ARメガネの仕組み

Microsoftが「ダサくない」ARメガネを発表。乱視の矯正もしてくれる!

全世界2500万ダウンロード!本格ストラテジーRPG

Microsoftが現在のAR研究がどれくらい進んでいるのか、プロトタイプを作って発表しました。HoloLensは現在主流となっているゴーグル型ですが、このプロトタイプは「メガネ」の形をしています。かけていても違和感がない。そんな未来のプロダクトを紹介します。

スポンサーリンク


これは「メガネ」だ!

ARメガネの仕組み

このプロトタイプは全く「メガネ」の形をしています。プロトタイプの機能は形が重要ではなく「Near-Eye Display」なのですが、これを使うと好みの形のメガネに搭載することができます。仕組みとしてはツルの部分に搭載された機能部分からレーザーを投射し、目に近いガラス面にARホログラムを表示させます。

視野角の画像

このようにホログラムが表示されまず。カラーのオブジェクトを表示することができ、その視野角は80度。視野の広い範囲にARホログラムを表示することができます。実際に動作する様子は動画で説明されています。

スポンサーリンク

乱視の矯正もしてくれる

乱視矯正の画像

現状のVRゴーグルなどもそうですが、目の悪い人のことはあまり考えられていません。このプロトタイプの形では、メガネの上から装着することは出来なくなります。しかし、その代わりに乱視の矯正機能が備わっています。真ん中の画像が乱視のシミュレーション、右の画像がその矯正結果です。

自然なスタイルでAR体験

2013年にGoogleが提案した「Google Glass」は製品化されましたが、その見た目から「Google Glassをかけている」ことがわかるメガネ型デバイスでした。その結果として大きな反響はあったもののプロダクトとしては成功しませんでした。

今回のプロトタイプはARということでもっと進んだ技術を使っているものの、「いかにもARメガネをかけている」ようには見えないプロトタイプになっています。現在はハイスペックのPCとの有線接続が必要なARメガネとなっていますが、展開次第では「Micrisoft Glass」のような製品が出てくることも考えられるのではないでしょうか。期待して待ちたいところです。