激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Technology

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

投稿日:

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳でしたが、それをAIにベースに方向転換したことになります。そこにはどんな意味があるのでしょうか。

スポンサーリンク

AIベースの翻訳に移行した理由

translator

出典:Engadget

これまでマイクロソフトは機械的な翻訳、伝統的な統計手法を使って翻訳してきました。しかし、「このテクノロジーの限界がわかってきた。改善してもわずかな改善しかできない」と担当者は語っています。そこでAIベースの翻訳への移行を決定しました。

機械翻訳としての使い勝手として、発言者が話してから1秒くらいのタイムラグがあり、聴衆に翻訳結果が通知されます。翻訳精度としては、機械翻訳特有の言い回しが残っており、通訳者を置き換えるレベルではありません。

「ニューラル機械翻訳は使えば使うほど精度が高まるのが特徴です。マイクロソフトの全ての製品に搭載されたわけですから、ユーザーがたくさん使うことで、どんどん翻訳精度が向上していきます。3年後、5年後が本当にワクワクします」と担当者は語っています。

現状のままでも使えるシーンはある。

多言語にリアルタイム翻訳できることは、今の状態でも十分に役立つでしょう。

以前、国際的なイベントで通訳者を用意してスピーチしてもらうことがありました。通訳者と言ってもプロではなく同時通訳ができないので、逐次通訳することになります。英語を話してから、日本語に訳すのですが、英語でジョークを言うと英語圏の方が笑い、次に日本語に翻訳されたジョークに日本人が控えめに笑うという奇妙な現象が。

ある程度リアルタイムな翻訳で意味が汲み取れるので、現状の精度でもこのような奇妙な現象もある程度緩和されるのではないでしょうか。2020年には東京オリンピックもあります。それまでに精度が上がっていれば、翻訳ボランティアが足りないということもなくなるかもしれません。

参考URL:Engadget

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

miru-touch

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogl …

goto

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所 …

MIMO

5G世代通信の要素技術「Massive MIMO」。既存スマホがそのまま高速に?

Massive MIMO(マッシブ マイモ)とは、次世代の第5世代通信の要素技術です。MIMOとは複数のアンテナを束ねて通信速度を上げる技術。これを拡大して、大規模にアンテナを束ねます。現在、128本 …

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …

WindowsMRヘッドセット

Windows MRヘッドセットが売れすぎて予約中止に…HoloLensは今どうなってる?

日本エイサーが5月23日に予約開始した「Acer WIndows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション」の予約を中止することになりました。予想を超える反響に供給が追いつ …