盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

盲目の少年が初めて家族の姿を見た時「僕には大きな鼻があるよ!」

投稿日:

カナダ・セルカークにベニーというひとりの少年がいました。先天性黒内症と呼ばれる非常に珍しい病気で、シルエット以外のものは見えません。しかし彼は「eSight Glass」というプロダクトで初めて家族の姿を見ることができました。

スポンサーリンク

eSight Glass

eSight Glass
eSight Glass」はハイスピードで高詳細なカメラを持ち、増強された映像をで両目に映すことができます。ユーザーは今までに見たことのないようなクリアで遅延のないフルカラーの目を持てるようになります。

様々な弱視に対応できるようeSight Glassのアルゴリズムはカスタマイズできるようになっています。また盲目の人でも使えるよう、バーチャルな白杖機能やテキスト読み上げの機能も備えていて、今までのレガシーな、物理的な方法でのサポートを全て置き換えるよう考えられたゴーグルです。

初めて見る家族の姿

しかし、「eSight Glass」は1万5,000ドル(約165万円)と非常に高価です。ベニー君の家族はこれを数ヶ月かけて募金を集め、eSight Glassを開発しているトロントの会社を訪れました。そしてベニー君に合わせたカスタマイズが行われます。

ベニー君の母親、ジェナさんはその時のことをこう語ります。

彼がメガネをかけたとき、第一声は「うわー」というものでした。それを聞いて「見る」ことができたのだとわかりました。

ベニー君は大きなカメラを顔につけていて、ちゃんと見えていることを自ら説明しました。
ジェナさんが涙ぐんでいると、ベニー君はこう声をかけます。

ぼくには大きな鼻があるよ!

それを聞いたジェナさんは笑います。開発チームのメンバーは「鼻はみんなあるわよ」と。その場の雰囲気は楽しいものに変わりました。これは米CBCのニュースにもなり、広く知られることになります。

障害者とテクノロジー

Mobagateではこれまでにもいくつか、障害者の問題を解決するテクノロジーを紹介してきました。AIなどを使ったテキスト翻訳や、誤差数センチの精度でナビゲーションをする研究パーキンソン病の手の震えを改善するデバイスなどです。

これからもこのような製品の開発は進んでいくでしょう。テクノロジーが障害者の生活を改善する。そんなバリアフリーは歓迎すべき未来ですし、テクノロジーの進化でもっと安価に実現されることを願います。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

X Glass

「Google Glass」が復活!?2年の沈黙に何があったのか。

Google Glassが発表されたのは2012年のこと。当時は大きな話題となり、プライバシーの問題が心配されるほどの注目を浴びましたが、一般に発売されることはなくExplorerプログラムの終了が2 …

flipflap

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はI …

japan

世界のネット接続、AndroidがWindowsを抜きトップに。日本はどうなってる?

StatCounterは2017年4月時点でのインターネット接続に使われるOSの調査結果を発表しました。Googleの「Android」が初めてMicrosoftの「Windows」を抜き、トップにな …

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …