これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

Technology

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、「MR(複合現実)」に力を入れています。この境界をまたぐようなヘッドセットが登場しました。

スポンサーリンク

Miraのヘッドセット「Prism」

Prism

Miraが開発者向けに発送を開始している、ハンズフリーARヘッドセット「Prism」。かなりシンプルな構造になっていて、ヘッドセット上部に固定したスマートフォンの画面をゴーグルに映し出すヘッドセットになっています。

アップルの「ARkit」の発表でARが注目されるようになり、「消費者向けのARの世界が開けた」と、投資会社から150万ドルの出資を集めました。そして9月19日にSDK(開発者向けソフトウェア)をリリースし、実際にアプリを制作できる環境が整いました。

どのような体験ができるのか。「Prism」のデモ動画をご覧ください。

目の前の現実にARの物体が表示される様子は、複合現実であるMRの体験と言っていいのではないでしょうか。

仕組みと価格が最大の特徴

ヘッドセットにスマートフォンを固定するだけの簡単な構成になっているため、Windows MRのゴーグルが3〜4万円であるのに対し、Prismは99ドル、1万円程度とかなり安価です。既に予約注文が始まっていて、対応はiPhone 6/6s/7/8となっています。

ARKitの仕組みを使うわけではなく、Prism用の開発ソフトウェアを使うため、これが受け入れられるかどうかは、アプリ開発会社に依存する部分が大きくなっています。楽しめるアプリがなければ、Prismを購入する動機がありません。

しかし、未来的な体験をとても安価な環境で経験できます。投資会社からの出資が予定枠を超えるほどの注目を浴びたことを納得できる製品でしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確 …

Emmaの外観

パーキンソン病患者の手の震えを抑えるデバイス「Emma」。あまりの効果に患者が涙する…

手足が異常に震え、ちょっとした動作も困難になってしまうパーキンソン病。その根本的な治療方法はみつかっていません。日本では10万人あたり100〜150人と言われていて、難病指定がされています。その手の震 …

脳波インターフェイス

脳で考えるだけで操作できるAR/VR向けインターフェイス登場!

電脳化の時代が…!?これまでAR/VRの世界では、モーションキャプチャや視線トラッキング、自然言語処理などのインターフェイスが開発されてきましたが、とうとう操作を脳波で行うデバイスが登場しました。 新 …

再現された悪魔

モントリオールの研究所でVRを使った統合失調症の治療に成功。今後の展開に期待。

フィリップ・パイレル研究所で、統合失調症の治療にVRを使う研究が進められています。実際に適用したところ、19人のうち15人に大きな効果がありました。そのうちのブレトン氏の事例を紹介します。 新宿に攻殻 …

Desktopographyの操作画面

iPhone登場から10年。次の10年でiPhoneをなくす技術。

今年はiPhoneがリリースされてから10年目の年です。手のひらにスーパーコンピューターほどの性能を持ったスマートフォンがある現在。しかし、次の10年はどうでしょうか。自らスマートと名乗るこの板が残っ …