誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

Technology

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

投稿日:

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか、想定されていることをお伝えします。

スポンサーリンク

無人でトラクターが働く!

トラクターの協働

出典:NHK

北海道大学の農学研究室では、「みちびき」の誤差が数センチであることを利用して、無人でトラクターを自走させる研究が行われています。デモンストレーションでは仮の受信データを送信し、誤差数センチであることを利用して、自走だけでなく3台が協働して耕す姿を実現しました。

農業での人手不足は深刻な課題になっていますが、大規模な農場での効率化が実現できると期待されています。

視覚障害者を支援するナビ

Googleマップ

出典:NHK

現在もGoogleマップのナビを利用しているユーザーは多いと思われます。しかし、その誤差も実感しているのではないでしょうか。起動すると、道から外れた場所に表示され、少し歩くと道を歩いてると認識されて補正されていきます。

この誤差が数センチになるということは、視覚障害者のナビに利用できるかもしれない。新潟大学ではそのような研究がなされています。視覚障害者は白杖を頼りに障害物を避けますが、あらかじめわかっている障害物であれば「障害物があります」とアナウンスされるように開発されています。

また交差点で曲がる際にも「ピンポイントで」曲がるタイミングを教えてくれます。視覚障害者は白杖があるといっても自由に外出できないのが現状。このような活用は歓迎したいところです。

スマートフォンに搭載される??

この日本版GPSは早ければ来年春にも実用化されます。スマートフォンでも使えるようになるのか?そうなると、まだまだ先になると言わざるを得ないでしょう。日本版GPS用の受信機が必要になります。スマートフォンに搭載するためには海外のチップセット開発メーカーに実装してもらわないといけません。日本だけのために開発費を投入することは考えにくいでしょう。

逆に言えば、日本のメーカーにがんばって欲しいところです。「ガラケー」と言われるまでに携帯を発展させた日本メーカーが「ガラパゴススマホ」を開発する。そうすれば、視覚障害者の活用例のようなスマートフォンや、日本独自のアプリが出てくることにも期待できそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …

flic1

スウェーデン発ワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろそう!

最近、Bluetoothで接続するシンプルなガジェットをみるようになりました。忘れ物防止タグであるとか、リモコンであるとか…。2016年に発売されたワイヤレススマートボタン「flic」がおもしろうなガ …

Electified Xの外観

電動アシストに見えないロードバイク「Electrified X」が、盗難対策まですごい!

斬新なデザインで注目を浴びているオランダの自転車ブランドVanMoofが日本向けにカスタマイズされた電動アシストロードバイク「Electrified X」を発表しました。洗練されたデザインも素晴らしい …

Desktopographyの操作画面

iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

今年はiPhoneがリリースされてから10年目の年です。手のひらにスーパーコンピューターほどの性能を持ったスマートフォンがある現在。しかし、次の10年はどうでしょうか。自らスマートと名乗るこの板が残っ …

starbucks

Starbucksがモバイルオーダーのテストを本社内でテスト中。日本への展開は?

日本でも既に提供されているスターバックスの公式アプリ。しかし、このアプリの目的は「モバイルオーダー&ペイ」を実現するためのものでした。2016年内にはモバイルオーダーの開始が予定されていましたが、まだ …