電動アシストに見えないロードバイク「Electrified X」が、盗難対策まですごい!

Technology

電動アシストに見えないロードバイク「Electrified X」が、盗難対策まですごい!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

斬新なデザインで注目を浴びているオランダの自転車ブランドVanMoofが日本向けにカスタマイズされた電動アシストロードバイク「Electrified X」を発表しました。洗練されたデザインも素晴らしいのですが、その盗難対策が驚くべき方法で解決されています。

スポンサーリンク

電動アシストに見えないロードバイク

Electified Xの外観

これが「Electrified X」電動アシスト自転車にあるバッテリーケースが見当たりません。しかも片手で持ち上げられるほど軽量に仕上げられています。補助走行はフルパワーで60km、エコノミー走行で120kmとなっています。

タッチボタン

水平に伸びるフレームの上部にはタッチディスプレイがついています。ここで電動アシストのパワー調整ができます。しかもこのタッチディスプレイで施錠をすることが出来ます。スマートフォンと連動して本人確認をしているとのこと。専用のアプリを使えばどこに駐輪したかもわかります。

驚くべき盗難対策

このロードバイクには3G通信モジュールが内蔵されています。もし盗難にあった場合は「バイクハンターズ」という力強い名前のチームが搜索にあたってくれる頼もしさ。もし2週間経っても発見できなかった場合、無料で新車を提供する「ピース・オブ・マインド」サービスがついています。

「Electrified X」の価格は37万円。公式オンラインショップ予約では先着500名に12万円割引の「スーパー早割」が用意されています。予約受付は5月23日より、出荷は2017年10月の予定です。

セキュリティにかかるお金

このロードバイク、価格としては高い部類に入ります。しかし、この価格帯のロードバイクは非常に盗まれやすく、その盗難対策には最新の注意が必要です。その点をボタン一つで施錠、盗難にあった場合も搜索してくれるとなると、検討に値するのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

goto

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所 …

脳波インターフェイス

脳で考えるだけで操作できるAR/VR向けインターフェイス登場!

電脳化の時代が…!?これまでAR/VRの世界では、モーションキャプチャや視線トラッキング、自然言語処理などのインターフェイスが開発されてきましたが、とうとう操作を脳波で行うデバイスが登場しました。 1 …

L16

16個のレンズがあるコンパクトデジカメ「L16」

以前の記事で「デュアルカメラの機能がデジカメにも欲しい」と書いたことがありますが、それを超えるコンパクトデジカメが登場しました。それは「L16」。なんと16個のレンズが搭載され、一眼レフ並みの写真を取 …

仮想火星探査の様子

Vision VR/AR Summit 2017の受賞作が発表される。特にNASAの受賞作がすごい!

2017年のVision Summit 2017が発表され、「Best Of」アワードが発表されました。それはそれぞれの分野、ゲームや映画、エンターティメントなどのベストが発表されていますが、その中で …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …