格安SIM・格安スマホの速度比較はこれで充分!リアルタイム比較サービス

Sim

格安SIM・格安スマホの速度比較はこれで充分!リアルタイム比較サービス

投稿日:

WebスタートアップのGogashaが格安SIMの通信速度を比較できるWebアプリ「SIMW」を公開しました。格安SIMの速度は、どこが速いのか頻繁に順位が変わります。そのため比較記事を参照するよりも実際に比較できるサービスは有効だと思われます。

スポンサーリンク

格安SIM速度比較「SIMW」のサービス内容

SIMWバナー

現在、「SIMW」は上位6社の通信速度をグラフで比較できる無料Webツールになっています。リアルタイムの速度だけではなく、過去1ヶ月や過去1カ年も選択することができ、長期的に見て安定しているSIMを探すという使い方もできます。

SIMW画面

格安SIMを実際に速度測定したデータ

実際の計測方法

現在は都内1ヶ所(新宿区)で、上位6ブランドの計測数となっています。今後はこのサービスをアプリ化する予定になっているとのこと。SIMWをアプリ化することによって、「日本全国」の「全てのブランド」の「大量のデータ」を元にサービスを拡大する予定です。

格安SIMの速度に対する不安

格安SIMをメイン回線にするにあたって、問題となってくるのが「実行速度」でしょう。FREETELが業界最速をうたい客観的な事実がないことで措置勧告が行われるなど、ユーザーにとっては好ましくない状況。総務省はガイドラインを作成する動きがあるものの未だ解決策はみられません。

そこに登場したこのサービスの意味は大きいでしょう。消費者が「こんなはずではなかった」と落胆する前に、実際の計測結果を知ることができます。これが普及期にある格安SIMにとって、知識が豊富でないユーザーにリーチするのかは不透明なものの、今後の展開次第では便利なサービスになりそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

data

格安SIMの契約数は一時期の勢いはないものの順調。携帯純増の半数を維持。

総務省は2016年12月末時点における「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データ」を公開しました。そのうちのMVNOサービス、いわゆる格安SIMの契約数は1485万でした。その公表データ …

Spotifyの画面

BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」を使ってみた。ちょっと待って、それ以前の問題!

私事ではありますが、長期に渡り固定回線のない環境になるため格安SIMを買い足すことに。Spotifyを一日中使う人間ですので、国内で唯一、Spotifyがカウントフリーになる「BIGLOBE SIM」 …

孫正義社長写真

日本のスマホが売れないのは総務省のせい?ソフトバンク孫正義の主張に疑問。

ソフトバンクグループの孫正義社長は5月10日、2017年3月期決算説明会にて、実質0円やキャッシュバック廃止など、総務省による一連の携帯値引き規制について、「日本のスマホメーカーは全滅してきている」と …

格安SIM検討ユーザーの大多数が「iPhoneを使いたい」!格安スマホとは?

MMD研究所は「格安SIM検討者の意識調査」の結果を発表しました。格安SIMを検討している男女1,072人(iPhoneユーザー551人、Androidユーザー521人)に対して調査をしたところ大多数 …

FREETEL「だれでもカケホーダイ」提供開始。他社SIMでも利用可能に。

格安SIM業界の革新的な存在FREETELが3月1日より「だれでもカケホーダイ」を提供開始しました。これは「FREETELでんわ」を拡大したもので、他社SIMでもかけ放題の電話料金を利用できるようにな …