Windows MRヘッドセットが売れすぎて予約中止に…HoloLensは今どうなってる?

Technology

Windows MRヘッドセットが売れすぎて予約中止に…HoloLensは今どうなってる?

投稿日:

日本エイサーが5月23日に予約開始した「Acer WIndows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の予約を中止することになりました。予想を超える反響に供給が追いつかなくなる可能性があるためです。このWindowsのMRやHoloLensは今、どうなっているのでしょう。

スポンサーリンク

Windows MR Mixed Reality Headsetの位置付け

WindowsMRヘッドセット

このヘッドセットはマイクロソフトがWindows10に搭載するMixed Reality(複合現実)プラットフォームに対応するものです。開発者向けの製品にもかかわらず、4万円という金額になっています。マイクロソフト製の「HoloLens」は43万円ほどですので破格の金額です。

以前からWindows Mixed Reality対応製品は「299ドルから」と発表されていたのですが、その通り4万円という安さで予約開始されたため、予約が殺到しました。そのため、急遽、予約中止となっています。供給の目処が立った場合は、また予約を再開するとも発表されています。

HoloLensはどうなっているの?

一方のMicrosoft HoloLensは実際の活用が始まっています。NASAの火星探査機を開発するためにHoloLensが使われていて、「Vision Summit 2017」で賞を獲得しています。

火星探査機開発

小柳建設では、建造物の設計や、建築の際に建機をどのように配置するかなど、実際の業務に使われています。

もう少し、一般ユーザーに近いところでは、NAVITIMEが登山ルートの確認のためにMRジオラマを使うデモアプリがあります。

Windows MRの今

現在はNASAや小柳建設に見られるように企業向けの活用になっています。HoloLensが高価であることもそうですが、要求されるPCのスペックもかなりのものになります。しかし、NAVITIMEのデモのように、例えば一般ユーザーが旅行代理店で使うような場面が出てくるかもしれません。

今回の廉価版Windows MRヘッドセットの反響は、予約中止になるほど大きいものです。それだけ開発への敷居が低くなったということは、思いもよらない使い方が出てくるかもしれません。しばらくの間、家でWindows MRを使うことはなさそうですが、どんなものが出てくるのか期待して待ちましょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

004

とうとうGoogleがコーディネートを提案してくれる時代に!?「スタイルのアイデア」機能を使ってみた。

Googleの検索がまたパワーアップしました。AIを使って、ファッションのコーディネートを提案してくれるのです。これは「似ている商品」と「スタイルのアイデア」という機能が追加されて実現したもの。一体、 …

バッテリーレス携帯

将来のケータイはバッテリー不要?バッテリーレスで通話できる携帯電話。

ワシントン大学の研究所はバッテリーが不要な携帯電話の開発に成功しました。充電器もコードも必要なく、バッテリーの代わりに周囲の微弱な無線信号や光を電源として動作します。 スポンサーリンク 試作品の動作に …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …

iosandroid

スマートフォンの外部スクリーン。スマホを独自技術でタブレットにする「Superscreen」

iPhoneとiPadの二台持ち。外ではiPhone、家ではiPadで便利なのですが、両方を維持していくのは少したいへん。第4世代iPadがiOS11を使えない可能性があります。Androidタブレッ …

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …