iPhoneを枕元で充電していて感電!?奇跡的に助かった男性の話…

Technology

iPhoneを枕元で充電していて感電!?奇跡的に助かった男性の話…

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

3月22日、アメリカに住むワイリー・デイさんがiPhoneを枕元で充電しながら眠っていました。そういう人は多いと思います。次の日の朝、ワイリーさんが起き上がろうとした時、事故が起こりました。ワイリーさんが感電してしまったのです。病院に搬送され奇跡的に助かりましたが、一体何が起こったのでしょう。

スポンサーリンク

感電が起きた原因

一晩中、充電したままにしておいたiPhoneですが、その充電器は延長コードに繋がっていました。ワイリーさんが起き上がろうとした時、彼の身につけていたドッグタグ(金属製で名前の掘られたネックレス)が、その延長コードの上にかかったのです。
wilry1

出典:Washingtonpost

その時のことをワイリーさんはこう語ります。

体験したことのないくらい、一番暗い、もっとも暗くて悪魔的な体験だった。
それを表現する言葉が思いつかない。
ベッドから地面へ叩きつけられた。
首の周りにとても大きな圧力を感じた。
その瞬間、何も感じなくなった。

感電の原因は延長コードに充電器がしっかりと刺さっていなかったからでした。

奇跡的な生還

wilry2出典:Washingtonpost

目の視力は消え始めて、まるでのぞき穴を見ようとしているようだった。
全てが黒と灰色の世界だった。

一緒に住んでいた姪が部屋に駆け込むまで、ワイリーさんは動くことができませんでした。姪が叫んだところで、ワイリーさんは起き上がり、自分が感電したことを認識したそうです。周りは煙が立ち込めていました。着ていたシャツには燃えたのであろう小さな穴がいくつも開いていました。

そして金属の鎖は彼の皮膚に焼き付いていました。

担当した医師によると、彼には約110Vの電気が流れていただろうと推測できるようです。人間は100Vの電気が流れると死に至るそうで、彼は本当に幸運だったとのこと。奇跡的に助かったのです。

このような事故は多く発生している

調査会社によると、アメリカでは年間に感電で4,400人が怪我をし、400人が感電死しています。その多くは職場で発生していますが、家庭内でも電気機器を扱う際には注意が必要とのこと。日本の電圧は100Vですので、目立った感電事故は起きにくいですが、今回の延長コードのように枕元に置かないなど、注意が必要でしょう。

参考URL:Washingtonpost

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「VR酔い」をしにくい移動方法をGoogleが研究中。その方法を紹介。

目の前が「VR(仮想現実)」でおおわれている状態で、コントローラーなどの移動を行うと、視覚から入ってくる情報と身体感覚の情報がズレて「VR酔い」が発生することがあります。そんなVR酔いをしないような方 …

サムソンのスマートフォン

背面をガラスにしてでも、ワイヤレス充電は必要?

アメリカのニュースサイトで興味深いアンケートをとっていました。直訳すると「ワイヤレス充電がなくなったとしても、背面ガラスを取り除きたいですか?」。つまり、ワイヤレス充電なしにしてでも、背面のガラスはや …

Desktopographyの操作画面

iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

今年はiPhoneがリリースされてから10年目の年です。手のひらにスーパーコンピューターほどの性能を持ったスマートフォンがある現在。しかし、次の10年はどうでしょうか。自らスマートと名乗るこの板が残っ …

spec

iPhone7 PlusとGalaxy S8、他Android3機種でスピードテスト。iPhoneって実は速い!?

「Galaxy S8」「iPhone7 Plus」「LG P6」「Pixel」「OnePlus 3T」を並べた、スピードテストの動画がアップされました。動画を公開しているのはYoutuberのEvey …

空間認識

日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

VRとドローンを組み合わせて、まるでドローンに搭乗したかのような操作ができます。もしかしたら、広い場所でこのような楽しみ方をしているユーザーを見たことがあるかもしれません。しかし、この方法、日本では航 …