激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

AIとARの融合「Google Lens」が発表。カメラに映ったものをその場で教えてくれる!

投稿日:

Googleの開発者向けイベント「Google I/O」でAIを活用したAR検索機能「Google Lens」が発表されました。カメラで映したものを認識し、それが何かを教えてくれたり、その情報を教えてくれたり、AIが適切な情報を検索して表示してくれます。

スポンサーリンク

驚異的なビジュアル検索

このGIF画像を再生していただければ、何が起きるのかわかるでしょう。道にあるお店を映すとその店の情報を教えてくれます。カメラに映ったものをリアルタイムに検索し情報を提供してくれる。例えば花を映すと何という植物か教えてくれたり、Wi-Fi設定の紙を映せばWi-Fiの設定までしてくれます。

「Google Lens」は、このシステムを実現するためGoogleフォトで培ったAIによる画像認識と、音声認識AIを発展させています。Googleのサンダー・ピチャイCEOは「機械学習とAIの世界を進化させるためにデータセンターを再設計した」とのこと。

いつリリースされるのか

Google I/Oではこの「Google Lens」がいつ一般公開されるのか、明らかにされませんでした。しかし「すぐに」手に入るようになるとアナウンスされました。似たようなもので映った文字を翻訳してくれる「Google翻訳」が話題になり、一時期ユーザーの間で大喜利大会が行われましたが、これもお祭り騒ぎになりそうです。

AIとARの発展的な融合

筆者がカメラを趣味にしていた頃、道端に咲いている花を撮るのですが、何という花なのか検索したいと思うことがよくありました。しかし、その頃の画像検索ではできません。それが実現することになります。

新しいカフェを見つけた時には中の雰囲気がわからず、入りにくいことがあったり、料理にしてもどの程度の金額かわからなかったりします。それもこの機能で解決されるかと思うと本当にすごい時代がやってきたものだと感心してしまいます。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

kisslink

システムを利用した大量転売??新たな転売ビジネルにつながるクラウドファンディングの危険性。

ある大手メディアを閲覧していたところ便利そうな製品がクラウドファンディング中であることを知りました。どんな製品なのか詳細を調べてみると、少々おかしな点があるのです。製品としては既に海外で売っているもの …

「VR酔い」をしにくい移動方法をGoogleが研究中。その方法を紹介。

目の前が「VR(仮想現実)」でおおわれている状態で、コントローラーなどの移動を行うと、視覚から入ってくる情報と身体感覚の情報がズレて「VR酔い」が発生することがあります。そんなVR酔いをしないような方 …

PI

スマートフォンをノートPCにする「Mirabook」。発想としては新しくないが、その特徴は?

スマートフォンをノートPCとして使いたい。そう思うユーザーは多いでしょう。この「Mirabook」もそのような製品です。INDIEGOGOで出資を募集していて、140%の資金を獲得。製品化されることは …

starbucks

Starbucksがモバイルオーダーのテストを本社内でテスト中。日本への展開は?

日本でも既に提供されているスターバックスの公式アプリ。しかし、このアプリの目的は「モバイルオーダー&ペイ」を実現するためのものでした。2016年内にはモバイルオーダーの開始が予定されていましたが、まだ …

SenSprout

IoT農業用センサー「SenSprout」。家庭用をクラウドファンディングで成功させ、プロ用のサービスをリリース。

SenSproutは農業の分野にIoTを導入し、クラウドサービスから勘や経験に頼らない農業のソリューションを提供しようというスタートアップ企業。土壌センサー「SenSprout」をクラウドファンディン …