激変するモバイル業界をキャッチアップ

Technology

今までにないイヤホン「Here One」。周囲の必要な音だけを音楽にブレンド。

投稿日:

ニューヨークのスタートアップDoppler Labsが、周囲の音をコントロールできるBluetoothイヤホン「Here One」を発売開始しました。音楽の再生しながら周りの騒音をコントロールし、必要な音だけを聞くことができます。

スポンサーリンク

初代「Here」からの発展バージョン

Here one

出典:Doppler Labs公式サイト

初代Hereは周囲の物音を調整するイヤホンとして発売されました。例えば、仕事をするために静かな環境にしたいが、赤ちゃんの泣き声だけは聞こえるようにして子育ても…といった具合です。

そのコンセプトから発展し、音楽を聴きながら必要な音だけを聞くという「これまでにない」コンセプトのイヤホンとなりました。この技術をDoppler Labsは「Layered Listning」と呼び、従来のノイズキャンセリングイヤホンとの違いを強調しています。

「Here One」の使いどころ

自転車に乗りながら音楽を聴きたい。そういう要望は多いと思います。しかし、それでは車の近づく音が聞こえない。そこで、この「Here One」を使うと自動車のエンジン音だけ耳に入るように設定ができます。

設定はスマートフォンを通じて行います。「Smart Noise Filters」画面で消去したい音を選択。または聞きたい音を増幅することもできます。また「Live Mix」と呼ばれるDSPイコライジング機能も搭載。音楽を好みの音質に設定できます。Bluetoothによる通話も可能です。

新しい体験をもたらすイヤホン

日本では自転車に乗りながらイヤホンをすることは禁止されています。周囲の音が聞こえなくなるため危険だからです。その解決策として、必要な音だけは音楽と共に聞こえるようにするという画期的な製品。まだ米国だけでの発売ですが、海外への発送も検討されているとのこと。

しかし難点がないわけではありません。バッテリーが2時間しかもたないこと。ケースに入れれば再度充電されるので、ギリギリで実用圏内だと思われます。値段が3万4000円ということ。これは人によるでしょう。筆者は移動中でもいい音で聞くためにヘッドフォンアンプを持ち歩いています。それがこの小さなデバイスに収まることには魅力を感じます。

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

data2

中学生の過半数、高校生の9割がスマホ。保護者の考えとのギャップが明らかに。

明光ネットワークジャパンは「明光義塾」で保護者へ子供のスマートフォン所持について調査を実施しました。593名からの有効回答で、スマートフォン所持の実態を報告しています。その結果、保護者の考えと実際に持 …

ALSなどの患者が使うデジタル文字盤「OriHime eye」。車椅子に取り付けたところ…とてもSF…!!

ALS(筋萎縮性側索硬化症)をご存知ですか?車椅子の物理学者ホーキング博士なら知っているかもしれません。身体中の筋肉が萎縮し、車椅子での生活になることはおろか、声を出して話すこともできなくなります。そ …

車載HUDの使用画面

499ドルの車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)が便利。けれど、これで充分ではないですか?

「Navdy」という車載HUDが便利とのこと。HUDとは車のフロントガラスに時速やナビを表示することによって、視線移動を少なくしたまま情報を見ることができるというもの。しかし、499ドル?上海問屋なら …

iPhoneIO

360°動画・画像を撮影して、シェアやライブ中継もできる「Giroptic iO」

360度撮影できるアクションカメラ製品は多く発売されていますが、この「Giroptic iO」はLightning端子を持ったスマートフォンに装着して撮影、そのままシェアしたりライブ中継も可能になるカ …

button

ウェラブルの新風。Levi’sとGoogleのコラボデニムジャケットの機能とは?

布をタッチセンサーにするGoogleの「Project Jacquard」、実用的なプロダクトとしてLevi’sとのコラボレーションデニムジャケットが、先日開催されたSXSWで公開されまし …