現行リチウムイオンバッテリーを代替できる「ニッケル3D亜鉛充電池」が実用化レベルに。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

現行リチウムイオンバッテリーを代替できる「ニッケル3D亜鉛充電池」が実用化レベルに。

投稿日:

現在、ほとんどのモバイル製品に使われているリチウムイオンバッテリー。しかし、このバッテリーは空気に触れると爆発するという危険なバッテリーでもあります。その危険性を回避し、同等の性能を発揮できるという「ニッケル3D亜鉛電池」が登場しました。

スポンサーリンク

ニッケル3D亜鉛電池

亜鉛電池は既にボタン電池や乾電池で利用されているメジャーな電池です。安全性に優れていて、電池としての性能も高く、安価で入手しやすい。しかし、充電すると「デンドライト」結晶が発生し、正極と負極のセパレーターを突き破ってショートするという問題を抱えていました。

デンドラント発生のメカニズム

出典:日本触媒公式ページ

今回の「ニッケル3D亜鉛電池」はこの負極側の亜鉛を「解放セルスポンジ」と呼ばれる3D形状にすることで、デンドラントの発生を抑制します。スポンジ形状となっているため、板状に配置した場合と変わらず、電流は継続的に通電します。

3Dマイクロスポンジ

この電池はサンフランシスコの「EnZinc」社とアメリカ海軍研究所が共同で開発し、EnZinc社は2019年後半に販売を開始する予定になっています。

日本企業の取り組み

ニッケル亜鉛電池は日本の企業も取り組んでいます。例えば、日本触媒は「イオンは通すがデンドライトは通さない」フィルムを開発しました。3D電池とのアプローチは異なりますが、この方法では現在ある製造ラインに大きな変更を加えることなく導入ができるというメリットがあります。

新しいバッテリーへの期待

この電池が現行のリチウムイオンバッテリーを全て置き換えるかとなると、そういう話ではなさそうです。まず、先ほどのフィットネスバンドのように、より安全性の求められる製品への代替策として導入されていくでしょう。VRデバイスなどの顔に近い部分で爆発が起きると大変な事態になります。

また、ニッケル亜鉛電池は軽いという性質を持っています。技術革新が進みリチウムイオンバッテリーと置き換えられるようになれば、電気自動車に搭載することも視野に入っています。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Electified Xの外観

電動アシストに見えないロードバイク「Electrified X」が、盗難対策まですごい!

斬新なデザインで注目を浴びているオランダの自転車ブランドVanMoofが日本向けにカスタマイズされた電動アシストロードバイク「Electrified X」を発表しました。洗練されたデザインも素晴らしい …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …

加熱テスト結果

iPhoneは直射日光にさらされると…溶ける!?

iPhoneなどのスマートフォンには温度が異常に上昇するとシャットダウンされる機能がついています。プロセッサやバッテリーの故障を防ぐためです。通常、使用しているとシャットダウンで済みますが、直射日光に …

eSight Glass

盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

カナダ・セルカークにベニーというひとりの少年がいました。先天性黒内症と呼ばれる非常に珍しい病気で、シルエット以外のものは見えません。しかし彼は「eSight Glass」というプロダクトで初めて家族の …

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …