auではSIMロック解除対象機種の条件も一部変更となり、「契約者ご本人さまの購入履歴があること」が追加されました。これによって中古販売店等で購入したスマートフォンを持ち込んでSIMロック解除する事が不可となり、既に同様の条件を課しているNTTドコモ、ソフトバンクと条件が並ぶ事となりました。

また契約者本人であっても、「当社の回線契約を解約済みの場合は、解約日から100日以内であること」が条件に加わった事で、解約から101日目以降経過したSIMロック解除も受付不可となりました。

今後は購入時に割引適用となっている端末も条件が変わる

auでは更に2018年1月16日以降、「au購入サポート」など適用条件によって継続利用する事を条件に機種購入代金の一部を負担する施策が適用されている端末については、一括払いであったとしても購入日から101日目以降まで解除できなくなる予定です。

SIMロック解除は導入されてからまだ日が浅い事もあり、わかりにくい点があるのも事実ですが、キャリアにとってもユーザーにとっても公平感をもってサービスが提供され、利用される為に、必ずキャリア各社の注意事項をよく読んでから手続きを行ないましょう。

The following two tabs change content below.
村越友樹

村越友樹

通信会社のコールセンターSVやWebコンテンツサービスの営業を経て独立し、 PCやモバイル端末のコンサルティングや講習、マニュアル作成などを手がけている。 IT関連の他に、鉄道や旅行の分野にも明るく、その分野での執筆経験もあり。 自他ともに認める「乗り鉄」であり、長時間列車に乗って移動する事も厭わない。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

プラン利用イメージ

nuroモバイルが始めた「5時間」プラン。「ギガが減る」時代にどう考えられるか…?

nuroモバイルが新たに打ち出した「5時間」プラン。500MBまで無料の「0SIM」という画期的なプランを提供したものの、その結果としては失敗と言っていいでしょう。そこで新たに打ち出してきた「時間制限 …

LINEトーク・通話が使い放題。LINEモバイルは「使える」格安SIMなのか。

2016年9月からLINEモバイルの正式サービスが始まっています。積極的に広告を打っていてよく見るようになったLINEモバイル。果たして使える格安SIMなのか、みていきたいと思います。 iPhone7 …

スーパーホーダイバナー

楽天モバイル「低速でも1Mbps」の新プラン発表!1,980円〜はお得?

楽天モバイルは低速時でも1Mbpsの通信速度で使い放題、加えて5分通話かけ放題の「スーパーホーダイ」を発表しました。月額料金は初年度1,980円〜、2年目以降2,980円〜となっています。このプランは …

goo SimsellerがSIMとセットで「iPhone6s」を販売!他社と比べて?

NTTレゾナントは2月8日から「goo Simseller」でメーカー認定整備済みの「iPhone6s」と「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始しました。iPhone 6sは最近になって他社も …

lunch

「スピードテストブースト」していると判断するのは勇み足?いや、むしろ逆であろうというお話。

ある大手メディアの記事でこのようなものがありました。「スピードテストブーストは可能なのか」結論として筆者が読み取ったのは「スピードテストブーストと判断するのは勇み足で、あくまでも参考とするべき」。筆者 …