激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

投稿日:

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価します。

スポンサーリンク

「iPhone7 Plus」のデュアルレンズ

まずはデュアルレンズの火付け役、iPhone7 Plusからみてみましょう。
iPhone7P

出典:engadget

これが効果オンとオフの違いです。正直なところこれをみる限り「一眼レフに匹敵する」とは言いがたいと感じます。これだけ背景と距離が離れているならば、後ろのボケ方はいわゆる「丸ボケ」と呼ばれる状態になります。光の丸がところどころに現れる現象です。

この作例での判断になりますが、上位機種のコンパクトデジカメでの撮影、もしくはアプリでのぼかしとあまり変わりません。積極的に使いたいボケ味ではない印象です。しかし、ボケ味にこだわらないのであれば、一眼レフっぽい写真が撮れています。

「HUAWEI P9」はどうか?

HUAWEI

出典:engadget

これは一言で「すごい」と言えるでしょう。丸ボケがきれいに出ています。iPhoneの作例に比べて若干、光源が遠いので有利ではありますが、ボケ味からしてiPhoneの背景を遠くしてもこの味は出ないと思われます。

あえて悪い点をあげるなら、「やりすぎ」という印象を受けるところでしょうか。壁が置くに向かってボケていく感じがあまりなく、一気にボケている印象。あくまでも擬似的なものなので、仕方がないかもしれません。ただ、こういうボケ味のレンズもありますので、好みによるところです。

デュアルレンズは「使える」機能なのか

HUAWEI P9には撮影後から「ピント位置とボケ具合」を調節する機能があり、これは一眼レフにはできない撮影方法です。デュアルレンズは現時点で既に「使える」以上に「興味深い」機能になっていると言えるでしょう。これから発展していく分野だと思われますので、今後が楽しみです。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iosandroid

スマートフォンの外部スクリーン。スマホを独自技術でタブレットにする「Superscreen」

iPhoneとiPadの二台持ち。外ではiPhone、家ではiPadで便利なのですが、両方を維持していくのは少したいへん。第4世代iPadがiOS11を使えない可能性があります。Androidタブレッ …

leaf

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,0 …

smart-smart

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる …

MIMO

5G世代通信の要素技術「Massive MIMO」。既存スマホがそのまま高速に?

Massive MIMO(マッシブ マイモ)とは、次世代の第5世代通信の要素技術です。MIMOとは複数のアンテナを束ねて通信速度を上げる技術。これを拡大して、大規模にアンテナを束ねます。現在、128本 …

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …