激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Sim

スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

投稿日:

MM総研は「2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況」を発表。2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の総出荷台数およびその内訳について明らかにしました。携帯電話端末の総出荷台数は0.3%減と5年連続で減少しているものの、スマートフォンの出荷台数が初の3,000万台を突破しました。

スポンサーリンク

スマートフォン総出荷台数

これまでのスマートフォン総出荷台数の最高は2012年の2,972万台でしたが、2016年度は3,013万台となりました。2015年度と比べると3.3%増となっています。SIMロックフリースマートフォンの出荷台数は前年度比63.5%像の282万台となっており、この伸びが全体を押し上げた格好となっています。

総出荷台数シェア

携帯電話端末全体の出荷台数シェアはAppleが大差で1位となっており、1,587万台。5年連続の1位で、シェアは43.5%となっています。2位はソニーモバイルコミュニケーションズの457万台/シェア12.5%、3位はシャープの366万台/シェア10.0%となっています。

SIMフリースマートフォンの出荷台数

SIMフリーシェア

SIMフリースマートフォン出荷台数は総数が282万台となっています。そのシェアは1位がASUSの29.4%と3年連続の1位になっています。2位はHuaweiで16.1%、3位はプラスワン・マーケティングで10.8%となっています。

格安スマホの浸透

SIMロックフリー端末を選ぶということは、格安SIMを選択していると考えていいと思われます。そしてシェア上位をみると、格安スマホを販売しているメーカー。格安スマホを選択して月額料金を抑えるという流れが鮮明になってきました。今後も格安スマホの増加が予想されていて、スマホ全体の出荷台数は微増になるとみられています。

出典:MM総研

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「格安SIM」はどこが売れているの?ユーザー満足度は??

株式会社ICT総研は2017年MVNO格安SIMの市場動向をアンケート調査。その結果を発表しました。格安SIM利用者1,024人の回答結果を元に、各事業者の特徴を分析してみます。 スポンサーリンク 格 …

FREETELホームページ

FREETELの端末販売方法は「優良誤認」?問い合わせてみた結果

昨日、FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙という記事を掲載しました。内容としては、ホームページのどこにも10万円という記載がなく、契約を解除するときに残額を一 …

caution

格安SIM業界で始まった「端末縛り」目先の料金だけ見るとおトクに見えるが…?

FREETELが始めたスマートコミコミ+月額料金プラン。「VAIO Phone A」という最新機種が選択できる上に、10分かけ放題が無料、1年後に新しい端末に取り替えが無料と、お得感が満載ですが、大き …

iPhone料金

FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙!

FREETELはApple認定整備済みのiPhone6sを限定300台で販売し始めました。月額3,199円で10分電話かけ放題の「スマートコミコミ+」プランとなっています。しかし、ホームページには、い …

開幕

ソフトバンクのiPhoneで格安SIMが使える!?b-mobileから「開幕SIM」が登場。

今までの格安SIMはドコモ回線かau回線しかありませんでした。そのためSoftbankのiPhoneでは格安SIMの恩恵を受けることができません。しかし、今回初めてb-mobileが「開幕SIM」と題 …