今までにないイヤホン「Here One」。周囲の必要な音だけを音楽にブレンド。

Technology

今までにないイヤホン「Here One」。周囲の必要な音だけを音楽にブレンド。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

ニューヨークのスタートアップDoppler Labsが、周囲の音をコントロールできるBluetoothイヤホン「Here One」を発売開始しました。音楽の再生しながら周りの騒音をコントロールし、必要な音だけを聞くことができます。

スポンサーリンク

初代「Here」からの発展バージョン

Here one

出典:Doppler Labs公式サイト

初代Hereは周囲の物音を調整するイヤホンとして発売されました。例えば、仕事をするために静かな環境にしたいが、赤ちゃんの泣き声だけは聞こえるようにして子育ても…といった具合です。

そのコンセプトから発展し、音楽を聴きながら必要な音だけを聞くという「これまでにない」コンセプトのイヤホンとなりました。この技術をDoppler Labsは「Layered Listning」と呼び、従来のノイズキャンセリングイヤホンとの違いを強調しています。

「Here One」の使いどころ

自転車に乗りながら音楽を聴きたい。そういう要望は多いと思います。しかし、それでは車の近づく音が聞こえない。そこで、この「Here One」を使うと自動車のエンジン音だけ耳に入るように設定ができます。

設定はスマートフォンを通じて行います。「Smart Noise Filters」画面で消去したい音を選択。または聞きたい音を増幅することもできます。また「Live Mix」と呼ばれるDSPイコライジング機能も搭載。音楽を好みの音質に設定できます。Bluetoothによる通話も可能です。

新しい体験をもたらすイヤホン

日本では自転車に乗りながらイヤホンをすることは禁止されています。周囲の音が聞こえなくなるため危険だからです。その解決策として、必要な音だけは音楽と共に聞こえるようにするという画期的な製品。まだ米国だけでの発売ですが、海外への発送も検討されているとのこと。

しかし難点がないわけではありません。バッテリーが2時間しかもたないこと。ケースに入れれば再度充電されるので、ギリギリで実用圏内だと思われます。値段が3万4000円ということ。これは人によるでしょう。筆者は移動中でもいい音で聞くためにヘッドフォンアンプを持ち歩いています。それがこの小さなデバイスに収まることには魅力を感じます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Technology
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Sirius A外観

小さいは正義!ポケットに入るWindows10 PC!

先日ご紹介した「GPD Poket」は7インチのノートPCですが、さらに小さい6インチでフルWindowsを搭載したUMPC(ウルトラモバイルPC)「Sirius A」が発表されました。iPhone7 …

SenSprout

IoT農業用センサー「SenSprout」。家庭用をクラウドファンディングで成功させ、プロ用のサービスをリリース。

SenSproutは農業の分野にIoTを導入し、クラウドサービスから勘や経験に頼らない農業のソリューションを提供しようというスタートアップ企業。土壌センサー「SenSprout」をクラウドファンディン …

UDトークのイメージ

人工知能やテクノロジーは障害者の未来を作るか

Google翻訳やSiriは日本語の自然言語、口頭で話す日本語をかなり的確に認識します。これは聴覚障害者にも使える技術なのではないでしょうか。一方で、アメリカでは聴覚障害者が経営するピザ専門店が話題に …

指紋認証

指紋センサーをロック解除できる手袋ができた!

エーチームデザインは、手袋ブランド「EVOLG」の2017年秋冬の新製品として、スマートフォンの指紋認証をロック解除できる手袋「TOUCH ID COMPATIBLE」12製品を発表しました。既に取扱 …

goto

GoogleのWebVR体験サイト「Speak to GO」で、カッパドキアとカンボジアへ行ってきた。

GoogleがVR体験のための実験ページ「WebVR Experiments」でVRを体験できるWebアプリを多数公開しています。その中で「Speak to Go」を使ってみました。これは行きたい場所 …