使える紛失防止IoTタグ「MAMORIO」に上位機種登場!

Technology

使える紛失防止IoTタグ「MAMORIO」に上位機種登場!

投稿日: コメント (0)


スタートアップ企業「MAMORIO」が提供する紛失防止タグに上位モデル「MAMORIO S」が登場しました。紛失した場所と時間を記録してくれるとともに、駅や街に設置されている「MAMORIO Spot」に届けられると通知される、「使える」紛失防止タグです。

スポンサーリンク

上位モデル「MAMORIO S」の特徴

MAMORIO S

今までの「MAMORIO」が3,500円。その上位モデルと言っても3,980円と、それほど高価になったわけではありません。しかし機能はしっかりと強化されています。

まずは、20%の軽量化、重さが3.0gから2.8g。厚みが3.4mmから2.8mmとなっています。持ち歩くものに取り付けるタグですので、軽量化は歓迎できるでしょう。それでも電池寿命は変わらず1年間となっています。有償での電池交換も可能です。

性能としては、紛失を検出するインターバルが2.53倍に上昇。より正確な紛失位置を記録できます。カラーはブラック1色となっていますが、邪魔にならない色で高級感のある仕上がりになっています。

使える紛失防止タグ

今までの紛失防止タグは紛失した位置を記録するだけでした。しかしこの製品は「MAMORIO Spot」に届くと、インターネット経由でアプリへ通知されるようになっていて、実用性が高くなっています。「MAMORIO Spot」は東京を中心とした11路線に対応し、花火大会など臨時のSpotも用意されます。

MAMORIO独自の「あんしんプラン」に加入することもできます。1デバイスにつき、年額1,000円。例えば、財布にプランを適用すると、もし見つからなかった場合、3万円まで費用が補償されます。紛失しても見つけられる自信の現れとみてもいいのではないでしょうか。

紛失時の発見支援サポートなど、サービスがどんどんと充実している「MAMORIO」。これからも「使える」紛失タグとして成長していくことを期待します。

-Technology -

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加