激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

投稿日:

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか、想定されていることをお伝えします。

スポンサーリンク

無人でトラクターが働く!

トラクターの協働

出典:NHK

北海道大学の農学研究室では、「みちびき」の誤差が数センチであることを利用して、無人でトラクターを自走させる研究が行われています。デモンストレーションでは仮の受信データを送信し、誤差数センチであることを利用して、自走だけでなく3台が協働して耕す姿を実現しました。

農業での人手不足は深刻な課題になっていますが、大規模な農場での効率化が実現できると期待されています。

視覚障害者を支援するナビ

Googleマップ

出典:NHK

現在もGoogleマップのナビを利用しているユーザーは多いと思われます。しかし、その誤差も実感しているのではないでしょうか。起動すると、道から外れた場所に表示され、少し歩くと道を歩いてると認識されて補正されていきます。

この誤差が数センチになるということは、視覚障害者のナビに利用できるかもしれない。新潟大学ではそのような研究がなされています。視覚障害者は白杖を頼りに障害物を避けますが、あらかじめわかっている障害物であれば「障害物があります」とアナウンスされるように開発されています。

また交差点で曲がる際にも「ピンポイントで」曲がるタイミングを教えてくれます。視覚障害者は白杖があるといっても自由に外出できないのが現状。このような活用は歓迎したいところです。

スマートフォンに搭載される??

この日本版GPSは早ければ来年春にも実用化されます。スマートフォンでも使えるようになるのか?そうなると、まだまだ先になると言わざるを得ないでしょう。日本版GPS用の受信機が必要になります。スマートフォンに搭載するためには海外のチップセット開発メーカーに実装してもらわないといけません。日本だけのために開発費を投入することは考えにくいでしょう。

逆に言えば、日本のメーカーにがんばって欲しいところです。「ガラケー」と言われるまでに携帯を発展させた日本メーカーが「ガラパゴススマホ」を開発する。そうすれば、視覚障害者の活用例のようなスマートフォンや、日本独自のアプリが出てくることにも期待できそうです。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Ping

有りそうで無かった!単純にGPSで場所だけ教えてくれるトラッカー「Ping」

小型GPSトラッカー「Ping」。とても小さなデバイスで、GPSを使って場所だけ教えてくれます。現在、INDIEGOGOで目標金額の20倍の出資を集めていて、製品化は間違い無いでしょう。現在、早期割引 …

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

HUAWEI

搭載機種が増えてきたスマホの「デュアルレンズ」は「使える」機能なのか?

iPhone7 Plusを筆頭に、最近は「デュアルレンズ」搭載のスマートフォンが増えてきました。一丸レフに匹敵する画質とは言われていますが、果たして「使える」ものなのでしょうか。作例をみながら評価しま …

Windows10コンセプト

ARM版Windows10がサクサク動くデモ公開。何それ?おもしろいの?

フルスペックのARM版Windows10の仕組みと実機デモがアメリカ・シアトルで開催中の開発者会議「Build 2017」で公開されました。筆者としては、なかなかおもしろいことになりそうだとワクワクし …

3Dマイクロスポンジ

現行リチウムイオンバッテリーを代替できる「ニッケル3D亜鉛充電池」が実用化レベルに。

現在、ほとんどのモバイル製品に使われているリチウムイオンバッテリー。しかし、このバッテリーは空気に触れると爆発するという危険なバッテリーでもあります。その危険性を回避し、同等の性能を発揮できるという「 …