紛失防止タグ「MAMORIO」が使えるモノになってきた

Technology

紛失防止タグ「MAMORIO」が使えるモノになってきた

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

「MAMORIO」はよくある紛失防止タグで、Bluetoothを使い接続が切れた場所を記録、どこで落し物をしたのかわかる製品。しかし、関連するサービスが充実してきており、本当に使える「落し物発見タグ」になってきました。

スポンサーリンク

「MAMORIO」の基本機能

MAMORIO

MAMORIOの仕組みはBluetooth4.0でiPhoneまたはAndroid端末と接続され、接続が切れた場合、「アラート機能」でその場所を通知します。また、MAMORIOをつけた他のユーザーが落し物の近くを通った場合、「みんなでさがす」機能でその場所が通知されます。

ここまでであれば、あまり期待できないのではないかと発売当初はみていたのですが、「MAMORIO Spot」という、タグをつけた忘れ物が届くと通知をしてくれる場所が増えてきています。例えば、駅の忘れ物センター。ここに「MAMORIO」をつけた忘れ物が届くと通知をしてくれます。

  • 東急電鉄
  • 相模鉄道グループ
  • 東京メトロ
  • 小田急電鉄
  • 京王電鉄
  • 西武鉄道
  • 江ノ島電鉄
  • 東部鉄道
  • 京急電鉄
  • 京成電鉄
  • 東京都交通局

忘れ物の多い、鉄道各社に「MAMORIO Spot」が設置されており、そこから即時に通知を受けられるようになっています。また隅田川花火大会でも設置され、忘れ物の多いイベントでも使えるようになってきています。

オンデマンド保険との組み合わせ

Warranteeはオンデマンド型保険の提供を発表しました。1日19円から家電に保険をかけることができます。この保険は「自然故障」「破損」「水濡れ」の保障に加え、「MAMORIO」と提携することにより「紛失・盗難」も保障の対象にするものです。

例えば、デジタル一眼カメラは1日39円ですが、旅行の際のみ保険に加入して、故障に備えるとともに「紛失・盗難」にも対応が可能になります。

サービスに支えられて使えるIoT

Bluetoothを使った紛失防止タグは冒頭にも書いたようにあまり期待を持っていません。「IoT」という表現もされますが、Bluetooth接続が切れてしまえば、単体でインターネットには繋がらず、本当の意味では「IoT機器」ではありません。したがって、落とした場所を記録するだけになってしまいます。

その欠点をこの「MAMORIO」は付帯サービスでカバーすることにより、本当に使える紛失防止タグになってきたと感じます。「MAMORIO Spot」に届けばIoT機器として機能するからです。今は首都圏だけですが、全国で使えるようなサービスに育って欲しいガジェットでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホの基盤

話題になっているけど今さら聞けない「RAM」と「ROM」って??

こちらでもスペックの紹介にRAMが3GBなどと、メモリの量をお伝えしています。最近のパソコンには32GBのRAMが搭載されることもあり、一方のスマホには32GBのROMが搭載されたりしています。その区 …

SenSprout

IoT農業用センサー「SenSprout」。家庭用をクラウドファンディングで成功させ、プロ用のサービスをリリース。

SenSproutは農業の分野にIoTを導入し、クラウドサービスから勘や経験に頼らない農業のソリューションを提供しようというスタートアップ企業。土壌センサー「SenSprout」をクラウドファンディン …

caa

メール、SMS、着信履歴で架空請求。050番号とギフトカードに消費者庁が注意喚起。

050番号をご存知でしょうか。今はIP電話で使われています。最近増えているのが、電話料金が安くかけられるアプリ。IP電話を利用して安い通話料金を実現しています。この050番号を悪用した架空請求が増えて …

詐欺の疑いがある商品

メルカリがたいへんなことになっている裏で、Amazonにて世界規模の詐欺が横行中!!

フリマアプリ「メルカリ」が現金を取り扱っていた問題について騒ぎが収まっていません。その裏でAmazonのマーケットプレイスで大規模な詐欺が流行しています。Amazonは対応に追われていますが、数が多す …

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …