iPhone7 PlusとGalaxy S8、他Android3機種でスピードテスト。iPhoneって実は速い!?

Technology

iPhone7 PlusとGalaxy S8、他Android3機種でスピードテスト。iPhoneって実は速い!?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

「Galaxy S8」「iPhone7 Plus」「LG P6」「Pixel」「OnePlus 3T」を並べた、スピードテストの動画がアップされました。動画を公開しているのはYoutuberのEveyThingApplePro。どれが一番速いスマートフォンとなるのでしょうか。

スポンサーリンク

スペックの比較

spec
スペックだけ並べてみると、「オクタコア(8コア)」のCPUを搭載したGalaxy S8が速そうです。測定は「アプリを順番に開いてすぐ閉じる」という動作を手作業で次々に行なっていきます。あまり客観的な方法とは言えませんが、サクサクとした動作という意味では参考になるテストでしょう。

スピードテストの結果は?

動画をみていただくと、どのようなテストをしているのか、わかりやすいと思います。テストは動画の1分37秒から始まります。

アプリ起動テストは2回行われます。結果をみてみましょう。

result
1周目も2周目もiPhone7 Plusの圧勝です。結果を分析してみると、1周目は全てアプリをストレージから呼び出すため、ファイルシステムの最適化の影響ではないでしょうか。最新のiOSはファイルシステムがAPFS(Apple File System)に変更されており、その結果が出ていると思われます。

2周目はアプリの呼び出しは終わっているため、CPUとRAMの動作に関わってきます。ここでもiPhoneが優れていますが、RAMを6GB積んでいるOnePlus 3Tが一気に差を縮めます。他のAndroid端末はRAMが足りないためアプリを終了しないといけません。したがって、またストレージからの読み込みになることから遅いと推測できます。

それにしても、メモリを3GBしか積んでいないiPhoneの2周目は驚異的でしょう。アプリがRAMを使う際にも最適化がされているようです。

スマートフォンの起動テスト

スマートフォンの起動テストの結果をみてみましょう。

ON
電源を切った状態から起動完了するまでの時間です。ここでもiPhoneが勝利します。2位はGalaxy S8ですが、ここへきてやっと、オクタコアのCPUが活きてくるのではないでしょうか。起動するまでにはさまざまなプログラムが呼び出され処理されます。並列処理の得意なGalaxy S8が2位なのでしょう。それでもやはり2位にとどまります。

総合的に分析すると…

price
スマートフォンの金額としてみてみると、iPhone7 Plusが特別高いわけでもありません。CPUやメモリはAndroid端末と比べてみると、特に優れているわけではないからでしょうか。しかし、このテスト結果をみてみると、コストパフォーマンスの面でも優れていることがわかります。

Android端末はGoogleが作ったソフトウェアをQualcommの作ったCPUパワーでなんとかサクサク動作にまで持っていくという印象。実際に3Dゲームの起動テストでは、CPUパワーのあるGalaxy S8が1位となりました。

一方のiPhoneはソフトウェアからハードウェアまで最適化できるためバランスがよく、それが快適な動作に繋がっているのでしょう。この差を埋めるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

対応する機能

通話できる指輪「ORII」登場!骨伝導でクリアな通話を実現。

果たして、スマートウォッチで通話をするのはスマートなのか?そういう意味ではこの「ORII」はスマートだと言えるでしょう。指輪型のデバイスで通話を実現します。人差し指にはめると、音声の振動が指に伝わり、 …

reVIVEの使用中画像

VRを使ってADHDかどうか診断できる!!高校生が作ったVRシステムに注目。

Disrupt NY 2017において高校2年生3人からなるチームで作られた「reVIVE」。ADHD(注意欠陥・多動性障害)をVRで診断するシステムです。通常6〜9ヶ月かかる診断を簡単にする方法を見 …

次世代通信「5G」の実用例を紹介。エリクソンが遠隔運転や遠隔手術など。

現在、ほとんどの方が使っている通信は「4G-LTE」ですね。3年後にはその次世代のモバイル通信規格「5G(5th Generation)」通信が開始されます。より高速に、より低遅延に。いったいどのよう …

Steam Preview

Windows MRヘッドセットがSteamVRに対応開始!

発売当初からその予定があった、Windows MRヘッドセットのSteamVR対応ですが、「Steam Preview」という名称で一般ユーザーにも公開されました。これでWindows MRヘッドセッ …

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、 …