SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

Technology

SXSW賞でファイナリスト!紙製なのにタッチ操作できるVRゴーグル「みるボックス タッチ」

投稿日:2017年4月9日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

Google Cardboardなど段ボール製の簡易VRゴーグルは以前よりありましたが、この「みるボックス タッチ」はゴーグルのサイドをタッチ操作できるのが最大の特徴。オリジナルコンテンツやGoogle Cardboardのコンテンツで手軽にVRを体験できます。

スポンサーリンク

「タッチ」できるVRゴーグル

miru-touch

出典:公式サイト

外観はこのようになっています。本体サイドの丸い部分がタッチ操作をする部分。そこから伸びている配線でタッチを伝えます。
touch-line

出典:hinto

このようにスマホ画面に端子が触れるようにセット、残りの部分も組み立てていくようになっています。実際に動作する様子は動画でご覧いただけます。

お手軽価格でVR体験

Amazonで2,500円(税別)で購入できる他、ヨドバシカメラ、ビックカメラでも取り扱いしています。対応アプリは、Google Boardコンテンツの他に、以下のようなものがあります。

「MilboxTouch ver. VR XEVIOUS」
1982年発売の不朽の名作『ゼビウス』の世界観を、VR(バーチャルリアリティ)3D空間で表現。

「MilboxTouch ver. VR PAC-MAN」
『パックマン』の世界を360°楽しめるVRゲームアプリです。

「スグマチ! ー3分でできるインスタントシティ!ー」
かわいいパネルを並べるだけで簡単にマチが作れるパズルゲームです。作ったマチはVRで散策できます。

「Motivator」
無気力ウイルスに侵された脳内にナノマシンで潜入し、人々の「やる気」を取り戻す3Dシューティングゲームです。

新しい体験とその展開

VRというと、何万円とするゴーグルを買って、対応する端末を買って、と敷居が高いものというイメージがあります。その点、この「みるボックス タッチ」であれば手軽にVR体験ができます。また、VRコンテンツのプラットフォームを目指していて、今後コンテンツ会社やブランドなどとのコラボを目指している製品となっています。

現在はまだコンテンツが少ないですが、VRを手軽に楽しめる、しかもタッチ操作が可能という意味で魅力のある製品になっているのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Qualcommのディスプレイ指紋認証センサーは絶対便利!

上海で開催されたモバイル関連展示会MWCで、QualcommはVivoのスマートフォンに搭載されたディスプレイ埋め込み型指紋認証センサーを発表しました。次期「iPhone 8」には同様のセンサーが搭載 …

data1

スマートフォンで音楽を聴く10代は約6割。定額音楽配信の利用は9.1%だが…

MMD研究所は「2017年3月スマートフォンでの音楽視聴に関する調査」結果を発表しました。スマートフォンでの音楽視聴は10代の約6割が毎日聴いている。また定額音楽配信サービスの利用は9.1%で、201 …

空間認識

日本でドローンを使うならHoloLensが最適かもしれない

VRとドローンを組み合わせて、まるでドローンに搭乗したかのような操作ができます。もしかしたら、広い場所でこのような楽しみ方をしているユーザーを見たことがあるかもしれません。しかし、この方法、日本では航 …

Windows MRヘッドセット

Windows MR/VRはコミコミ$900(約98,000円)で購入可能に!

アメリカのWIndowsブログで、Windows MR/VRヘッドセットとコントローラーのバンドル価格と、それに対応するWindows PCの価格を発表しました。そしてWindows Mixed Re …

これはMRではないのか?体験の境界をまたぐARヘッドセット

iOS11の「ARKit」で一気に注目を浴びるようになった「AR(拡張現実)」。Googleも対抗する技術として「ARCore」を発表しています。一方のマイクロソフトは「Windows MR」として、 …