誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

Technology

誤差「数センチ」の日本版GPSでどのような未来に?スマートフォンにも来る??

投稿日:2017年6月3日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

スマートフォンでは基本機能と言っていいGPS。しかし、その誤差は10m程度のこともあります。その誤差を数センチまで縮小する日本版GPS「みちびき」が打ち上げられました。果たしてどのような未来になるのか、想定されていることをお伝えします。

スポンサーリンク

無人でトラクターが働く!

トラクターの協働

出典:NHK

北海道大学の農学研究室では、「みちびき」の誤差が数センチであることを利用して、無人でトラクターを自走させる研究が行われています。デモンストレーションでは仮の受信データを送信し、誤差数センチであることを利用して、自走だけでなく3台が協働して耕す姿を実現しました。

農業での人手不足は深刻な課題になっていますが、大規模な農場での効率化が実現できると期待されています。

視覚障害者を支援するナビ

Googleマップ

出典:NHK

現在もGoogleマップのナビを利用しているユーザーは多いと思われます。しかし、その誤差も実感しているのではないでしょうか。起動すると、道から外れた場所に表示され、少し歩くと道を歩いてると認識されて補正されていきます。

この誤差が数センチになるということは、視覚障害者のナビに利用できるかもしれない。新潟大学ではそのような研究がなされています。視覚障害者は白杖を頼りに障害物を避けますが、あらかじめわかっている障害物であれば「障害物があります」とアナウンスされるように開発されています。

また交差点で曲がる際にも「ピンポイントで」曲がるタイミングを教えてくれます。視覚障害者は白杖があるといっても自由に外出できないのが現状。このような活用は歓迎したいところです。

スマートフォンに搭載される??

この日本版GPSは早ければ来年春にも実用化されます。スマートフォンでも使えるようになるのか?そうなると、まだまだ先になると言わざるを得ないでしょう。日本版GPS用の受信機が必要になります。スマートフォンに搭載するためには海外のチップセット開発メーカーに実装してもらわないといけません。日本だけのために開発費を投入することは考えにくいでしょう。

逆に言えば、日本のメーカーにがんばって欲しいところです。「ガラケー」と言われるまでに携帯を発展させた日本メーカーが「ガラパゴススマホ」を開発する。そうすれば、視覚障害者の活用例のようなスマートフォンや、日本独自のアプリが出てくることにも期待できそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Emmaの外観

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震 …

SenSprout

IoT農業用センサー「SenSprout」。家庭用をクラウドファンディングで成功させ、プロ用のサービスをリリース。

SenSproutは農業の分野にIoTを導入し、クラウドサービスから勘や経験に頼らない農業のソリューションを提供しようというスタートアップ企業。土壌センサー「SenSprout」をクラウドファンディン …

本体画像

本日発売開始!VR用グローブ「VRgluv」の未来感が圧倒的すぎて怖くなるレベル。

先日発表されたVR用グローブ「VRgluv」がKickstarterでプレオーダーを開始しました。見た目からかなりの未来感。VRの世界でものを掴んだり、握りつぶしたり、手の動きにフィードバックがあるグ …

10月17日は「Windows MR」の日!いったい何が起こるのか

10月17日にはAcerから一般向けのWindows MRヘッドセットが発売される日です。しかし、この製品が発売されることが、この日を特別にするわけではありません。いったい何の日なのか、お伝えいたしま …

今までにないイヤホン「Here One」。周囲の必要な音だけを音楽にブレンド。

ニューヨークのスタートアップDoppler Labsが、周囲の音をコントロールできるBluetoothイヤホン「Here One」を発売開始しました。音楽の再生しながら周りの騒音をコントロールし、必要 …