激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

投稿日:

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる技術の特許出願がされていました。

スポンサーリンク

NFC技術の拡張して給電する

smart-smart

出典:GIZMODO

NFC(Near Field Communication)は、数センチ程度の短い無線通信が特徴で、スマートフォンなどの小型端末にNFCチップを搭載すれば、他のNFC対応機器と近づけて通信する機能を持たせることができます。

一方で、搭載している機種がみられるようになった「Qi(チー)」とは、携帯電話やスマートフォンを対象とした15W以下の低電力向けのワイヤレス給電規格です。

このどちらにも共通するのは「電波」を使っているということ。つまり、NFCの無線電波を拡張してワイヤレス給電するのが、今回の特許になります。

実現した際のメリット

誰でも思ったことがあるのではないでしょうか。「バッテリーが少なくなってきたから、友達のバッテリーを分けて欲しい」。そんなニーズが現実のものになります。

しかし、実現するまでのハードルは低く無いでしょう。現在のNFCは短い距離を対象としていますので、消費電力は小さいものになっています。一方のワイヤレス給電は伝送ロスが多く、より多くの電力を必要とします。現在の技術レベルでの実現は難しいと思われます。

これからの技術向上に期待

ワイヤレス給電の需要は結構高いのではないでしょうか。Qi搭載機種が増えていることからもうかがえます。長時間バッテリーへの要望が多く、バッテリーどんどんと技術革新がされてきたと同様に、要望の多い技術は積極的な研究が期待できます。ワイヤレス給電の技術で何らかのブレイクスルーがあれば、この特許を活かすことができるでしょう。

参考URL:GIZMODO

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows MRヘッドセットが399ドル!しかし、外見はVRゴーグルなのにMR??

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています …

AIとARの融合「Google Lens」が発表。カメラに映ったものをその場で教えてくれる!

Googleの開発者向けイベント「Google I/O」でAIを活用したAR検索機能「Google Lens」が発表されました。カメラで映したものを認識し、それが何かを教えてくれたり、その情報を教えて …

SenSprout

IoT農業用センサー「SenSprout」。家庭用をクラウドファンディングで成功させ、プロ用のサービスをリリース。

SenSproutは農業の分野にIoTを導入し、クラウドサービスから勘や経験に頼らない農業のソリューションを提供しようというスタートアップ企業。土壌センサー「SenSprout」をクラウドファンディン …

wilry1

iPhoneを枕元で充電していて感電!?奇跡的に助かった男性の話…

3月22日、アメリカに住むワイリー・デイさんがiPhoneを枕元で充電しながら眠っていました。そういう人は多いと思います。次の日の朝、ワイリーさんが起き上がろうとした時、事故が起こりました。ワイリーさ …

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …