国別シェア一覧

iPhoneって世界でどれくらい使われているの?日本ではどうなの?

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

2017年第一四半期のスマートフォン売り上げをベースとして、スマートフォンのシェアが発表されました。Kartarの調査によるものです。世界ではどのようなシェアになっているのか、日本ではどうなのか分析します。

iPhoneの世界的なシェアは?

先日発表されたAppleの四半期決算によると、世界主要国のスマホ市場において、iPhoneのシェアはおおむね伸びています。特に大きくシェアを伸ばしたのはイギリス(GB)で前年同月比5.3%増の40.4%。次がアメリカで5.3%増の38.9%となっています。

国別シェア一覧

アメリカではAndroidがシェアを落としましたが、これはシェア1位のサムソンとシェア3位のモトローラの売り上げが落ちたためと考えられます。また、欧州ではHuaweiがシェアを伸ばしており、サムソン、ソニーに続く3位にランクインしています。

スポンサーリンク

日本はどうなのか?

日本は前年同月比でAndroidが1.4%増、iPhoneが1.7%減と大きな動きはありません。現在の日本での動きとして、「格安スマホ」が注目され始めています。これは必然的にAndroid端末となるため、その結果ではないかと思われます。しかしまだ、その流れは弱いもののようです。

サムソンとiPhoneの動きに注目

サムソンの売り上げがアメリカで落ちたのは、一つは「Galaxy S8」待ちのため、もう一つは「Galaxy Note7」の爆発事故でしょう。Galaxy S8に注目が集まるとともに、10周年モデルとなる次期iPhoneにも大きな期待が寄せられています。

日本でGalaxyがどれほどの売り上げをみせるのかはわからないところではありますが、次期iPhoneには期待が集まっており、大手メディアでは連日、噂の記事が飛び交っています。こちらでは情報をウオッチしつつ、ある程度確度の高い情報が集まった時点でまとめていきます。

そんな注目を集めているiPhoneですが、本国アメリカのシェアが33.7%なのに対し、日本は46.8%と非常に高いのは注目に値します。やはり日本独特の市場が形成されていることがわかります。

スポンサーリンク

1 thought on “iPhoneって世界でどれくらい使われているの?日本ではどうなの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー