これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

Technology

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、「MR(複合現実)」に力を入れています。この境界をまたぐようなヘッドセットが登場しました。

スポンサーリンク

Miraのヘッドセット「Prism」

Prism

Miraが開発者向けに発送を開始している、ハンズフリーARヘッドセット「Prism」。かなりシンプルな構造になっていて、ヘッドセット上部に固定したスマートフォンの画面をゴーグルに映し出すヘッドセットになっています。

アップルの「ARkit」の発表でARが注目されるようになり、「消費者向けのARの世界が開けた」と、投資会社から150万ドルの出資を集めました。そして9月19日にSDK(開発者向けソフトウェア)をリリースし、実際にアプリを制作できる環境が整いました。

どのような体験ができるのか。「Prism」のデモ動画をご覧ください。

目の前の現実にARの物体が表示される様子は、複合現実であるMRの体験と言っていいのではないでしょうか。

仕組みと価格が最大の特徴

ヘッドセットにスマートフォンを固定するだけの簡単な構成になっているため、Windows MRのゴーグルが3〜4万円であるのに対し、Prismは99ドル、1万円程度とかなり安価です。既に予約注文が始まっていて、対応はiPhone 6/6s/7/8となっています。

ARKitの仕組みを使うわけではなく、Prism用の開発ソフトウェアを使うため、これが受け入れられるかどうかは、アプリ開発会社に依存する部分が大きくなっています。楽しめるアプリがなければ、Prismを購入する動機がありません。

しかし、未来的な体験をとても安価な環境で経験できます。投資会社からの出資が予定枠を超えるほどの注目を浴びたことを納得できる製品でしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

translator

最大100人まで同時翻訳できる。Microsoftの音声リアルタイム翻訳の可能性。

マイクロソフトは「Microsoft Translator」と「Skype」において、ニューラルネットワーク(AI)を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳を提供開始しています。これまでは機械的な翻訳で …

button

ウェラブルの新風。Levi’sとGoogleのコラボデニムジャケットの機能とは?

布をタッチセンサーにするGoogleの「Project Jacquard」、実用的なプロダクトとしてLevi’sとのコラボレーションデニムジャケットが、先日開催されたSXSWで公開されまし …

leaf

外出先から戸締りをチェック。2,000円から導入可能でLINE botが教えてくれる。

IoT市場が少しずつ盛り上がりを見せています。Amazon EchoやGoogle Homeなど、家でのアシスタントとして使うものが多い印象で、価格は20,000円程度とちょっと高め。そんな中、2,0 …

息子に声をかける

子供を公園で遊ばせながらスマホを触る。もしかしたら大変なことになるかも!?

「スマートフォンを操作している父親のすぐ近くで子供は誘拐できるのか?」そんな実験動画が公開されました。様々な社会実験を行なっているYoutuberのジョエイ・サラズ氏が実際に実験を行います。さて、子供 …

遠隔操作でペットと遊べる「Pebby」。お留守番もさみしくない!

Kickstarterで登場し、すぐに目標金額に達した「Pebby」。スマートフォンから遠隔操作でボールを動かし、ペットと遊べるガジェットになっています。ボールにはカメラがついており、ペットの様子を確 …