iPhoneは直射日光にさらされると…溶ける!?

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

iPhoneは直射日光にさらされると…溶ける!?

投稿日:

iPhoneなどのスマートフォンには温度が異常に上昇するとシャットダウンされる機能がついています。プロセッサやバッテリーの故障を防ぐためです。通常、使用しているとシャットダウンで済みますが、直射日光に1時間さらされてiPhoneが「溶けてしまった」事例があります。

スポンサーリンク

それはランチの間に

イギリスのコーンウォールでのことです。ある女性が散歩に出かけました。そして、レストランのテラスでランチをとることに。カバンを椅子におき、その上に自分のiPhoneをのせておきました。そして1時間ほどして食べ終わったあと、自分のiPhoneをみると動かなくなっていたのです。

彼女はウェイドブリッジでiPhoneを修理しているデイブさんのところへ修理を依頼。デイブさんがiPhoneを分解してみると、スクリーンコネクタやカメラが溶けていることがわかりました。これがその時の画像です。

溶けたiPhone

デイブさんは「これほどのダメージはみたことがない。はっきり言って完全に壊れていた。」と語っています。

直射日光でどの程度熱くなるのか

コーンウォール・ライブ社の記者が、昼間の屋外にiPhoneを置いてみるテストをしてみました。するとわずか15分ほどで、高熱のアラートが表示されiPhoneはシャットダウンされました。

加熱テスト結果

日本でも起きるのか

コーンウォールはイギリスのしかも北の地域ですので、夏の最高気温が20℃程度。日本に比べるとかなり涼しい地域です。そこでさえ、直射日光であればiPhoneが「溶けて」しまうのです。日本でももちろんあり得るでしょう。

機種に関わらず、これからの時期に屋外へスマートフォンを持ち出す際には、カバンの中や最低でもポケットの中に入れておくべきだと言えそうです。

参考URL:cornwalllive.com

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「VR酔い」をしにくい移動方法をGoogleが研究中。その方法を紹介。

目の前が「VR(仮想現実)」でおおわれている状態で、コントローラーなどの移動を行うと、視覚から入ってくる情報と身体感覚の情報がズレて「VR酔い」が発生することがあります。そんなVR酔いをしないような方 …

有機ELパネル

次期iPhoneに搭載されるという有機ELディスプレイ。このことで世界から注目される日本企業とは?

多くのメディアで、次期iPhoneの噂が報道され注目が高まっています。次期iPhoneには有機ELディスプレイが搭載され、サムソンへそのほとんどが発注されたと報じられています。そんな有機ELディスプレ …

手にAR(拡張現実)を。新コンセプトのスマートウォッチ「WatchThru」に期待。

2013年に発売された「Google Glass」。メガネに情報を投影することでスマートフォンなどの端末をみることなく情報が確認できるという製品で一時注目を浴びました。しかし、その無骨さからいまひとつ …

goto

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所 …

国別シェア一覧

iPhoneって世界でどれくらい使われているの?日本ではどうなの?

2017年第一四半期のスマートフォン売り上げをベースとして、スマートフォンのシェアが発表されました。Kartarの調査によるものです。世界ではどのようなシェアになっているのか、日本ではどうなのか分析し …