iPhoneは直射日光にさらされると…溶ける!?

Technology

iPhoneは直射日光にさらされると…溶ける!?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

iPhoneなどのスマートフォンには温度が異常に上昇するとシャットダウンされる機能がついています。プロセッサやバッテリーの故障を防ぐためです。通常、使用しているとシャットダウンで済みますが、直射日光に1時間さらされてiPhoneが「溶けてしまった」事例があります。

スポンサーリンク

それはランチの間に

イギリスのコーンウォールでのことです。ある女性が散歩に出かけました。そして、レストランのテラスでランチをとることに。カバンを椅子におき、その上に自分のiPhoneをのせておきました。そして1時間ほどして食べ終わったあと、自分のiPhoneをみると動かなくなっていたのです。

彼女はウェイドブリッジでiPhoneを修理しているデイブさんのところへ修理を依頼。デイブさんがiPhoneを分解してみると、スクリーンコネクタやカメラが溶けていることがわかりました。これがその時の画像です。

溶けたiPhone

デイブさんは「これほどのダメージはみたことがない。はっきり言って完全に壊れていた。」と語っています。

直射日光でどの程度熱くなるのか

コーンウォール・ライブ社の記者が、昼間の屋外にiPhoneを置いてみるテストをしてみました。するとわずか15分ほどで、高熱のアラートが表示されiPhoneはシャットダウンされました。

加熱テスト結果

日本でも起きるのか

コーンウォールはイギリスのしかも北の地域ですので、夏の最高気温が20℃程度。日本に比べるとかなり涼しい地域です。そこでさえ、直射日光であればiPhoneが「溶けて」しまうのです。日本でももちろんあり得るでしょう。

機種に関わらず、これからの時期に屋外へスマートフォンを持ち出す際には、カバンの中や最低でもポケットの中に入れておくべきだと言えそうです。

参考URL:cornwalllive.com

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

button

ウェラブルの新風。Levi’sとGoogleのコラボデニムジャケットの機能とは?

布をタッチセンサーにするGoogleの「Project Jacquard」、実用的なプロダクトとしてLevi’sとのコラボレーションデニムジャケットが、先日開催されたSXSWで公開されまし …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

バッテリーレス携帯

将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

ワシントン大学の研究所はバッテリーが不要な携帯電話の開発に成功しました。充電器もコードも必要なく、バッテリーの代わりに周囲の微弱な無線信号や光を電源として動作します。 スポンサーリンク 試作品の動作に …

iPhoneIO

360°動画・画像を撮影して、シェアやライブ中継もできる「Giroptic iO」

360度撮影できるアクションカメラ製品は多く発売されていますが、この「Giroptic iO」はLightning端子を持ったスマートフォンに装着して撮影、そのままシェアしたりライブ中継も可能になるカ …