GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

Technology

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

投稿日: コメント (0)


GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所を言えば、そこへ仮想的に連れて行ってくれるWebアプリになっています。

スポンサーリンク

「Speak to Go」の使い方

ちゃんと使うには、Chromeブラウザーでマイクをonにして、「Speak to Go」サイトへアクセスします。そこではこのサイトでの体験が動画で紹介されています。


面倒だった筆者はiPhoneのSafariブラウザーでアクセス。音声は使えませんが、それでも楽しめました。まずは「GO TO EXPERIMRNT」をタップ、実はヘッドセットも持っていないので、「Tri it without a headset」をタップ。

goto

すると、「画面をタッチすればランダムで旅行できるよ」と表示されるので、タッチ。

randam
さて、どこへ連れて行ってもらえるのか、ちょっとワクワクします。

カッパドキアとカンボジアへ行ってきた、、気分!

最初に連れて行ってもらったのはカッパドキア。スマホを持ってぐるりと見渡すと画面が連動して動くので、絶景を記念撮影。

Cappadocia

一旦、画面を閉じてまたランダムな旅へ。今度はカンボジアの遺跡へ連れて行ってくれました。ここでも寺院を記念撮影。

Cambodia

これは言わば、Googleストリートの拡張版なのですが、なんだか楽しい体験です。VRも使っていないのに……。これはGoogle Boardなどの簡易なVRゴーグルに対応しているので、試してみる価値はありそうです。

Googleは積極的にVRの体験をしてもらおうと、他にも色々なWebアプリケーションを用意しています。Choromeブラウザさえインストールしておけば、アプリを購入する必要はありません。気軽に体験できるVRの世界。一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

本体画像

本日発売開始!VR用グローブ「VRgluv」の未来感が圧倒的すぎて怖くなるレベル。

先日発表されたVR用グローブ「VRgluv」がKickstarterでプレオーダーを開始しました。見た目からかなりの未来感。VRの世界でものを掴んだり、握りつぶしたり、手の動きにフィードバックがあるグ …

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …

touch

ChromeやSafariなどのモバイルブラウザで深刻な脆弱性が発覚。現在、対策ができない状況。

主要なモバイルブラウザ(インターネットを閲覧するアプリ)について、深刻な脆弱性が発見されました。それは70%程度の精度でパスコードが抜き取られてしまうもの。しかし、現状では、どのブラウザもこの脆弱性に …

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

ヘッドセット外観

HPのWindows MRゴーグルが発売開始!コントローラー付!

日本HPは10月17日、「WIndows Mixed Reality」対応のヘッドセットを発売開始しました。コントーラー付きで、59,800円(税抜)。公式オンラインストアで購入できます。 Windo …