激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

iPhone7 PlusとGalaxy S8、他Android3機種でスピードテスト。iPhoneって実は速い!?

投稿日:

「Galaxy S8」「iPhone7 Plus」「LG P6」「Pixel」「OnePlus 3T」を並べた、スピードテストの動画がアップされました。動画を公開しているのはYoutuberのEveyThingApplePro。どれが一番速いスマートフォンとなるのでしょうか。

スポンサーリンク

スペックの比較

spec
スペックだけ並べてみると、「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載したGalaxy S8が速そうです。測定は「アプリを順番に開いてすぐ閉じる」という動作を手作業で次々に行なっていきます。あまり客観的な方法とは言えませんが、サクサクとした動作という意味では参考になるテストでしょう。

スピードテストの結果は?

動画をみていただくと、どのようなテストをしているのか、わかりやすいと思います。テストは動画の1分37秒から始まります。

アプリ起動テストは2回行われます。結果をみてみましょう。

result
1周目も2周目もiPhone7 Plusの圧勝です。結果を分析してみると、1周目は全てアプリをストレージから呼び出すため、ファイルシステムの最適化の影響ではないでしょうか。最新のiOSはファイルシステムがAPFS(Apple File System)に変更されており、その結果が出ていると思われます。

2周目はアプリの呼び出しは終わっているため、CPUとRAMの動作に関わってきます。ここでもiPhoneが優れていますが、RAMを6GB積んでいるOnePlus 3Tが一気に差を縮めます。他のAndroid端末はRAMが足りないためアプリを終了しないといけません。したがって、またストレージからの読み込みになることから遅いと推測できます。

それにしても、メモリを3GBしか積んでいないiPhoneの2周目は驚異的でしょう。アプリがRAMを使う際にも最適化がされているようです。

スマートフォンの起動テスト

スマートフォンの起動テストの結果をみてみましょう。

ON
電源を切った状態から起動完了するまでの時間です。ここでもiPhoneが勝利します。2位はGalaxy S8ですが、ここへきてやっと、オクタコアのCPUが活きてくるのではないでしょうか。起動するまでにはさまざまなプログラムが呼び出され処理されます。並列処理の得意なGalaxy S8が2位なのでしょう。それでもやはり2位にとどまります。

総合的に分析すると…

price
スマートフォンの金額としてみてみると、iPhone7 Plusが特別高いわけでもありません。CPUやメモリはAndroid端末と比べてみると、特に優れているわけではないからでしょうか。しかし、このテスト結果をみてみると、コストパフォーマンスの面でも優れていることがわかります。

Android端末はGoogleが作ったソフトウェアをQualcommの作ったCPUパワーでなんとかサクサク動作にまで持っていくという印象。実際に3Dゲームの起動テストでは、CPUパワーのあるGalaxy S8が1位となりました。

一方のiPhoneはソフトウェアからハードウェアまで最適化できるためバランスがよく、それが快適な動作に繋がっているのでしょう。この差を埋めるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

-Technology
-, , , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3Dマイクロスポンジ

現行リチウムイオンバッテリーを代替できる「ニッケル3D亜鉛充電池」が実用化レベルに。

現在、ほとんどのモバイル製品に使われているリチウムイオンバッテリー。しかし、このバッテリーは空気に触れると爆発するという危険なバッテリーでもあります。その危険性を回避し、同等の性能を発揮できるという「 …

leaf

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,0 …

Emmaの外観

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震 …

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

AIとARの融合「Google Lens」が発表。カメラに映ったものをその場で教えてくれる!

Googleの開発者向けイベント「Google I/O」でAIを活用したAR検索機能「Google Lens」が発表されました。カメラで映したものを認識し、それが何かを教えてくれたり、その情報を教えて …