激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

システムを利用した大量転売??新たな転売ビジネルにつながるクラウドファンディングの危険性。

投稿日:

ある大手メディアを閲覧していたところ便利そうな製品がクラウドファンディング中であることを知りました。どんな製品なのか詳細を調べてみると、少々おかしな点があるのです。製品としては既に海外で売っているもの。それを日本でクラウドファンディングしているのはどういうことなのか。そのシステムが持つ危険性に迫ります。

スポンサーリンク

「machi-ya」でのクラウドファンディング中

kisslink
それは日本のクラウドファンディングサイト「machi-ya」で出資募集していました。製品名は「kisslink」。プロジェクトの目標金額は150万円で、現在の出資額は50%ほど。約74万円ほどが既に出資されていることになります。

しかしこの「kisslink」。海外で既に「Keewifi」という名前で製品化されていてAmazon.comで販売されている製品なのです。販売価格は40ドル。一方の「kisslink」は定価10,000円です。Keewifiは「kisslinkという技術」の特許を取得していますし、外観や説明は全て一緒です。

ただし、日本で販売できない理由は一つあります。「電波通信法」に適合している「技適」マークがありません。では、技適マークを取得するために150万円必要なのか。しかし、このプロジェクトは成功しても失敗しても、「実行される」というプロジェクトになっているので、150万円の使い方はわかりません。

この販売方法には疑問を感ざるを得ない

通常、このような製品を扱う場合は、代理店契約を結ぶなどして、開発部門の方へ「技適」マークをつけてもらえるように依頼します。そして日本で発売となるわけですが、これにはリスクがあります。投資をしたものの「売れない」というリスクです。製品の販売なので当然のリスクです。

しかしこの、クラウドファンディングを利用すると、そのリスクを「ユーザーに取らせる」ことができます。悪用するとこうです。150万円集まれば「技適」に向けて動き出す。集まらなければ、クラウドファンディングの性質上、ユーザーの自己責任ですので、お金は返ってこない。こうすれば「ノーリスクで独占販売」できるわけです。

「技適」が絡んでくるため個人では難しいでしょう。しかしこの方法の応用はできます。海外で製品化されている技適の関係ない最新機器を、「日本で販売するから出資して欲しい」と集めます。集まった分だけ輸入して、割高で(今回であれば4,500円の物を10,000円で)販売すれば、ノーリスクで転売できます。

このような販売方法が許されるのでしょうか。そもそもクラウドファンディングは革新的なアイデアを製品化したいができないので、出資で協力して欲しいというものです。海外にあるものをみんなで協力して輸入する、もしくは組織的に転売するシステムではない、と強く感じます。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …

LINK

実はあまりVRが売れていない日本…動き回れるモバイルVR端末「LINK」は受け入れられるか?

HTC NIPPONは新たなVR端末「LINK」を発表しました。VR空間内を動けるVRヘッドセットになっていますが、スマートフォンでこれを実現するため注目が集まっています。しかし、日本ではこのようなV …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …

「VR酔い」をしにくい移動方法をGoogleが研究中。その方法を紹介。

目の前が「VR(仮想現実)」でおおわれている状態で、コントローラーなどの移動を行うと、視覚から入ってくる情報と身体感覚の情報がズレて「VR酔い」が発生することがあります。そんなVR酔いをしないような方 …