搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

Technology

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

投稿日:

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価します。

スポンサーリンク

「iPhone7 Plus」のデュアルレンズ

まずはデュアルレンズの火付け役、iPhone7 Plusからみてみましょう。
iPhone7P

出典:engadget

これが効果オンとオフの違いです。正直なところこれをみる限り「一眼レフに匹敵する」とは言いがたいと感じます。これだけ背景と距離が離れているならば、後ろのボケ方はいわゆる「丸ボケ」と呼ばれる状態になります。光の丸がところどころに現れる現象です。

この作例での判断になりますが、上位機種のコンパクトデジカメでの撮影、もしくはアプリでのぼかしとあまり変わりません。積極的に使いたいボケ味ではない印象です。しかし、ボケ味にこだわらないのであれば、一眼レフっぽい写真が撮れています。

「HUAWEI P9」はどうか?

HUAWEI

出典:engadget

これは一言で「すごい」と言えるでしょう。丸ボケがきれいに出ています。iPhoneの作例に比べて若干、光源が遠いので有利ではありますが、ボケ味からしてiPhoneの背景を遠くしてもこの味は出ないと思われます。

あえて悪い点をあげるなら、「やりすぎ」という印象を受けるところでしょうか。壁が置くに向かってボケていく感じがあまりなく、一気にボケている印象。あくまでも擬似的なものなので、仕方がないかもしれません。ただ、こういうボケ味のレンズもありますので、好みによるところです。

デュアルレンズは「使える」機能なのか

HUAWEI P9には撮影後から「ピント位置とボケ具合」を調節する機能があり、これは一眼レフにはできない撮影方法です。デュアルレンズは現時点で既に「使える」以上に「興味深い」機能になっていると言えるでしょう。これから発展していく分野だと思われますので、今後が楽しみです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

flipcast

電池交換不要なIotデバイス「FlipCast」オン・オフを通知するだけの単機能に可能性を感じる。

太陽光発電で電池交換が不要な「FlipCast」。本体をひっくり返してオンとオフを通知するだけのデバイスになっています。ネットに接続することができるIoTデバイスですが、その構造の単純さからは活用方法 …

「VR酔い」をしにくい移動方法をGoogleが研究中。その方法を紹介。

目の前が「VR(仮想現実)」でおおわれている状態で、コントローラーなどの移動を行うと、視覚から入ってくる情報と身体感覚の情報がズレて「VR酔い」が発生することがあります。そんなVR酔いをしないような方 …

iosandroid

スマートフォンの外部スクリーン。スマホを独自技術でタブレットにする「Superscreen」

iPhoneとiPadの二台持ち。外ではiPhone、家ではiPadで便利なのですが、両方を維持していくのは少したいへん。第4世代iPadがiOS11を使えない可能性があります。Androidタブレッ …

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

004

とうとうGoogleがコーディネートを提案してくれる時代に!?「スタイルのアイデア」機能を使ってみた。

Googleの検索がまたパワーアップしました。AIを使って、ファッションのコーディネートを提案してくれるのです。これは「似ている商品」と「スタイルのアイデア」という機能が追加されて実現したもの。一体、 …