搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

Technology

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価します。

スポンサーリンク

「iPhone7 Plus」のデュアルレンズ

まずはデュアルレンズの火付け役、iPhone7 Plusからみてみましょう。
iPhone7P

出典:engadget

これが効果オンとオフの違いです。正直なところこれをみる限り「一眼レフに匹敵する」とは言いがたいと感じます。これだけ背景と距離が離れているならば、後ろのボケ方はいわゆる「丸ボケ」と呼ばれる状態になります。光の丸がところどころに現れる現象です。

この作例での判断になりますが、上位機種のコンパクトデジカメでの撮影、もしくはアプリでのぼかしとあまり変わりません。積極的に使いたいボケ味ではない印象です。しかし、ボケ味にこだわらないのであれば、一眼レフっぽい写真が撮れています。

「HUAWEI P9」はどうか?

HUAWEI

出典:engadget

これは一言で「すごい」と言えるでしょう。丸ボケがきれいに出ています。iPhoneの作例に比べて若干、光源が遠いので有利ではありますが、ボケ味からしてiPhoneの背景を遠くしてもこの味は出ないと思われます。

あえて悪い点をあげるなら、「やりすぎ」という印象を受けるところでしょうか。壁が置くに向かってボケていく感じがあまりなく、一気にボケている印象。あくまでも擬似的なものなので、仕方がないかもしれません。ただ、こういうボケ味のレンズもありますので、好みによるところです。

デュアルレンズは「使える」機能なのか

HUAWEI P9には撮影後から「ピント位置とボケ具合」を調節する機能があり、これは一眼レフにはできない撮影方法です。デュアルレンズは現時点で既に「使える」以上に「興味深い」機能になっていると言えるでしょう。これから発展していく分野だと思われますので、今後が楽しみです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MAMORIO

紛失防止タグ「MAMORIO」が使えるモノになってきた

「MAMORIO」はよくある紛失防止タグで、Bluetoothを使い接続が切れた場所を記録、どこで落し物をしたのかわかる製品。しかし、関連するサービスが充実してきており、本当に使える「落し物発見タグ」 …

バッテリーレス携帯

将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

ワシントン大学の研究所はバッテリーが不要な携帯電話の開発に成功しました。充電器もコードも必要なく、バッテリーの代わりに周囲の微弱な無線信号や光を電源として動作します。 スポンサーリンク 試作品の動作に …

Qualcommのディスプレイ指紋認証センサーは絶対便利!

上海で開催されたモバイル関連展示会MWCで、QualcommはVivoのスマートフォンに搭載されたディスプレイ埋め込み型指紋認証センサーを発表しました。次期「iPhone 8」には同様のセンサーが搭載 …

WindowsMRヘッドセット

Windows MRヘッドセットが売れすぎて予約中止に…HoloLensは今どうなってる?

日本エイサーが5月23日に予約開始した「Acer WIndows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の予約を中止することになりました。予想を超える反響に供給が追いつ …

wilry1

iPhoneを枕元で充電していて感電!?奇跡的に助かった男性の話…

3月22日、アメリカに住むワイリー・デイさんがiPhoneを枕元で充電しながら眠っていました。そういう人は多いと思います。次の日の朝、ワイリーさんが起き上がろうとした時、事故が起こりました。ワイリーさ …