ARM版Windows10がサクサク動くデモ公開。何それ?おもしろいの?

Technology

ARM版Windows10がサクサク動くデモ公開。何それ?おもしろいの?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

フルスペックのARM版Windows10の仕組みと実機デモがアメリカ・シアトルで開催中の開発者会議「Build 2017」で公開されました。筆者としては、なかなかおもしろいことになりそうだとワクワクしているのですが、何が違うのかご紹介します。

スポンサーリンク

ARM版Windows10とは

Windows10コンセプト

普通のWindows10はIntelの「Core i7」などパソコンのCPUを使って動いています。ARM版のWindows10では「Snapdragon 835」など、「スマートフォンに使われている」CPUで動くことができるWIndowsになります。

スマホのCPUは小さなスマホのバッテリーでも動作するように、消費電力がとても少なくなるよう設計されています。したがって、とても少ない消費電力でフルスペックのWindows10が動くようになります。

消費電力が少ないとどうなるか。バッテリーが小さくて済みますので、極端に言えばスマホの大きさのWindows10マシンということも可能です。そんなWindows10マシンがあれば個人的に買ってしまいそうですが、現実的には長時間駆動のタブレットPCなどが予想されます。

デモの様子は動画でご覧いただけます。

ARM版Windows10の仕組みを簡単に説明すると

Windowsシステム

WIndowsが動く仕組みは、WIndowsカーネルというシステムの上でWindows10が動いています。このWindowsカーネルがARMコードで書き直されていて、その上で通常のWindows10が動くようになっています。

リリースされるのは年内

ARM版WIndows10は共同開発しているQualcommのCEOが「2017年中」と発言したことから年内のリリースが予想されています。先ほども書いたようにスマホサイスのWIndows10マシンが登場したらとてもおもしろいのですが、実用的かと言えば微妙…。安価で軽量なWindows10タブレットやノートPCが登場するでしょう。それだけでも充分楽しみです。

参考URL:GIGAZINE

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Windows MRヘッドセットが399ドル!外見はVRゴーグルなのにMR??

マイクロソフトは以前より予告していたWindows Mixed Reality用ヘッドセットの開発者向けモデルの予約を開始しました。価格はAcer版が299ドル、HP版が329ドルと安価になっています …

正解

自閉症児童の「AR教室」が始動!母親が涙した理由は……。

Indiegogoでキャンペーンが行われている、世界初の自閉症者のためのARゴーグル「Empower Me」。Google Glassを使った「AR教室」とも呼べるようなシステムになっていて、10,0 …

flipflap

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はI …

spec

iPhone7 PlusとGalaxy S8、他Android3機種でスピードテスト。iPhoneって実は速い!?

「Galaxy S8」「iPhone7 Plus」「LG P6」「Pixel」「OnePlus 3T」を並べた、スピードテストの動画がアップされました。動画を公開しているのはYoutuberのEvey …

再現された悪魔

モントリオールの研究所でVRを使った統合失調症の治療に成功。今後の展開に期待。

フィリップ・パイレル研究所で、統合失調症の治療にVRを使う研究が進められています。実際に適用したところ、19人のうち15人に大きな効果がありました。そのうちのブレトン氏の事例を紹介します。 VRコック …