iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

投稿日:

今年はiPhoneがリリースされてから10年目の年です。手のひらにスーパーコンピューターほどの性能を持ったスマートフォンがある現在。しかし、次の10年はどうでしょうか。自らスマートと名乗るこの板が残っているのか。そう考えてしまう技術が発表されています。

スポンサーリンク

Desktopography

Desktopographyの操作画面

これは「Future Interfaces Group」が開発したバーチャルスマホとでも呼べそうなアプリインターフェイス「Desktopography」です。プロジェクターからアプリ画面を机へ投射しています。これをタッチ操作したり、机の上のモノと同期させたり、興味深い技術を見せてくれます。

Xperia Touch

Xperia Touch操作画面

Xperia Touch」は既に製品化されているものです。机にアプリを投射し、操作することができます。Androidを搭載しているためGoogle Playのアプリを動作させることができます。これの注目点は「超短焦点プロジェクター」でしょう。デバイスを置いたその場にスクリーンを生成することができます。

SkinTrack

SkinTrackの動作

これは先ほど登場した「Future Interfaces Group」の「SkinTrack」。狭いスマートウォッチの操作画面ではなく、腕の上でタッチ操作を行うインターフェイスです。肌の上に高周波の交流信号を発しながら、その変化を検出することで、タッチ操作を実現しています。

これらを組み合わせると…!?

ここで紹介した技術を組み合わせると、スマートフォンは要らなくなりませんか?例えば、超短焦点プロジェクターで手のひらに画面を表示し、アプリを起動して、手のひらをタッチ操作すればいいのです。おそらく、時計型のデバイスは必要になってくるでしょう。これこそスマートウォッチと言っていいのかもしれません。

このような技術が既に現実のものとなってきているのとともに、ARの技術も発展してきています。10年後、果たして我々はまだ「板」を持っているのか。それとも何も持たないのか。ここまで言っておきながら高性能なコンピューターを持ち歩きたい筆者ですが、この先の発展にはワクワクできそうです。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのよう …

data1

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、201 …

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …

小さいは正義!子供用コンピュータ「IchigoDake」がお父さんも楽しめそう!

子供たちにプログラミングを学んでもらうおうという「プログラミング・クラブ・ネットワーク」は、キーホルダー程度の大きさのコンピュータ「IchigoDake」をレギュラー商品として販売開始しました。面白い …

Emmaの外観

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震 …