360°動画・画像を撮影して、シェアやライブ中継もできる「Giroptic iO」

Technology

360°動画・画像を撮影して、シェアやライブ中継もできる「Giroptic iO」

投稿日:2017年3月21日 更新日: コメント (0)


360度撮影できるアクションカメラ製品は多く発売されていますが、この「Giroptic iO」はLightning端子を持ったスマートフォンに装着して撮影、そのままシェアしたりライブ中継も可能になるカメラです。

スポンサーリンク

まずは360度撮影された画像を

360image

出典:Giropric

画像をクリックしてみてください。「グリグリと動く」画像が表示されます。スクロールボタンで拡大・縮小もできます。もし自分のブログでシェアしたければ、iFrameタグで埋め込むこともできます。

Giroptic iOの使い方

io

出典:GIGAZINE

レンズは視野角195度という超広角度のものを2個搭載しています。2つのセンサーで捉えた画像を合成して1枚の360度画像に変換するという仕組みです。lightning端子があり、スマートフォンに刺して使います。充電用にmicro-USB端子がついています。
iPhoneIO

出典:GIGAZINE

このようにしてアプリで撮影します。iPhoneの場合、下にあるlightning端子に装着するため、逆さまで撮影することになります。
planetimage

出典:Giropric

再生時、目の形のボタンで視点を切り替え、「プラネットビュー」にもできます。

気軽に360度撮影のできるガジェット

アクションカムのような専用カメラだと、「よし、今日は360度撮影しよう」と機器の用意をすることになるでしょう。その点、Giroptic iOはカバンに入れておいて、いい景色に出会った時すぐに360度撮影することができます。

360度のライブ配信もおもしろそうです。海外に旅行へ行って、友人へ観光地を360度で中継する。準備が簡単という理由で、そんな使い方もできるのではないでしょうか。

参考URL:GIGAZINE

-Technology -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加