激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

メール、SMS、着信履歴で架空請求。050番号とギフトカードに消費者庁が注意喚起。

投稿日:

050番号をご存知でしょうか。今はIP電話で使われています。最近増えているのが、電話料金が安くかけられるアプリ。IP電話を利用して安い通話料金を実現しています。この050番号を悪用した架空請求が増えていると消費者庁が注意喚起しています。

スポンサーリンク

架空請求の手口

caa
ユーザーの携帯電話やパソコンに「有料動画の未納が発生しております。」というメッセージやメールが送られてきます。そこに電話番号が記載されています。新しい手口として、050番号から「ワン切り」がされること。この電話にかけると未納の話に入っていきます。

電話番号にかけるとイマドキにありがちな「自動応答アナウンス」が流れる場合もあります。「詳細を知りたい方は1を押してください。」と、1を押すと架空請求の相手に繋がります。

「有料動画に接続した覚えがない」と反論しても「履歴が残っているので、携帯電話の誤作動かもしれませんが、支払いが帳消しになることはありません。」「当社としても法的措置を取らざるを得ません。」と脅迫されるとのこと。

最終的にはギフトカードの購入を迫られ、その番号を伝えることによって、架空請求が完了してしまいます。

誰がやっているのか

消費者庁の調べたところによると、「株式会社日本債権」「TSB債権回収」「CIC債権回収センター」と名乗っており、これが実在する債権回収会社とほぼ同一であるようです。インターネットで調べると、実在するようにみえてしまいます。実際に、支払ってしまったユーザーがこれらの会社に確認したところでこの架空請求が発覚しました。

しかし、050番号は誰のものか不明です。050番号はいくつもの転送サービスを経由しており、追跡が困難になっています。そのため警察などの介入にはいたっていません。消費者庁では「知らない番号には電話しないこと」「ギフトカードで債権の回収はしていないこと」を注意喚起しています。

参考URL:消費者庁(PDF)

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneIO

360°動画・画像を撮影して、シェアやライブ中継もできる「Giroptic iO」

360度撮影できるアクションカメラ製品は多く発売されていますが、この「Giroptic iO」はLightning端子を持ったスマートフォンに装着して撮影、そのままシェアしたりライブ中継も可能になるカ …

AIとARの融合「Google Lens」が発表。カメラに映ったものをその場で教えてくれる!

Googleの開発者向けイベント「Google I/O」でAIを活用したAR検索機能「Google Lens」が発表されました。カメラで映したものを認識し、それが何かを教えてくれたり、その情報を教えて …

goto

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所 …

reVIVEの使用中画像

VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

Disrupt NY 2017において高校2年生3人からなるチームで作られた「reVIVE」。ADHD(注意欠陥・多動性障害)をVRで診断するシステムです。通常6〜9ヶ月かかる診断を簡単にする方法を見 …

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確 …