Googleマップゲーム

Googleマップデータ提供開始!次のPokemon Goへ!

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

Nianticが提供している「Ingress」と「Pokemon Go」は、元親会社のGoogleから大量のマップデータの提供を受けています。現実の地図とゲームのマッピングが重要な要素となり、ゲームは成功を収めています。今回、Googleはこのマップデータの提供開始を発表しました。

Googleマップデータの提供

Googleマップゲーム

Googleが提供を開始した新しいGoogleマップAPIは、IngressやPokemon Goのようにゲーム内で地図を使えるように設計されました。それがどのような体験をユーザーに与えるのか、想像が難しいところですが、Googleは30秒のプロモーションムービーでわかりやすく説明しています。

つまり、実際の地図データとゲームの世界を重ね合わせることによって、AR(拡張現実)を使ったゲームの開発などができるようになります。ムービーにあったように、実際の地図をファンタジーの世界やメルヘンな世界として拡張できるようになります。

スポンサーリンク

Googleマップデータの重要性

Googleは新しいゲーム用のMapプラットフォームが3つの主要な部分で構成されていると説明しています。

最初に、そして最もわかりやすいことは、開発車はリアルタイムのGoogleマップデータにアクセスできるということです。次に、このマッピングデータをゲームへ組み込むために、世界で最も人気のあるゲーム開発ソフトウェア「Unity」用の開発キットをリリースします。

最後に、Googleの新しいプラットフォームを利用すれば、実際の「場所」でゲーム体験を作成できます。

Google以外の企業では、この正確で詳細な地図データは提供できません。そのデータがリアルタイムで利用できるようになる。これはPokemo Goのようなゲームを作りたい企業にとって、現状で最も重要かつ唯一の方法となります。

AppleのARKitもゲーム開発を加速させる

Pokemon Goはその斬新なゲーム体験によって社会現象と呼べるほどの成功となりました。そして今、Pokemon GoはAppleのARKitを使って改良され、Apple自身によってARゲームの代表として紹介されています。GoogleマップとAppleのARKit。これが今年、どれほどの驚きを与えてくれるか楽しみに待ちましょう。

参考URL:iMore

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー