激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

ARM版Windows10がサクサク動くデモ公開。何それ?おもしろいの?

投稿日:

フルスペックのARM版Windows10の仕組みと実機デモがアメリカ・シアトルで開催中の開発者会議「Build 2017」で公開されました。筆者としては、なかなかおもしろいことになりそうだとワクワクしているのですが、何が違うのかご紹介します。

スポンサーリンク

ARM版Windows10とは

Windows10コンセプト

普通のWindows10はIntelの「Core i7」などパソコンのCPUを使って動いています。ARM版のWindows10では「Snapdragon 835」など、「スマートフォンに使われている」CPUで動くことができるWIndowsになります。

スマホのCPUは小さなスマホのバッテリーでも動作するように、消費電力がとても少なくなるよう設計されています。したがって、とても少ない消費電力でフルスペックのWindows10が動くようになります。

消費電力が少ないとどうなるか。バッテリーが小さくて済みますので、極端に言えばスマホの大きさのWindows10マシンということも可能です。そんなWindows10マシンがあれば個人的に買ってしまいそうですが、現実的には長時間駆動のタブレットPCなどが予想されます。

デモの様子は動画でご覧いただけます。

ARM版Windows10の仕組みを簡単に説明すると

Windowsシステム

WIndowsが動く仕組みは、WIndowsカーネルというシステムの上でWindows10が動いています。このWindowsカーネルがARMコードで書き直されていて、その上で通常のWindows10が動くようになっています。

リリースされるのは年内

ARM版WIndows10は共同開発しているQualcommのCEOが「2017年中」と発言したことから年内のリリースが予想されています。先ほども書いたようにスマホサイスのWIndows10マシンが登場したらとてもおもしろいのですが、実用的かと言えば微妙…。安価で軽量なWindows10タブレットやノートPCが登場するでしょう。それだけでも充分楽しみです。

参考URL:GIGAZINE

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows MRヘッドセットが399ドル!しかし、外見はVRゴーグルなのにMR??

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています …

goto

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所 …

今までにないイヤホン「Here One」。周囲の必要な音だけを音楽にブレンド。

ニューヨークのスタートアップDoppler Labsが、周囲の音をコントロールできるBluetoothイヤホン「Here One」を発売開始しました。音楽の再生しながら周りの騒音をコントロールし、必要 …

手にAR(拡張現実)を。新コンセプトのスマートウォッチ「WatchThru」に期待。

2013年に発売された「Google Glass」。メガネに情報を投影することでスマートフォンなどの端末をみることなく情報が確認できるという製品で一時注目を浴びました。しかし、その無骨さからいまひとつ …

スマホの基盤

話題になっているけど今さら聞けない「RAM」と「ROM」って??

こちらでもスペックの紹介にRAMが3GBなどと、メモリの量をお伝えしています。最近のパソコンには32GBのRAMが搭載されることもあり、一方のスマホには32GBのROMが搭載されたりしています。その区 …