ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

投稿日:

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる技術の特許出願がされていました。

スポンサーリンク

NFC技術の拡張して給電する

smart-smart

出典:GIZMODO

NFC(Near Field Communication)は、数センチ程度の短い無線通信が特徴で、スマートフォンなどの小型端末にNFCチップを搭載すれば、他のNFC対応機器と近づけて通信する機能を持たせることができます。

一方で、搭載している機種がみられるようになった「Qi(チー)」とは、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向けのワイヤレス給電規格です。

このどちらにも共通するのは「電波」を使っているということ。つまり、NFCの無線電波を拡張してワイヤレス給電するのが、今回の特許になります。

実現した際のメリット

誰でも思ったことがあるのではないでしょうか。「バッテリーが少なくなってきたから、友達のバッテリーを分けて欲しい」。そんなニーズが現実のものになります。

しかし、実現するまでのハードルは低く無いでしょう。現在のNFCは短い距離を対象としていますので、消費電力は小さいものになっています。一方のワイヤレス給電は伝送ロスが多く、より多くの電力を必要とします。現在の技術レベルでの実現は難しいと思われます。

これからの技術向上に期待

ワイヤレス給電の需要は結構高いのではないでしょうか。Qi搭載機種が増えていることからもうかがえます。長時間バッテリーへの要望が多く、バッテリーどんどんと技術革新がされてきたと同様に、要望の多い技術は積極的な研究が期待できます。ワイヤレス給電の技術で何らかのブレイクスルーがあれば、この特許を活かすことができるでしょう。

参考URL:GIZMODO

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Googleマップ

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか …

kisslink

システムを利用した大量転売??新たな転売ビジネルにつながるクラウドファンディングの危険性。

ある大手メディアを閲覧していたところ便利そうな製品がクラウドファンディング中であることを知りました。どんな製品なのか詳細を調べてみると、少々おかしな点があるのです。製品としては既に海外で売っているもの …

本体画像

本日発売開始!VR用グローブ「VRgluv」の未来感が圧倒的すぎて怖くなるレベル。

先日発表されたVR用グローブ「VRgluv」がKickstarterでプレオーダーを開始しました。見た目からかなりの未来感。VRの世界でものを掴んだり、握りつぶしたり、手の動きにフィードバックがあるグ …

LINK

実はあまりVRが売れていない日本…動き回れるモバイルVR端末「LINK」は受け入れられるか?

HTC NIPPONは新たなVR端末「LINK」を発表しました。VR空間内を動けるVRヘッドセットになっていますが、スマートフォンでこれを実現するため注目が集まっています。しかし、日本ではこのようなV …

Windows MRヘッドセットが399ドル!しかし、外見はVRゴーグルなのにMR??

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています …