激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

ウェラブルの新風。Levi’sとGoogleのコラボデニムジャケットの機能とは?

投稿日:

布をタッチセンサーにするGoogleの「Project Jacquard」、実用的なプロダクトとしてLevi’sとのコラボレーションデニムジャケットが、先日開催されたSXSWで公開されました。どんな機能を持ったデニムジャケットになったのか、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

Levi’s® Commuter™ x Jacquard by Google Trucker Jacket

button

出典:GIZMODO

この「ボタン」が他のデニムジャケットとの大きな違いです。この縫い目部分がタッチセンサーになっており、タップ、ダブルタップ、スライドの方向などに機能を割り当てることができます。主に自転車に乗るためのジャケットになっており、ジャケット自体も動きやすさなどを考えたものになっています。発売は秋、値段は350ドル(約3万9000円)です。

機能は「音楽の再生/停止」「通話」などの機能を割り当てることができます。プロモーションビデオをみていただいた方がイメージがつきやすいでしょう。どうぞご覧ください。

タッチセンサーの構成

Bluetooth

出典:GIZMODO

このデバイスをボタンの裏に挿入し、Bluetoothで接続します。バッテリーは丸二日間持つとのこと。取り外しが可能ですので、取り外してジャケットを洗濯することもできます。ジャケットの機能として袖口が二重構造になっており、風が入らない設計になっているのもポイントです。

今後のProject Jacquardに期待

このジャケットの情報を入手したとき、筆者は正直なところがっかりしました。この機能であればリストバンドで充分だと思ったからです。リストバンドであれば、このジャケットにこだわらず色々な上着で使えます。この機能を持ったリストバンドであれば購入したかもしれません。

ウェラブルデバイスはまだまだ発展途上です。スマートウォッチはそれほど意味を感じなくなり使わなくなりました。Googleグラスは見た目から身に付けたいとは思えません。しかし今回のジャケットのようなチャレンジの結果、良いものが生まれていくのでしょう。もうしばらく、しかしワクワクしながら発展を待ちたいところです。

参考URL:GIZMODO

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

leaf

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,0 …

flipflap

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はI …

data2

中学生の過半数、高校生の9割がスマホ。保護者の考えとのギャップが明らかに。

明光ネットワークジャパンは「明光義塾」で保護者へ子供のスマートフォン所持について調査を実施しました。593名からの有効回答で、スマートフォン所持の実態を報告しています。その結果、保護者の考えと実際に持 …

smart-smart

ソニーの新特許が判明。スマホ同士でバッテリーをシェアできる?

ソニーの「NFC」技術は現在多くの分野で活用されています。Suicaやおサイフケータイなどが有名ですね。そのNFC技術を拡張して、スマートフォンでスマートフォンを充電する。バッテリーを分けてあげられる …

004

とうとうGoogleがコーディネートを提案してくれる時代に!?「スタイルのアイデア」機能を使ってみた。

Googleの検索がまたパワーアップしました。AIを使って、ファッションのコーディネートを提案してくれるのです。これは「似ている商品」と「スタイルのアイデア」という機能が追加されて実現したもの。一体、 …