これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

Technology

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

投稿日: コメント (0)


iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、「MR(複合現実)」に力を入れています。この境界をまたぐようなヘッドセットが登場しました。

スポンサーリンク

Miraのヘッドセット「Prism」

Prism

Miraが開発者向けに発送を開始している、ハンズフリーARヘッドセット「Prism」。かなりシンプルな構造になっていて、ヘッドセット上部に固定したスマートフォンの画面をゴーグルに映し出すヘッドセットになっています。

アップルの「ARkit」の発表でARが注目されるようになり、「消費者向けのARの世界が開けた」と、投資会社から150万ドルの出資を集めました。そして9月19日にSDK(開発者向けソフトウェア)をリリースし、実際にアプリを制作できる環境が整いました。

どのような体験ができるのか。「Prism」のデモ動画をご覧ください。

目の前の現実にARの物体が表示される様子は、複合現実であるMRの体験と言っていいのではないでしょうか。

仕組みと価格が最大の特徴

ヘッドセットにスマートフォンを固定するだけの簡単な構成になっているため、Windows MRのゴーグルが3〜4万円であるのに対し、Prismは99ドル、1万円程度とかなり安価です。既に予約注文が始まっていて、対応はiPhone 6/6s/7/8となっています。

ARKitの仕組みを使うわけではなく、Prism用の開発ソフトウェアを使うため、これが受け入れられるかどうかは、アプリ開発会社に依存する部分が大きくなっています。楽しめるアプリがなければ、Prismを購入する動機がありません。

しかし、未来的な体験をとても安価な環境で経験できます。投資会社からの出資が予定枠を超えるほどの注目を浴びたことを納得できる製品でしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Technology
-, , ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

flipflap

マイクロチップで鍵を開閉するドア「SureFlap」自分のペットは出入り自由、野良は入れない!

玄関のドアに猫用の入り口を付ける。そういう家があると思います。この「SureFlap」はマイクロチップの首輪をつけることによって、自分のペットを認識、ペットが出入りしたいときだけ鍵が開きます。今後はI …

Echo Dot

ホリデーシーズンにAmazonでもっとも売れたアレ!!

Amazonはニュースリリースで2017年にもっとも売れた商品を発表しました。様々な商品のベストを発表していますが、主にアメリカの情報になります。その中でも日本に関係あるものをピックアップしました。 …

Google Home

2018年はスマートスピーカーの「決定的な」年になる!?

販売チャネルのリサーチ会社Canalysは、2018年はスマートスピーカーにとっての「Definging Year」決定的な年になるとレポートしました。その出荷台数は5,630万台と記録的な数字になっ …

LAB

サイコキネシスで人を助けるヒーローゲーム!?VRと「頭脳」で操作するゲームがすごい。

ベラルーシのゲーム会社「4 I LAB」がVRとニューラルインターフェイス(脳の活動を検知するシステム)を組み合わせるというかつてないアイデアのゲームを作り出しました。これはVRハッカソンで制限時間内 …

自転車の例

自転車・バイクの邪魔にならないスマホマウント「QUAD LOCK」

自転車やバイクにスマートフォンを取り付けるユーザーが多くなってきました。しかし今までのマウントはしっかりと固定するため台座が大きく、スマホをつけていない間はかなり邪魔になります。しかしこの「QUAD …