スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

Sim

スマホ出荷台数が史上初の3,000万台突破。携帯電話の総出荷台数は減少も。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

MM総研は「2016年度通期国内携帯電話端末出荷概況」を発表。2016年度通期(2016年4月〜2017年3月)の総出荷台数およびその内訳について明らかにしました。携帯電話端末の総出荷台数は0.3%減と5年連続で減少しているものの、スマートフォンの出荷台数が初の3,000万台を突破しました。

スポンサーリンク

スマートフォン総出荷台数

これまでのスマートフォン総出荷台数の最高は2012年の2,972万台でしたが、2016年度は3,013万台となりました。2015年度と比べると3.3%増となっています。SIMロックフリースマートフォンの出荷台数は前年度比63.5%像の282万台となっており、この伸びが全体を押し上げた格好となっています。

総出荷台数シェア

携帯電話端末全体の出荷台数シェアはAppleが大差で1位となっており、1,587万台。5年連続の1位で、シェアは43.5%となっています。2位はソニーモバイルコミュニケーションズの457万台/シェア12.5%、3位はシャープの366万台/シェア10.0%となっています。

SIMフリースマートフォンの出荷台数

SIMフリーシェア

SIMフリースマートフォン出荷台数は総数が282万台となっています。そのシェアは1位がASUSの29.4%と3年連続の1位になっています。2位はHuaweiで16.1%、3位はプラスワン・マーケティングで10.8%となっています。

格安スマホの浸透

SIMロックフリー端末を選ぶということは、格安SIMを選択していると考えていいと思われます。そしてシェア上位をみると、格安スマホを販売しているメーカー。格安スマホを選択して月額料金を抑えるという流れが鮮明になってきました。今後も格安スマホの増加が予想されていて、スマホ全体の出荷台数は微増になるとみられています。

出典:MM総研

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Sim
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SIMWバナー

格安SIM・格安スマホの速度比較はこれで充分!リアルタイム比較サービス

WebスタートアップのGogashaが格安SIMの通信速度を比較できるWebアプリ「SIMW」を公開しました。格安SIMの速度は、どこが速いのか頻繁に順位が変わります。そのため比較記事を参照するよりも …

lunch

「スピードテストブースト」していると判断するのは勇み足?いや、むしろ逆であろうというお話。

ある大手メディアの記事でこのようなものがありました。「スピードテストブーストは可能なのか」結論として筆者が読み取ったのは「スピードテストブーストと判断するのは勇み足で、あくまでも参考とするべき」。筆者 …

大手キャリアロゴ

大手キャリア3社に総務省からプラン説明に関する行政指導!

総務省は携帯電話の料金プランについて、販売店での説明が不十分であるとして、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に対して行政指導を行うことになりました。内容は料金プランの説明や解約の仕組みについて …

b-mobile-sバナー

ソフトバンク版iPadがb-mobileで再利用できるかも?

大手キャリアの2台目割引などで、iPadを購入したユーザーは多いかもしれません。それが今、格安SIMを使うことで、キャリアのデータ用回線を解約しても安く利用できるようになる。それは、ドコモ版とau版だ …

campaign

大容量プランの契約は待った方が良い?エキサイトモバイルがキャンペーンを4月17日から開始。

格安SIMのエキサイトモバイルが新生活応援キャンペーンを4月17日〜5月31日まで予定しています。新規契約手数料が無料、一部端末が割引価格となります。また同時に20GB以上の大容量プランが値下げとなり …