日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

Technology

日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

投稿日:

VRとドローンを組み合わせて、まるでドローンに搭乗したかのような操作ができます。もしかしたら、広い場所でこのような楽しみ方をしているユーザーを見たことがあるかもしれません。しかし、この方法、日本では航空法に違反します。「目視であること」が求められるからです。

スポンサーリンク

航空法による規制

2015年12月10日より航空法が改正され、ドローンに関する内容が追加されました。

参考:国土交通省「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」
   http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

この中に飛行ルールが定められています。それは「日中(日の出から日没まで)に飛行させること」「目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機(ドローン)とその周囲を常時監視して飛行させること」、つまり、VRゴーグルを使ったドローンの操作は違法となります。このルールは地方航空局長の承認を受ければルールに外れた利用方法も可能にはなります。

MRであるメリット

これではラジコンヘリなどと変わりません。目視で単に飛ばすだけでは用途に広がりがないでしょう。そんな実情で、このようなデモを発見しました。HoloLensを使ってジェスチャーでドローンを操作するのです。

壁に仮想Windowsのウィンドウが表示されていて、そこでドローンのセットアップをします。

セットアップ

すると、HoloLensの空間マッピング機能で、部屋の状態を認識し、ドローンが飛べる範囲が決定されます。

空間認識

短いデモを観ていただきましょう。指先の動きに合わせてドローンが飛行します、最後は、「ほらね」っと操作をやめてしまいますが、空間を認識しているためドローンがぶつかることはありません。

HoloLensであれば、日本の航空法「目視」というハードルは越えられると共に、操作がジェスチャーであるため、飛ばしながら他のアプリウィンドウで機能を実行できるでしょう。農薬を撒く程度なら通常のラジオコントロールでできるでしょうが、複雑な機能も実装できそうです。

今後の発展に期待

日本では、電動スケートボードなどの個人用モビリティは、道路交通法の規制により全く普及していません。できれば、ドローンの分野で同じような失敗をして欲しくない。そこはMRを活かして法律に則った活用方法を模索して欲しいと願います。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

&HAND利用シーン

障害者と手助けをしたい人をつなぐ「&HAND」。手助けしたいけどどうしよう?

アンドハンドは6月15日から障害者と健常者を「LINE Beacon」でつなぎ、チャットボットでサポートする「&HAND(アンドハンド)」の事業化を進めると発表しました。これはLINEが3月に …

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …

手にAR(拡張現実)を。新コンセプトのスマートウォッチ「WatchThru」に期待。

2013年に発売された「Google Glass」。メガネに情報を投影することでスマートフォンなどの端末をみることなく情報が確認できるという製品で一時注目を浴びました。しかし、その無骨さからいまひとつ …

詐欺の疑いがある商品

メルカリがたいへんなことになっている裏で、Amazonにて世界規模の詐欺が横行中!!

フリマアプリ「メルカリ」が現金を取り扱っていた問題について騒ぎが収まっていません。その裏でAmazonのマーケットプレイスで大規模な詐欺が流行しています。Amazonは対応に追われていますが、数が多す …

息子に声をかける

子供を公園で遊ばせながらスマホを触る。もしかしたら大変なことになるかも!?

「スマートフォンを操作している父親のすぐ近くで子供は誘拐できるのか?」そんな実験動画が公開されました。様々な社会実験を行なっているYoutuberのジョエイ・サラズ氏が実際に実験を行います。さて、子供 …