下半身不随の患者にVRを適用することで「幻肢痛」が改善

Technology

下半身不随の患者にVRを適用することで「幻肢痛」が改善

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

脊髄の損傷によって下半身不随になった男性に対してVRによる実験が行われました。VRによって仮想の足を出現させることによって、自分の脚が麻痺していないと感じることができるかという実験です。また今後の見通しとして「幻肢痛」の緩和に応用できる可能性がみえました。

スポンサーリンク

VRによる仮想の脚

VRヘッドセット

脊髄の損傷による下半身不随は、神経経路が遮断されることによって、幻想の脚を作り出してしまうことがあります。そこには幻肢痛が伴い、時にはひどい痛みとなるようです。この幻肢痛の治療法としてVRの利用が研究されています。

スイス連邦工科学大学の実験はこのようなものでした。

    1. VRヘッドセットを患者に装着し、仮想の下半身を作る。
    2. 患者の脊髄のうち脚からの刺激を受けとる部分に刺激を与える。
    3. 同時にVRで表示された下半身に棒で刺激を与える映像を流す。

幻肢痛が緩和された!

この実験結果として、患者は本来感覚がないはずの「脚に刺激を感じる」ことができました。幻想で作り出してしまった脚が本来の位置にあることを見ることになります。つまりは仮想的であっても「自分の目でみる」ことによって、身体の感覚を得ることができるのです。

また、幻肢痛に悩まされている患者の場合は「痛みがやわらいだ」と感じました。これは外科的治療や投薬治療、認知行動療法などではうまくいっておらず、幻肢痛の治療方法として、今後の可能性があるということになります。

研究者はこのようにコメントしています。

これは被験者がVRヘッドセットを通して、自分の目で見た仮想の脚に没入感があり、自分の脚として受け入れたという結果です。

参考URL
Firstpost
畿央大学

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Snapdragonイメージ画像

格安スマホでよく聞く「Snapdragon」とは?

格安スマホでスペックを見ると、「Snapdragon 430」などの表記があります。CPUなのでしょうか。実はCPUではなく、グラフィック表示や通信機能など複数の機能を統合した「SoC(System- …

Visor

DELLのWindows MRゴーグルとコントローラーの予約開始!

DELLのWindows MRヘッドセット「Dell Visor with Controllers」の国内先行予約が始まりました。価格は49,500円。Amazonや家電量販店で予約ができます。 Wi …

L16

16個のレンズがあるコンパクトデジカメ「L16」

以前の記事で「デュアルカメラの機能がデジカメにも欲しい」と書いたことがありますが、それを超えるコンパクトデジカメが登場しました。それは「L16」。なんと16個のレンズが搭載され、一眼レフ並みの写真を取 …

スマホの基盤

話題になっているけど今さら聞けない「RAM」と「ROM」って??

こちらでもスペックの紹介にRAMが3GBなどと、メモリの量をお伝えしています。最近のパソコンには32GBのRAMが搭載されることもあり、一方のスマホには32GBのROMが搭載されたりしています。その区 …

cat tracking

なぜって?そこに猫がいるから!VR世界に現実世界の猫を出現させたプロジェクト。

先日、VR機器「HTC Vive」の新製品として、「Vive Tracker」が発表されました。これは現実世界にあるものをVR画面に再現するトラッカーなのですが、このプロダクトを使ってVR世界に現実世 …