米国でセンサー内蔵の飲み薬が認可される!服薬管理が楽に!

Technology

米国でセンサー内蔵の飲み薬が認可される!服薬管理が楽に!

投稿日: コメント (0)


飲み薬バナー

Image: Makistock/Shutterstock

米国食品医薬品局(FDA)はセンサーを内蔵したカプセルの飲み薬を認可しました。患者が薬を飲むとセンサーが反応し、データが送信されます。そのデータを患者のスマートフォンなどで受け取り、服薬の管理ができるというものです。

スポンサーリンク

「エビリファイ マイサイト」

その薬は、大塚製薬がプロテウス社の技術を用いて開発した「エビリファイ マイサイト」。仕組みはこうです。まず、患者が薬を飲むと、胃の中でカプセルが溶けます。そしてセンサーが胃酸に接すると、微小なシグナルが発信されます。それを体に貼ったパッチが受け取り、服薬の日時を記録します。

センサーは銅やマグネシウム、シリコンなどの体に害のない成分で、体内で消化・吸収されることなく体外へ排出されます。データが記録されたパッチには「マイサイト アプリ」で接続し、服薬状況を確認することができます。そして患者が同意すれば、医師にも情報が共有されることになります。

服薬の管理が楽になる!

このエビリファイという薬は、統合失調症や双極性Ⅰ型の障害、うつ病の補助治療などに使われます。この薬は飲み続けることで症状が安定するため、飲み忘れは防ぎたいところでしょう。今日は薬を飲んだか、わからなくなることはよくあります。その管理ができるようになります。

ただ初めて認可された薬が「向精神薬」であることに賛否両論があります。ある日本のニュースサイトでは「統合失調症の患者が『監視されている』という妄想を抱いてしまうのではないか」と憶測していますが、全く当てはまらない偏見でしょう。医師は無能ではありませんし、代替の薬もあります。

それよりも重要なことはメリットです。飲み忘れたことによって「妄想」の症状が発生してしまうことはあり得ます。それくらい重要な服薬管理の負担が減ることは患者にとって歓迎すべきことではないでしょうか。賛否があることは良いことです。プライバシーの問題も関わってきます。

一般的になる可能性は?

今回が初めての承認ということで、今後は患者のフィードバックを得ながら、その効果を検証していくことになります。データは患者の承認をもって医師や家族、ヘルパーなどに共有されます。それは外部での利用にもつながる可能性がありますので、プライバシーについては慎重に扱われるべきです。

もし、患者自身だけのことを考えるのであれば、一般的になることは歓迎できるでしょう。他の薬でも継続的に飲む必要がある薬はたくさんあります。例えば、乳がんの術後に処方される、ある薬は「5年間」毎日飲まないといけません。この負担が軽くなると考えると、いかがでしょう。メリットは大きいと感じられるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

FLOW

ウェラブルデバイスでうつ病改善!新たな治療に期待!

現代では社会人のうつ病は非常に大きな問題になっています。特にIT関係の仕事に従事している社会人に多くみられる印象を受けます。そこへウェラブルデバイスを用いた治療をする製品が、リリース間近となっています …

data2

中学生の過半数、高校生の9割がスマホ。保護者の考えとのギャップが明らかに。

明光ネットワークジャパンは「明光義塾」で保護者へ子供のスマートフォン所持について調査を実施しました。593名からの有効回答で、スマートフォン所持の実態を報告しています。その結果、保護者の考えと実際に持 …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …

Emmaの外観

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震 …

ヘッドセット外観

HPのWindows MRゴーグルが発売開始!コントローラー付!

日本HPは10月17日、「WIndows Mixed Reality」対応のヘッドセットを発売開始しました。コントーラー付きで、59,800円(税抜)。公式オンラインストアで購入できます。 Windo …