AIとARの融合「Google Lens」が発表。カメラに映ったものをその場で教えてくれる!

Technology

AIとARの融合「Google Lens」が発表。カメラに映ったものをその場で教えてくれる!

投稿日: コメント (0)


Googleの開発者向けイベント「Google I/O」でAIを活用したAR検索機能「Google Lens」が発表されました。カメラで映したものを認識し、それが何かを教えてくれたり、その情報を教えてくれたり、AIが適切な情報を検索して表示してくれます。

スポンサーリンク

驚異的なビジュアル検索

このGIF画像を再生していただければ、何が起きるのかわかるでしょう。道にあるお店を映すとその店の情報を教えてくれます。カメラに映ったものをリアルタイムに検索し情報を提供してくれる。例えば花を映すと何という植物か教えてくれたり、Wi-Fi設定の紙を映せばWi-Fiの設定までしてくれます。

「Google Lens」は、このシステムを実現するためGoogleフォトで培ったAIによる画像認識と、音声認識AIを発展させています。Googleのサンダー・ピチャイCEOは「機械学習とAIの世界を進化させるためにデータセンターを再設計した」とのこと。

いつリリースされるのか

Google I/Oではこの「Google Lens」がいつ一般公開されるのか、明らかにされませんでした。しかし「すぐに」手に入るようになるとアナウンスされました。似たようなもので映った文字を翻訳してくれる「Google翻訳」が話題になり、一時期ユーザーの間で大喜利大会が行われましたが、これもお祭り騒ぎになりそうです。

AIとARの発展的な融合

筆者がカメラを趣味にしていた頃、道端に咲いている花を撮るのですが、何という花なのか検索したいと思うことがよくありました。しかし、その頃の画像検索ではできません。それが実現することになります。

新しいカフェを見つけた時には中の雰囲気がわからず、入りにくいことがあったり、料理にしてもどの程度の金額かわからなかったりします。それもこの機能で解決されるかと思うと本当にすごい時代がやってきたものだと感心してしまいます。

-Technology -, ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加