激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

投稿日:

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価します。

スポンサーリンク

「iPhone7 Plus」のデュアルレンズ

まずはデュアルレンズの火付け役、iPhone7 Plusからみてみましょう。
iPhone7P

出典:engadget

これが効果オンとオフの違いです。正直なところこれをみる限り「一眼レフに匹敵する」とは言いがたいと感じます。これだけ背景と距離が離れているならば、後ろのボケ方はいわゆる「丸ボケ」と呼ばれる状態になります。光の丸がところどころに現れる現象です。

この作例での判断になりますが、上位機種のコンパクトデジカメでの撮影、もしくはアプリでのぼかしとあまり変わりません。積極的に使いたいボケ味ではない印象です。しかし、ボケ味にこだわらないのであれば、一眼レフっぽい写真が撮れています。

「HUAWEI P9」はどうか?

HUAWEI

出典:engadget

これは一言で「すごい」と言えるでしょう。丸ボケがきれいに出ています。iPhoneの作例に比べて若干、光源が遠いので有利ではありますが、ボケ味からしてiPhoneの背景を遠くしてもこの味は出ないと思われます。

あえて悪い点をあげるなら、「やりすぎ」という印象を受けるところでしょうか。壁が置くに向かってボケていく感じがあまりなく、一気にボケている印象。あくまでも擬似的なものなので、仕方がないかもしれません。ただ、こういうボケ味のレンズもありますので、好みによるところです。

デュアルレンズは「使える」機能なのか

HUAWEI P9には撮影後から「ピント位置とボケ具合」を調節する機能があり、これは一眼レフにはできない撮影方法です。デュアルレンズは現時点で既に「使える」以上に「興味深い」機能になっていると言えるでしょう。これから発展していく分野だと思われますので、今後が楽しみです。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

flic1

スウェーデン発ワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろそう!

最近、Bluetoothで接続するシンプルなガジェットをみるようになりました。忘れ物防止タグであるとか、リモコンであるとか…。2016年に発売されたワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろうなガ …

iPhoneIO

360°動画・画像を撮影して、シェアやライブ中継もできる「Giroptic iO」

360度撮影できるアクションカメラ製品は多く発売されていますが、この「Giroptic iO」はLightning端子を持ったスマートフォンに装着して撮影、そのままシェアしたりライブ中継も可能になるカ …

data1

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、201 …

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

caa

メール、SMS、着信履歴で架空請求。050番号とギフトカードに消費者庁が注意喚起。

050番号をご存知でしょうか。今はIP電話で使われています。最近増えているのが、電話料金が安くかけられるアプリ。IP電話を利用して安い通話料金を実現しています。この050番号を悪用した架空請求が増えて …